ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
トレーニングマッチ vs松本山雅FC
昨日とは打って変わって暖かい陽射しとなった今日のTMの相手は、宿敵・松本山雅FC。
s-写真00057

なにしろ、練習試合とはいえ今年もお互い同じリーグでしのぎを削るライバル同士の対戦という事で、両チームのサポも結構な数が集まったし、長野サイドと松本サイドで観客の入場口を分けるなど、スタンドも静かながらお互い意識し合い、『信州ダービー』の前哨戦として他のTMとは違う独特な空気が流れていた。

試合は、激しいボールの奪い合いで度々ホイッスルが鳴らされたり、レフリーの判定に大声で文句を言うほど熱くなったり、TMにしては珍しくイエローカードも数回出されるなど、やはり選手同士もお互いに練習試合とは思えないほど気合が入っていた。

そして肝心の試合内容だが、なかなかいい展開でしたよ~・・・・松本が。

前半の15~20分辺りまではウチのパスがよくつながり攻め込んでいたが、そこからは徐々に相手ペースとなり、松本お得意の大きなサイドチェンジや裏への飛び出しにウチの選手達が振り回されるなど、松本戦でヤラれる時の典型的なパターンが多くなった。
特に、#6塚本・#9大典といったボールを持てる選手がベンチに下がった後半は、度々フリーでボールを受けさせてしまうなど、相手に大きく主導権を握られていた感じで、一人#8小田の奮闘振りだけが目立っていた感じだ。

松本の動きで唸らされたのが、とにかく全選手がよく走り、ウチがボールを持つと冒頭の写真のようにすかさず2~3人の選手が取り囲んでプレスをかけていく事で、ピッチにいる人数は同じはずなのに、ウチの選手が孤立して緑色のユニの人数がやたら多く感じた。

そんな内容が結果にもしっかり現れ、スコアは0-2と完封負け。
相手の攻撃にDFラインがズルズル下がってしまったり、相手のボール回しに翻弄されて完全に崩されたりと、ウチの悪いところが出ての失点で、松本との相性の悪さも含めて、今日は『完敗』といったところでしょう。

ただ、今日は#4鈴木・#10大橋・#20野澤の新入団3選手が試合に出ず、特に今年のウチの攻撃の鍵を握るであろう大橋・野澤両選手を温存して相手に攻撃の手の内を見せなかったし、今日の結果が今の両者の実力に直結するものではないだろう。

え? 相手もエースの#10柿本選手を温存していたじゃないかって?

ま、まぁナンだ・・・ともかくウチは今年も松本に対しては散々苦しめられそうではあるが、あくまで本番はリーグ戦が開幕してからだし、まずは5月17日のホーム第5節は、今日と逆の結果になる事と信じている。

・・・・・信じていいよね?

ところで、今日の個人的MVPはこんな試合だったので“該当者なし”が妥当なところだろうが、そこまで大層ではないにしても、今日最も印象に残ったのは#15碇野選手。
s-写真00029

正直なところ、彼は去年からの残留組の中では最も印象が薄かったのだが、サイドバックでフル出場した今日は始めから積極的にボールを追いかけ、相手にも臆せず向かっていくなど、いつにも増して頑張っている姿が自分には目に付いた。

#11要田選手の戦線離脱で攻撃を心配する声が多いが、自分はこれまでのTMでは攻撃に関する連携にはある程度の手応えを感じており、それよりも丸山選手の抜けたDFラインの整備こそが連覇へ向けての必須条件と思うし、その意味でも、壱馬や#23鎗田といった若手DFの台頭は不可欠だ。

今日の壱馬も、#22ピントや#2籾谷などの諸先輩方に大声で注意される場面もあったが、これからも積極的にチャレンジしていって、レギュラー陣を脅かすくらい、更なる成長を期待している。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
適正価格の見つけ方
ファンになっちゃいました。価格比較に関するサイトを運営していますので、よかったらいらしてください。
2009/03/20(金) 19:57:35 | URL | のぞみ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.