ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
また一人、上田にエルザ戦士
自分はパルセイロの前身の長野エルザと出合ってから6年目になるが、ここまで長く応援していると、大好きだったのに他所へ移籍したりでチームを離れていく選手も大勢おり、敵チームに移っても活躍や動向が気になったりするものだ。

そしてまた一人、エルザ時代に大好きだった選手が、元同僚が多数集うチームに移籍した。

福島ユナイテッドの小倉大昌選手、上田ジェンシャンへ移籍。

小倉選手といえば、フェルヴォローザ石川・白山(今年からゴールズFC)で活躍し、ウチとの対戦でもゴールを決めるなど非常に勝負強い選手だったが、フェルヴォの前は長野エルザに在籍していたのを知るサポも多いでしょう。

s-写真00051

上の写真中央の背番号18番が当時の小倉選手。 いや~、懐かしい画像ですな。

ちなみに、奥に写っている#9は、もちろん去年のMVP男、佐藤大典選手。 当時から変わってないね~。
そして左端の#5は、ボランチの仕事人こと塚本翔平選手。 短髪で今とは別人みたいだ。

と、話が脱線しそうだが(特に翔平の変わりよう・・・)、当時から小倉選手はここ一番で決定的なゴールを決める、非常に魅力的な選手だった。

3年前、彼がフェルヴォに移籍すると知った時は本当にショックだったが、敵となっても動向は常に気になり、当時フェルヴォに在籍していたスロベニア人選手を押しのけてレギュラーの座につき活躍しているのを見聞きして内心とても嬉しかったし、フェルヴォが財政破綻して選手が離れていった時は、「オグよ、長野に戻って来い!」と本気で念じていたものだ。

そんな小倉選手が、芦田・三澤・小原・横井・東・山口といったかつての同僚がいる上田に移籍したという事で、あの魅力的なプレーが見られるチャンスが再び巡ってきたのは嬉しいのだが、今年から上田は1部に返り咲いてウチとの対決も当然ある訳で、ただでさえ複雑な心境の上田戦が、余計やりづらくなった感じだ。

小原のオーバーラップからボールが芦田に渡り、スルーパスを横井がポスト、こぼれたボールを小倉が走り込んでシュート! ゴォーール!!!

・・・なんてシーンを、今年はウチとの対戦で見せないように。
もしそうなったら、長野のゴール裏にいながら思わず両手でガッツポーズしそうになり、周囲の反感を買いそうだ。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/18(水) 15:38:00 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.