ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
トレーニングマッチ vs柏レイソル@日立台
はるばる来たゼ、日立台♪

パルセイロの関東武者修行3連戦の最後を飾る柏レイソルとのトレーニングマッチが、日立柏サッカー場練習グランドで行われた。
s-写真00012

因みに、写真奥の鉄骨のやぐらは、メインスタジアムのバックスタンド。
本当はあっちで見たかったのに残念だが、今度の水曜日にナビスコカップが行われるため、芝の涵養のため使えないとの事。
まぁ今回はあくまでも練習試合だし、メインスタジアムでの試合はウチがJ1に上がった時のお楽しみにしておきましょうか。
(「何年かかるんだ!」なんて野暮なツッコミは言いっこナシで・・・)

心配していた雨は時折パラッとくる程度だったが、猛烈な強風が吹きすさぶ中で行なわれた今日の試合。
お手合わせいただく柏のメンバーは、主に背番号20~30番台の若手リザーブ選手が中心だったが、そこはさすがJ1だけあって、体格もいいしボールへの寄せも早く、ウチがボールを持つとすかさず2~3人に囲まれたり、ボールを受けてちょっと迷っていると厳しいチェックでさらわれたりで、前半は柏ペースで試合が進み、0-1で前半終了。

しかしウチも防戦一方という訳ではなく、#20野澤や#10大橋が果敢にボールを奪い、#9大典や#13藤田も積極的に攻撃を仕掛け、これまでは最終ラインで守備に専念していた#4(暫定#11)鈴木も隙あらば前へ上がっていく等、キラリと光るプレーも随所に見られた。
s-写真00031

それどころか、GKが#22ピントから#1海野に変わった以外、実戦を意識してかフィールドプレーヤーは前半から引き続き出場した後半は、J1相手に集中していたか、はたまた某鬼軍曹から「オレに恥かかすんじゃねーゾ!」とハッパをかけられたか、強風の風上側に立ったアドバンテージもあったとはいえ、3連戦で疲れているハズのウチの動きの方が良くなり、逆に柏の攻撃が単調になってくる。

特に、フリーキックから守備のバタバタで2失点目を喫してしまった直後からのウチの反撃には目を見張るものがあり、失点から5分後、遂にサイド攻撃から#13藤田が見事なゴールを決め、更にその5分後にもGKの飛び出しを冷静に見ていた#9大典が技ありのループで同点に。
その他にもポストやクロスバーに嫌われた惜しいシュートもあったり、後半30分過ぎから投入した#21加藤が恐れを知らぬアタックでサポを沸かせたりで、結果2-2のドローながら、「今日は勝てた試合だった」と見に来たサポのほとんどが思えたような、非常に面白く十分な手応えを感じた試合だった。

そんな中、今日の個人的MVPを選ぶとしたら、全国の女性ファンの皆さんお待たせいたしました。
パルセイロを代表するイケメンFW、#13藤田信選手であります!
s-写真00058(1)

本当に今日のマコは文句なく最高!
やや控えめだったこれまでのイメージは影を潜め、去年の中盤に見せたようなキレキレのプレーが随所に見られ、攻め以外でも積極的にチェックを仕掛けるなど、アグレッシブな姿勢が1点目のゴールに結び付いたような気がする。
今日のような姿勢をシーズン通して見せる事が出来れば、#11要田の穴も十分に埋める事が出来るだろう。

そしてマコ以外の選手も、横浜(vs神奈川大)→多摩(vs中央大)→柏(vs柏レイソル)と相当な移動を伴うハードな3連戦を戦い抜き、しかも最も厳しい相手との3戦目で最高のパフォーマンスを見せるなど本当によく頑張ったし、これでリーグ戦に向けて自信が付いたんじゃないだろうか。

確かに、今日も失点シーンは2点ともフリーキックからのこぼれ球を押し込まれるという同じミスからのものだったし、まだまだ選手間で声が出ていないなど反省点もあるが、今日のような積極的な気持ちを忘れず、思い切って悲願達成に向けて突き進んでほしい。

なお、今日のゲームシート(ただし柏サイドからのものでウチの情報は当然ながらナシ)はレイソルのHPにアップされてましたのでご参考にどうぞ。(さすがJ1、仕事が早い!)

最後に、柏レイソル関係者の皆様、今日は胸を貸していただいて本当にありがとうございました!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.