ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
HFL2009第2節プレビュー
HFL第2節の対戦カードは以下の通り。

 ・ サウルコス福井 vs AC長野パルセイロ (テクノポート福井スタジアム・19日13:00~)
 ・ FC上田ジェンシャン vs JAPANサッカーカレッジ (千曲市サッカー場・19日11:00~)
 ・ グランセナ新潟FC vs ツエーゲン金沢 (グランセナ新潟サッカースタジアム・19日11:30~)
 ・ ヴァリエンテ富山 vs 松本山雅FC (岩瀬スポーツ公園サッカー場・19日11:00~)

第2節は例年通り4強が全てアウェイ初戦となる。

この中で注目すべきは、やはり開幕戦でウチと引き分けた上田ジェンシャンだろう。
先週の試合を見る限り、タレント揃いで上位陣との戦い方も心得ている上田が、実力者・JSCにどこまで食い下がれるかは大いに興味のあるところ。
この試合は千曲市サッカー場で行われるため、当日福井まで行くのは無理だけど特に予定がない方は、お気に入りの選手の応援や今年のJSCの偵察かたがた、戸倉まで足を運んでみてはいかがでしょう。

そして、我等がパルセイロのアウェイ初戦の相手は、去年と同じくサウルコス福井。

会場のテクノポート福井スタジアムは、去年の夏に全社北信越大会で優勝を飾ったメモリアルな場所だが、自分はその試合は見ていないので、どうしてもリーグ戦での薄氷の勝利の記憶が思い出される。

あの試合、前半の早いうちに先制したにも関わらず、その後は攻撃が超・淡白になり、逆にセットプレーから2点を失い、前半終了時にはサポから「シュート撃て!シュート撃て!」の大合唱。
更に後半開始直後にDFの凡ミスで失点して一時は1-3とリードされ、その後の怒涛の反撃で何とか大逆転勝利となったものの、バックスタンドまで挨拶に来た選手たちに向かってコアサポ全員が本気で説教タレた、いわくつきの試合だった。

そして奇しくも前節は、再三攻め込みながらもゴール前でシュートではなく横パスを多用して積極性を見せないという、去年の福井と同じような消極的な試合運びだったパルセイロ。

去年はどうにか勝てたから良かったようなものの、1部昇格2年目の福井は補強などにより去年より確実に力をつけているし、向こうからしてみれば大逆転負けのリベンジを果たすべく、またホーム開幕戦を白星で飾るべく、相当な気合を入れてくるはずだ。

そんな難しい状況のうえ、更に今回も去年や前節のような消極的な試合運びなどしようものなら、今度こそ連覇に向けて致命的な星を落とす事にもなりかねない。

幸い、前節の試合も含めてこれまでのチームとしての出来は決して悪くはないので、後は『勝利』という結果を出すだけ。
去年みたいにサポから「シュート撃て!」なんて言われないよう、自信を持って貪欲にゴールに向かう姿勢を見せてほしい。

高速道路料金1,000円の余波で応援ツアーが中止になるクラブも多い中、ウチは今年もめでたくバスツアー催行が決まった事だし、今度こそはスカッと勝利を決めて、長い長い帰りの道中が楽しいものになるよう、選手もサポも気合を入れて頑張りましょう!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.