ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
HFL2009第2節の結果
HFL第1節の結果は以下の通り。
   ・ サウルコス福井 1-2 AC長野パルセイロ
   ・ FC上田ジェンシャン 1-3 JAPANサッカーカレッジ
   ・ グランセナ新潟FC 0-5 ツエーゲン金沢
   ・ ヴァリエンテ富山 0-1 松本山雅FC

順位表(勝-分-敗・勝ち点・得失点差)
  1位 (↑) ツエーゲン金沢 (2勝0分0敗・勝ち点6・+7)
  2位 (↓) 松本山雅FC (2勝0分0敗・勝ち点6・+5)
  3位 (↓) JAPANサッカーカレッジ (2勝0分0敗・勝ち点6・+4)
  4位 (→) AC長野パルセイロ (1勝1分0敗・勝ち点4・+1)
  5位 (→) FC上田ジェンシャン (0勝1分1敗・勝ち点1・-2)
  6位 (→) ヴァリエンテ富山 (0勝0分2敗・勝ち点0・-3)
  6位 (→) サウルコス福井 (0勝0分2敗・勝ち点0・-3)
  8位 (→) グランセナ新潟FC (0勝0分2敗・勝ち点0・-9)

注目だった上田ジェンシャンvsJSCは、前半は上田が1-0とリードしているという速報を聞いてバスツアーのメンバーも色めき立ったが、結局はJSCが底力を発揮して逆転勝ち。
上田も健闘したが、さすがは難敵JSC、そう簡単には勝たせてくれない。

また、ツエーゲン金沢は圧倒的な戦力でグランセナ新潟に圧勝した一方で、ヴァリエンテ富山vs松本山雅は、松本が1-0と意外なロースコア勝ちに終わった。

この結果を見ただけでは、富山が予想外に手ごわいのか、それとも松本の仕上がりが悪いのかは判断できないが、次節はこの両チームを南長野で生で見られるので、その時にこの目でしかと確かめる事にしましょう。

2節を終わり、金沢が得失点差で一応単独首位には立っているが、シーズン終盤ならともかく、この時期の順位なんて単なる数字遊びでしかなく、今から優勝の行方を占うのは慌て過ぎというものだろう。

ウチもこれまでの2試合を見た限りでは、優勝や昇格への希望を持つにはちょっと厳しい内容だったが、冷静に考えれば昨日だって勝ってる訳だし、ライバル達からは半歩出遅れたものの、優勝を諦めるにはまだまだ早い。

選手が煮え切らないプレーをしているなら、声と拍手で背中を押し、ケツを思いっきり叩いて叱咤激励するのがサポの役目でしょう。

とにかく次節は我々のホーム・南長野での試合だし、こんな時だからこそカラ元気でも何でもいいからサポの力で選手を目覚めさせ、今度こそみんなで笑って喜べるような勝利を呼び込もうじゃないですか!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.