ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
遠征・今週のおみや~福井遠征編~
前のエントリーで、「きれいな花でも見て気持ちを切り替えよう」と飯山の菜の花を紹介したが、「オレは花よりダンゴだ!」というご貴兄のために、“食い物系”の新企画と参りましょう。

題して、『遠征・今週のおみや』!

パルセイロの県外遠征はバスツアーを使うが、個人でクルマを運転して行く時はサービスエリアのおみやげコーナーなんてほどんど覗かないのに、団体ツアーだとナゼか「おみやげ買わなきゃ」という気分になってしまう。 う~ん、団体心理おそるべし。。

で、北信越リーグで県外遠征といえば北陸と新潟だが、海なし県の長野から行くと、各地に結構魅力的な品物があって、SAでの買い物も遠征の大きな楽しみの一つになっている。

そこで、実際に自分が遠征先で買ってきたおみやげをご披露しちゃいましょう、というのがこの企画。

記念すべき第1回目、福井遠征で買ってきたおみやがコレ。
s-写真00007

まずは、北陸みやげといえば、自分は誰が何と言おうとホタルイカの沖漬け!!
酒の肴にもご飯のお供にも最適で、北陸に行った時は必ず買ってくる、自分にとって北陸を代表する味だ。

今回買ってきたのは、能登の魚醤(魚を発酵して作った醤油)を用いて作られた、小矢部川SAでしか売っていないという一風変わった沖漬けで、食べてみると、なるほど、いつものヤツとは一味違い、さっぱりしてるけど深い旨味があって、なかなか美味でした。

そしてもう一つは、和菓子の本場・金沢を代表して、王道のきんつば。
実は3月の日立台遠征時、縁あって帰りはバスツアーに混ぜてもらったのだが、埼玉のSAで美味い狭山茶を買ったので、それに合う和菓子が欲しかったのだが、このきんつばも、上品な甘さでなかなかおいしくいただきました。

その他に、あまり市場に出回らない“幻の魚”である『ノドグロの一夜干』なる品物もあり、激しく心を揺り動かされたのだが、さすが高級魚だけあって、1枚1,500円以上と値が張ったので、今回は断腸の想いでパス。
もし金沢遠征で快勝でもして、帰りに売ってたら、その時は思い切って買っちゃおうかな、なんてね。。

え?今回は福井遠征だったのに何で富山と石川の物だったんだって?

実は、帰りのバスは会場近くのコンビニに寄った後は富山県の小矢部川SAまでノンストップだったので、福井の名産品が買えなかったんです。

本当は、カレーには福神漬けよりらっきょ派の自分としては、福井名産花らっきょでも買おうかと思ってたんですが・・・(長野ではあまり知られてないけど、福井はらっきょが特産品なんです。テクノポートの近くにもらっきょ畑があったけど、行った方、気付いてました?)

そんな訳で、記念すべき第1回目にして、早くも遠征地とは違う場所のおみやげになってしまったが、こりゃ企画倒れか??
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.