ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
HFL2009第4節プレビュー
HFL第4節の対戦カードは以下の通り。

 ・ グランセナ新潟FC vs AC長野パルセイロ (グランセナ新潟サッカースタジアム・10日11:30~)
 ・ ヴァリエンテ富山 vs JAPANサッカーカレッジ (岩瀬スポーツ公園サッカー場・10日11:00~)
 ・ FC上田ジェンシャン vs ツエーゲン金沢 (南長野運動公園総合球技場・10日11:00~)
 ・ サウルコス福井 vs 松本山雅FC (テクノポート福井スタジアム・10日13:00~)

リーグ戦も、ゴールデンウィークの中断期間が明け、これから8月2日の最終節に向けて一気に突き進む事になる。
この日程を見ても、HFLは短期決戦のリーグなんだとつくづく思う。

さて、今節のパルセイロの対戦相手・グランセナ新潟は、ここまで0-4(vs松本)・0-5(vs金沢)・2-1(vsJSC)と苦戦しているし、去年のウチとの対戦でも、アウェイで11-1と超・大勝しているため、今回も快勝が期待されるが、あのスコアは相手が2人の退場者を出した事も大きく影響しているし、その試合で2人で8得点を叩き出した兼子選手と要田選手が今年はいないというマイナス要因もある。

それよりも、試合開始早々に退場者を出したにもかかわらず、先制点を挙げたのは1人少ないグランセナだった事を忘れてはならない。

今年のグランセナも決して防戦一方という訳ではなく、どんなに相手が強くてもどんなに不利な状況でも、絶えずゴール目指して前へと攻める“ガチンコサッカー”のスタイルは変わっていないそうだ。

グランセナは、去年もJSCを破ったり松本に負けなかったりと、要所でアップセットを演じており、ウチだってスコアの割には内容的には苦戦している印象のあるチームなので、ナメてかかると痛い目にある可能性は大いにありうるので、たとえ点を取っても安心する事なく貪欲に追加点を取りに行く姿勢が大事だと思う。

この対戦が終われば、松本との『信州ダービー』を皮切りに、いよいよ上位陣との直接対決に突入する。

来るべき前期の正念場を乗り切るためにも、ここは是非ともスカッと気持ちよく勝って勢いを付けていこうじゃありませんか!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.