ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
がんばれ!野球独立リーグ
今朝の信毎朝刊に気になる記事を見つけた。

関西独立リーグ 運営会社が撤退

今年開幕した野球の関西独立リーグで、加盟4球団への分配金3000万円を未払いにしていた運営会社の『ステラ』が責任を取って撤退し、今後の運営は4球団で行なっていくとの事。

野球は日本で一番人気のあるスポーツとして老若男女に親しまれているが、“見て楽しむ”という面ではNPBが独占しており、また日本の野球界自体があまりにも閉鎖的な体質な事からも、そういった大きな組織に頼らずに、一人でも多くの選手に野球を続けるチャンスを与えるためにも、またNPBのフランチャイズが無い地方都市でも野球を生で見る楽しみや地元チームを応援できる喜びを多くの人に知ってもらうという意味でも、北信越プラス群馬のBCLや、その先輩格の四国・九州アイランドリーグの発足はとても有意義な事だと思うし、関西独立リーグも是非とも成功してほしいと願っていた。

それだけに、今日の記事は少しショックである。

ただし、今日の報道で関西独立リーグのホームページを初めて見てみたのだが、開幕前は『ナックル姫』こと神戸9クルーズの吉田えり投手が話題になるなど少なからず盛り上がっていたが、ここまでの試合で1000人以上の観客を動員した試合はほんの僅かで、初年度から苦しい経営が続いている事が伺われる。

もっとも、四国や北信越は“NPB空白地帯”として独立リーグを運営できるだけの土壌や需要があるが、関西はNPB球団が2つあり、特に阪神タイガースの関西における影響力があまりにも大きすぎるので、今更わざわざ独立リーグに流れるファンは少ないと思われ、部外者の自分もこのような動員数はある程度予想できるものであり、運営会社の見通しの甘さや無責任な撤退には呆れるばかりだ。

この信毎の記事の中で、BCLの村山代表が「リーグは長く存続していく事が大切で、我々は観客を増やす事を経営の軸にしたいと思っている。」とコメントしていたが、これは賢明な考えだと思う。

独立リーグだって立派な“プロ野球”であり、プロとは夢を売るのも仕事の一つであり、地元チームやご当地選手を一生懸命応援するファンのためにも、多少経営が苦しいからといっておいそれと撤退できるものではない。

この点、村山代表はしっかりした理念と熱いハートを持っており、実直で行動力もあり、途中で経営を投げ出すような事はないと固く信じているし、リーグの観客動員も一部を除いてコンスタントに1000人以上を確保しており(それでも平均3000人というリーグの目標には程遠いけど・・・)、BCLについては今回のようなゴタゴタは起こらないものと思っている。

NPBや大企業偏重の、いびつで脆弱な日本スポーツ界の中で、独立リーグの成功は日本にしっかりとしたスポーツ文化を形成していくためにも非常に重要だと思う。

BCLも、四国・九州も、そして関西も、地元ファンに愛されつつ末永くリーグが続いてほしいと切に願っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.