ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
HFL2009第6節の結果
HFL第6節の結果は以下の通り。
   ・ ツエーゲン金沢 1-2 AC長野パルセイロ
   ・ 松本山雅FC 0-1 JAPANサッカーカレッジ
   ・ サウルコス福井 4-2 グランセナ新潟FC
   ・ FC上田ジェンシャン 3-0 ヴァリエンテ富山

暫定順位表(勝-分-敗・勝ち点・得失点差) ※金沢と福井は1試合未消化
   1位 (↑) JAPANサッカーカレッジ (6試合・5勝1分0敗・勝ち点16・+7)
   2位 (↑) AC長野パルセイロ (6試合・4勝2分0敗・勝ち点14・+21)
   3位 (↓) 松本山雅FC (6試合・4勝1分1敗・勝ち点13・+10)
 ※4位 (→) ツエーゲン金沢 (5試合・3勝1分1敗・勝ち点10・+14)
 ※5位 (→) サウルコス福井 (5試合・2勝0分3敗・勝ち点6・-3)
   6位 (↑) FC上田ジェンシャン (6試合・1勝1分4敗・勝ち点4・-10)
   7位 (↓) グランセナ新潟FC (6試合・1勝0分5敗・勝ち点3・-24)
   8位 (→) ヴァリエンテ富山 (6試合・0勝0分6敗・勝ち点0・-15)

上位陣直接対決のもう一方、松本vsJSCは、JSCがアウェイでしぶとく勝利して首位に立った。

ここに来て遂に実力派のJSCが本領を発揮してきた感じだが、何しろ穴が無いチームなので、個人的には「イヤなチームが上がってきたな・・・」というのが正直な感想。
(ところで、松本の前監督の辛島啓珠サンって、今JSCのコーチやってるんですね。今朝の信毎朝刊で初めて知った・・・)

対する松本は、ホームのアルウィンで、しかも終了間際のロスタイムに失点しての敗戦という事で、精神的にもかなりのダメージだったんじゃないだろうか。

そして下位に目を移すと、上田が#17兼子選手の2ゴールで富山を一蹴し今季初勝利。
カネさんにしてみれば、長年慣れ親しんできた自分の“庭”のようなリバフロでの試合だったので気合いも入っていたと思うが、見た人の話によると、2点ともKING“らしい”ゴールだったそうで、いよいよチームにもフィットしてきたかな?という感じ。

こりゃ、得点ランクトップを走るウチの#13藤田に新たな強敵出現か??

さて、今節は上位陣の試合にも勝敗がついたので、順位に変動があり勝ち点にも差が出てきた。

我等がパルセイロはこれで暫定2位に浮上したが、何しろ開幕戦でつまずいているだけに、個人的には「嬉しい」というより「優勝争いに残れてホッとした」というのがホンネだ。

しかし、次節は難敵・JSCを迎えての首位攻防戦だけに、そうそうホッとしてばかりもいられない。

JSCとの試合では、『1点の重み』が他のどの試合よりも大きく響いてくるので、昨日の記事の繰り返しになるけど、金沢戦で出た『詰めの甘さ』という課題をしっかりと修正して、万全の体制で立ち向かってほしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.