ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
御開帳狂想曲
HFL開幕1週間前の4月5日から始まった、7年に一度の大祭・善光寺御開帳も、前半戦終了の5月31日を持って大盛況のうちに無事終了。
自分は、比較的人出が少なかった初日の夕方に回向柱に触っていたので気は楽だったが、ピーク時には果たしてどれくらいの人混みなのか興味があったので、千秋楽前日の先週土曜日、午前中にサポーターズマガジンの印刷でもんぜんぷら座に行ったついでに足を延ばしてみた。

もんぷらのある新田町のスクランブル交差点から既に人は多かったが、石畳車道の大門交差点あたりまで来ると歩道は人であふれ、我等の味方・八幡屋礒五郎様の店舗も大繁盛で嬉しい限り。

そして、参道に入ってすぐのところで『回向柱最後尾』の立て札を目撃。
s-RIMG0075.jpg
なんと、回向柱に触る人の列が、山門から仲見世を抜け、仁王門をも突破して善光寺交差点のすぐ近くにまで延びていたのだ。
最終日前の駆け込みで、しかも正午過ぎと人出が一番のピークだった事もあるかもしれないが、これほど長い行列とは思わなかった。
最後尾からだと柱に到達するのは2~3時間後だそうで、夏休みのディズニーランドも真っ青である。

自分は既にお勤めは果たしているので、5列に並んだ列でただでさえ狭くなった参道を、人混みを掻き分けながら進み、やっとこさ山門に到着して、高い場所から今来た道を眺めてみると、眼下に圧巻の光景が広がる。
s-RIMG0077.jpg

見ろ!まるで人がゴミのようだ!!(撮影者:まるでゴミのような人)

自分が初日に行った時にほぼ同じアングルから撮った写真をこのブログにも載せたが、その時は山門前付近にはゆとりがあったものの、今回は本当にびっしりと人で埋め尽くされており、この付近に限って言えば10年前の長野オリンピックの時よりもスゴい人出だ。

そして山門をくぐり回向柱を見ると、この2ヶ月の間に数え切れない人の手で触られて黒ずんできた根元部分を、長い行列の果て待ちに待った人達が、かしこまった表情でありがたそうに触れていたのが印象的だった。
s-RIMG0081.jpg

ところで、7年前の前回の御開帳の時って、これほどまでの人手だったっけ?
確か、それなりに人は多かったけど列も短くて、少し待てば柱に触り放題だったような気がするけど・・・
これは高速道路1000円の恩恵か、はたまた空前絶後の大不況で仏様にすがりたい人が激増したのか・・・

いずれにしても、こうやって全国から大勢の観光客を集める善光寺のスゴさを、地元民として改めて思い知らされた2ヶ月が終わり、長野の街も普段の表情に戻る。

今度の御開帳は7年後の2016年。 自分は47歳で『アラフィフ』世代となってしまう。(おー、ヤダヤダ。。)
果たして、その時自分はどんな風になっているのだろうか?
いいかげん結婚して子供なんかもできているのだろうか?

イヤ、恐らく今年と全く変わっていない確率が非常に高いと思うが。。。

願わくば、その時はパルセイロもJFLの上位常連になっていて、回向柱に触りながら「今年はJリーグに昇格できますように」なんて願っていられたら最高である。

さて、御開帳も終わったし、これから先はパルセイロが長野の街を盛り上げていきましょうか!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.