ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
BCL2009 vs富山・前期3回戦@長野オリンピックスタジアム
5月4日以来1ヶ月ぶりのBCLは、今シーズン自身3回目にして初のナイター観戦となった。
梅雨のはしりで、今にも降り出しそうなどんよりとした空の下、現在北陸ディビジョンで石川と激しい首位争いを繰り広げている富山サンダーバーズを迎え撃っての試合結果は以下の通り。

  富山TB : 121 000 000 = 4
  信濃GS : 000 000 000 = 0

ハイ、予定通り無得点で負けました。(笑・・・って、笑えねぇよ!)

スコアの上では「まぁ、ボロ負けじゃなかったから内容的には“まぁまぁ”かな?」と思うだろうが、平日ナイターにもかかわらず1000人以上が入ったオリスタのスタンドは、まるで10点以上取られたような何とも重苦しく絶望的な空気が流れていた。

何が悪いって、まず失点の仕方が悪すぎる。
【1回表】
先頭打者#10山内の右中間の2塁打コースを、ライト#3渡辺が打球に追い付くのが遅く3塁打にしてしまい、3番#7優士に外野フライを打たれタッチアップであっさり失点。
【2回表】
先頭打者#8成瀬を死球で出し、2死3塁までいったところで9番の絶対アンパイ#27松橋(元セローズの大型扇風機)をあろう事か四球で歩かせ、続く#10山内が右中間に落ちそうなフライ。#3渡辺が追い付き助かった・・・と思ったら、ボールがグラブからこぼれ落ちるタイムリーエラーで2点献上。
【3回表】
#29恭史のライトフェンス直撃の2塁打コースを、またしても#3渡辺の処理ミスで3塁打にしてしまい、そのランナーを#22中村のパスボールでみすみす生還させてしまう。

これを読んで賢明な方は気付かれたと思うが、失点はいずれも犠飛かタイムリーエラーで、ヒットによる失点はナシ。(#22中村のパスボールは記録上はエラーにならず。)

そしてもう一つファンを絶望させたのは、相も変らぬセローズ打線のタイムリー欠乏症と状況判断の悪さ。
【2回裏】
1死から#8竜太郎が四球で出るも、続く#3渡辺が注文通りのダブルプレー。
【4回裏】
先頭の#16込山がセンター前へチーム初ヒットを放つも、2塁を欲張りタッチアウト。
【5回裏】
#8竜太郎と#0今村(この打順に入っていた大ブレーキの#3渡辺は引っ込みました)が連続ヒット、#24町田がきっちり送って1死2・3塁、更に#9松澤が死球で1死満塁、相手の先発ピッチャー#16生出(おいで)がアップアップの状態で、期待の代打#39坂田が初珠を簡単に打ち上げインフィールドフライで見事に反撃の腰を折り、続く#16込山も当たりは良かったが野手の正面で3残塁。
【8回裏】
足を怪我している#4市川が代打で執念のヒット(代走#6清水)、続く#2友哉(タイムリーパスボールの#22中村は引っ込みました)がヒットエンドラン成功で無死1・3塁の大チャンスも、この日一番タイミングが合っていた#16込山がよりによって三振、この時捕手がジャックルしたのを見てディレードスチールを仕掛けた#2友哉が2塁刺殺で痛恨のダブルプレー。

・・・・・はぁ~~~。。。(海より深いため息)

今日のヒット数は、富山が6本でウチが5本と拮抗していたし、ウチの先発#32高田も4回以降は立ち直って7回まで要所を締め無得点に抑えたが、とにかく今日は守備陣が足を引っ張りまくった感じだった。
また、これだけグダグダな内容だったにもかかわらず、試合時間は2時間40分と非常に早かった事からも、ウチの打線の淡白さが際立ってくる。

今日の試合で富山と比較して痛感したのは、守備の時の打球に対する第一歩の遅さといい、相手投手が苦しんでいるのを助けてしまうような淡白な打線といい、とにかくウチの選手達は状況判断が悪すぎる。

ここまで土曜日のホームゲームが少なくてご無沙汰だったBCLも、今月は金・土曜にオリスタで行なわれる試合があと2回あり、性懲りもなく見に行く予定ではある。
ただ、ここまで情けない戦いぶりだと、今度の試合はストレス回避のために3塁側スタンドに行こうかしら。
(それでセローズが勝ったらそれこそ虚しくなるので、いつも通り1塁側で見るけど・・・)

・・・と、今日は本当にグチが多くなってしまったので、せめて最後は明るくナゾ掛けで締めるとしましょう。

グランセローズの打線と掛けまして、ミロのヴィーナスと解きます。

そのココロは・・・

せっこう(拙攻)の固まりです。

・・・・お後がよろしいようで。

【上信越Div今日現在の順位】
1位 群馬DP 25試合 ・ 14勝 9敗2分 (.609) -
2位 新潟AB 23試合 ・ 12勝10敗1分 (.545) 1.5差
3位 信濃GS 23試合 ・ 7勝15敗1分 (.318) 5.0差
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.