ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
キッチリ快勝で前半戦のリベンジ!
後半戦一発目の試合、上田ジェンシャン戦の結果は以下の通り。

FC上田ジェンシャン 0(0-2・0-2)4 AC長野パルセイロ

今日は#3土屋が累積による出場停止のため#23鎗田が、またGKも#1海野が、共に今季公式戦初出場。
2人とも今まで出番がなかったが、TMでは良いプレーを見せており個人的に期待が大きい選手だけに、今日の出場はとても嬉しかった。

対する上田は、これまでの試合では開幕戦でウチと引き分けたあの試合以外はなかなかベストメンバーが組めずにいたが、今日はこれまで本業の都合で出たり出なかったりだった#10芦田がバッチリ出場し、第3節の松本戦以来戦列を離れていた#9小倉まで出てきて、ほぼベストメンバーを揃えてきた。
何もウチとの試合に合わせて揃ってくれなくてもよかったのに・・・

しかし、開幕戦で勝ち点2を奪われリベンジに燃えるウチとしては、相手がどんなメンバーで来ようがお構いなく、最初からウチのペースで試合が進む。

そして前半14分、サイドチェンジのパスを受けた#14高野が相手DFをトップスピードでヒラリとかわし、角度のないところから放ったシュートが見事にゴールマウスに吸い込まれ、待望の先制点ゲット!
それにしても、あの時のコーヘイのプレーは本当にシビれるくらいの素晴しいもので、多分、今年これまでのウチの試合でも1・2を争うベストゴールだ。

その後も全体的にはウチが押していたものの追加点がなかなか取れず、逆に相手の#10芦田先生が放った決定的なスーパー・ミドルシュートがポストに救われ胆を冷やす場面もあった。
もしあのシュートが入っていたら、試合の流れは大きく変わっていたかもしれない。

そんなこんなでジリジリする展開が続いていたが、前半終了間際の猛攻から得たコーナーキックのこぼれ球を#2籾谷が粘って押し込み、嬉しい自身今季初得点となる追加点をゲット!
本当に欲しかった追加点が、この時間帯にキャプテン・モミから生まれた事は、精神的にも本当に大きかったと思う。

後半は上田もゴール前に選手を集め守備を固めてきたので、ウチもすこし手を焼いていた部分があったが、後半33分に高野から代わった#24高田が負傷から復帰の快気祝いのゴールを決め、試合終了間際には#13藤田が6試合連続となるシメの一発!!

試合全体を見てみると、攻撃ではセンタリングやコーナーキックの精度が甘かったり、守備でもところどころで小さなミスがあったり、全体的にカードが多かったりと、細かいところを見れば気になる事はあったが、今季初出場となった鎗田もTMで見せたような積極性がこの試合でも随所に見られ活躍したし、途中から入った#8小田・#15碇野・#24高田の3選手も目立つ働きをしていたし、何より今季2度目となる完封勝利を飾れたという事で、後半戦のスタートとしては上々の出来だったと思う。

あ、ところで、ウチのゴール前で相手の背番号17番がウロチョロしてたけど、アレは何という選手ですか?

え、カネコ?? ・・・・ふ~ん、知らねぇーなーそんな選手。

・・・・なーんちゃって。

KING、ゴメンね。
試合後のブーイングにしっかり応えてくれてアリガト。 次節以降はゴール量産期待してマス!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.