ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
HFL2009第9節の結果
HFL第9節の結果は以下の通り。
   ・ AC長野パルセイロ 9-1 サウルコス福井
   ・ JAPANサッカーカレッジ 2-1 FC上田ジェンシャン
   ・ ツエーゲン金沢 10-1 グランセナ新潟FC
   ・ 松本山雅FC 8-0 ヴァリエンテ富山

 順位表(勝-分-敗・勝ち点・得失点差)
  1位 (→) JAPANサッカーカレッジ (7勝2分0敗・勝ち点23・+9)
  2位 (→) 松本山雅FC (7勝1分1敗・勝ち点22・+22)
  3位 (→) AC長野パルセイロ (6勝3分0敗・勝ち点21・+33)
  4位 (→) ツエーゲン金沢 (6勝1分2敗・勝ち点19・+31)
  5位 (→) サウルコス福井 (3勝0分6敗・勝ち点9・-14)
  6位 (→) グランセナ新潟FC (2勝0分7敗・勝ち点6・-35)
  7位 (→) FC上田ジェンシャン (1勝1分7敗・勝ち点4・-18)
  8位 (→) ヴァリエンテ富山 (0勝0分9敗・勝ち点0・-28)

今節は、土曜ナイター開催となった松本が富山を8-0、金沢がG新潟を10-1、そしてウチが福井を9-1と、いずれも派手な大量得点勝ちを収めている。

また、松本の#10柿本・金沢の#10デニス両選手がハットトリックを達成し、5得点と荒稼ぎの金沢#19古部・前節ハットトリックの松本#11小林両選手が猛追、そして我等が#13藤田に#9大典と、役者揃いの得点王争いも激しさを増してきた。

そんな『物好きトリオ』のドンパチ合戦を尻目に、首位のJSCは上田に2-1と、またしても地味ぃ~に最少得点差での勝利となった。

これまでJSCは、上位チームに対しても下位チームに対しても、勝ち試合でも2点差以上離していない徹底した“省エネ”振りで、得失点差もまだ二桁に届いていないが、これは悪い意味で相手に合わせてしまい点が取れないでいるのか? はたまた、「オレ達ゃ得失点差に頼らなくても、勝ち点で優勝できるもんね」と余裕ぶっコイて流してるのか? それとも省エネ振りを国に申請するとエコポイントでももらえるのだろうか・・・?

まさか2番目の理由では無いと思うが(もちろん3番目でもない)、いずれにしても、JSCの強さを身を持って知っているだけに、そのおとなし過ぎる戦い振りには逆に不気味なものを感じる。

とまぁ色々書いてきたけど、勝ち点で首位と2つの差があるウチとしては、他所様の事に気を取られてる場合ではなく、ひたすら前を向いて勝ち進むのみ。

次節のアウェイ・富山戦も、この調子でガンガン攻めまくって勝ち点3をいただいて参りましょう!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.