ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
HFL2009第10節プレビュー
HFL第10節の対戦カードは以下の通り。(チーム名の間の〈 〉内は前期の対戦スコア)

 ・ ヴァリエンテ富山 〈0-6〉 AC長野パルセイロ (岩瀬スポーツ公園サッカー場・28日11:00~)
 ・ グランセナ新潟FC 〈1-2〉 JAPANサッカーカレッジ (グランセナ新潟サッカースタジアム・28日11:30~)
 ・ サウルコス福井 〈0-5〉 ツエーゲン金沢 (テクノポート福井スタジアム・27日18:00~)
 ・ 松本山雅FCFC 〈3-1〉 FC上田ジェンシャン (総合球技場アルウィン・28日13:00~)

今回のアウェイ戦、まず自分の中でやるべきは、今年最後の北陸遠征で、しかも予定通りなら来年以降はJ2昇格までしばらく北陸とはオサラバとなるので、大好物の『ホタルイカの沖漬け』だけは忘れずに買って帰らなければ!

・・・って、そんな事はどーでもいいとして、富山といって思い出されるのは、やはり一昨年の『高岡の悪夢』である。

首尾よく先制したものの連続失点で逆転され、終了間際に何とか追い付いたのも束の間、ロスタイムに勝ち越し点を許し屈辱の敗戦を喫したあの試合。
チームや、あの場に居合わせたほとんどのサポは、去年の対戦でしっかりリベンジを果たして気持ちの整理もできていると思うが、自分は去年の富山遠征は仕事の都合で参加できなかったので、今回はスッキリ快勝して、あの悪夢を自分の中できっちり清算させたい。

また、どんなに小さくても初めて行く場所というのは気持ちが高ぶるもので、自身初見参となる岩瀬スポーツ公園がどんな雰囲気なのかも興味がある。
ただ、声出しエリアは芝生席なので、つま先下がりのスタンドで飛び跳ねると翌日に足がパンパンになりそうでコワイのだが・・・

ところで、昨夜は新加入の大島選手が見たくて、久しぶりに2部練習を見に行ってきた。

その大島選手は、さすがに入って間もないせいかボールに絡む時間は少なかったが、ジュニアからユースにかけての各年代で日本代表を務めてきただけあり、ボールを持った時の振る舞いにやってくれそうな雰囲気がビシビシ感じられ、非常に期待が持てる選手だ。
漏れ聞いた未確認情報では、登録の関係で出場できるのは11節からとの事だが(あくまでも未確認情報です)、実戦でどんなプレーを見せてくれるか楽しみだ。

そして、新しい選手が入って刺激を受けたか、他のどの選手も(オマケに薩さん・赤池さん・大社さんなどのスタッフ陣も)みんな積極的なプレー振りで、とても激しく活気がある紅白戦を繰り広げ、入場料を払って見ても惜しくないくらい大いに堪能させてもらった。

とにかく、今のパルセイロはチームの雰囲気も最高だし、どこに出しても恥ずかしくないくらい完成度の高い面白いサッカーを展開しているんじゃないかと思う。

本番の富山戦も、この調子で絶好調の攻撃陣がしっかり点を取り、前節も喰らってしまった失点を今度こそゼロに抑えての“完勝”を果たし、気持ちよくホタルイカを買って・・・じゃなくて、勝ち点3を持って帰ろうじゃないか!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうもです。
残念なことに、今年は自分が岩瀬に行けなくなってしまいましたが、是非頑張ってきて下さい!
岩瀬の芝生席は、南長野以上に角度がありますのでかなり大変かもしれませんが、負けずに飛び跳ねて下さいね^^;
シマ、かなりよさげなようですね。
若さを前面に出して大いに活躍してほしいものです。
2009/06/26(金) 22:18:52 | URL | 橙☆ツナギ #-[ 編集]
橙☆ツナギ様、どーもです。
今回は直前に用事が割り込んできたとの事で、さぞや残念だろうとお察しします。
幸い、あの『高岡の悪夢』の頃とはチーム力が天と地ほど開いているので、なんの心配もいらないでしょう。
地域の活動も大事だし、ここは大船に乗ったつもりになって、頑張ってお勤め果たしてくださいませ。

しかし、南長野のゴール裏でも後ろの方では足が攣りそうになったのに、岩瀬はそれ以上の傾斜とは、自分も今から戦々恐々デス。。。
2009/06/27(土) 09:32:38 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.