ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
BCL2009 vs新潟・後期5回戦@長野オリンピックスタジアム
どうも今年は日程的な巡り会わせが悪く、後期に入ってからセローズの公式戦を見るのはこれが初めて。

試合数も既に1/3以上を消化しているものの相変わらず勝てないセローズだが、何しろ現場を見ていないので、実際のところ戦いぶりはどうなのかが大いに気になる。
今日の試合前時点で5ゲームの差を付けられているとはいえ、直近のライバルである新潟を叩いて少しでも差を縮めたいところだが、その結果は以下の通り。

  新潟AB : 000 001 303 = 7
  信濃GS : 000 013 000 = 4

ランニングスコアが示すように、先制した直後に追いつかれ、また突き放したと思ったら直後に再び追いつかれ、最終回に逆転されるという最悪の展開。

しかも、6回の1点目と7回の4点目(同点にされた失点)は、共に3塁にランナーを置いてのパスボールやワイルドピッチというバッテリーエラーで、後味の悪い失点となった。

しかし、今日の最大の敗因は、投手交代やブルペンワークといったベンチの采配ミスだろう。

7回に先発の#12鈴木が攻め込まれた場面では、交代のタイミングが1人か2人遅かったし、リードしている場面だから、出てくる投手も#18給前や#23星野など力や実績のある投手を使ってほしかった。

また2番手の#13大竹も、ワイルドピッチで同点にされたものの、その後は8回まで良く頑張ったと思うが、さすがに9回も続投となると彼には荷が重すぎ、案の定連打で“あっぷあっぷ”だったにもかかわらず、ブルペンでは誰も肩を作っていなかった。

今日が4連戦の初戦という事で、投手を温存しておきたい気持ちも分からなくはないが、負けが込んでいる状態で、しかも長野でのホームゲームなんだから、「絶対に負けない」という意思を選手やファンに示すためにも、後先考えず今の時点で最善の投手リレーをするような『攻め』の采配をしてほしかった。

これでセローズは、後期に入ってから『ホーム6連敗』という最悪の結果になってしまったが、しかし、今日の試合を見ている限り、「もう球場に足を運ぶのがイヤになる」というくらい醜い試合内容ではなかったと思う。

前記のように、今日投げた鈴木や大竹は悪いなりに「何とか抑ええよう」と頑張っている姿が見て取れた。
また打線も、3点を入れた6回の攻撃は見事だったし、最終回も2死から2連打して最後の抵抗を見せてくれた。
s-写真00102

そして何より、今日はスタンドの雰囲気がよかった。

今日も夏休みという事で子供が多かったが、千葉ロッテとの交流戦で大量発生した「ボールくださーい!」の迷惑千万なクソガキ共は皆無で、それどころか、試合終盤には雨が降ってきたにもかかわらず、応援団に合わせてみんな最後まで大声で熱心に応援しており、迎え盆で忙しい時期という事で観客数自体は少なかったが、久し振りにスタンドが一体となって応援できた感じだった。

また、5回終了後のグランド整備時に、外野を使って親子や友達でキャッチボールをしよう!という夏休み特別企画があったが、参加した人達は、人工芝ナイターという滅多に体験できないシチュエーションの中で、グランドを広く使って楽しそうにキャッチボールしている姿がとてもほほえましかった。
s-RIMG0011.jpg

こういったマイナーリーグならではのアットホームな雰囲気が楽しめるのが、勝ち負けだけにこだわらず“野球を楽しむ”というBCLの大きな魅力だと思う。

セローズ自体は相変わらず結果が出せず本当に困った事だし、今日は勝てた試合を落として残念だったが、それでも「行ってよかった」と感じたオリスタでの夏の夜だった。

【上信越Div今日現在の順位】
1位 群馬DP 16試合 ・ 10勝 6敗0分 (.625) -
2位 新潟AB 16試合 ・ 9勝 6敗0分 (.563) 1.0差
3位 信濃GS 15試合 ・ 3勝12敗0分 (.188) 6.0差

・・・・と、概ねいい感じのレポだったが、最後に一つ苦情を。

最近のオリスタでは、バックネット裏のスタンドに、通常の応援団とは別に笛と太鼓で勝手に応援しているジジイが一人いる。
s-写真00037
(本当にアタマにきたので大写しにして晒してやりたかったが、さすがにそれはマズいので、思いっきり小っちゃい画像にしました。)

応援のスタイルは人それぞれで干渉されるものではないが、しっかりした応援団がいる以上、別の場所で鳴り物を使っての勝手な応援をしないのが、観客としてのマナーであり礼儀であり常識だと思う。
しかしそのジジイは、“正規”の応援団のリードはお構いなしに、リズムもタイミングも脈絡も全くバラバラに太鼓や笛を鳴らして迷惑だし、しかも周りから文句を言われないように応援団から遠く離れたネット裏ブロック指定席の3塁寄りの席で好き放題やっているというタチの悪さで、応援団のメンバーも「成す術なし・・・」と呆れ顔だった。

まぁ、こういう偏屈ジジイには何を言ってもムダなので無視するしかないが、その他の心あるファンの方々は、くれぐれもああいった場の雰囲気を乱すようなマネをしないよう、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/14(金) 21:24:40 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
非公開コメントをお寄せいただいた●●●様。 いつもお世話になっております。
その事実は自分も知っております。
ただし、それはそれ、これはこれ。
自分としては、セローズの応援団『レッドセローズ』の面々が全くゼロの所からよりよい応援のために試行錯誤しながら必死に頑張っている姿を見てきているだけに、あのような自分勝手な行動が許せないのです。
本文にもあるように、応援のスタイルは人それぞれで干渉されるものではないですが、もし各自が勝手に鳴り物や集団でのコールを使った応援をしていては、スタジアムの雰囲気や秩序がガタガタになってしまいます。
きちんとした応援団がいる場合は、彼らを尊重してやる事が、ファンとしての最低限のルールでありマナーであると考えます。
2009/08/15(土) 18:50:29 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.