ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
遠征・今週のおみや~新発田遠征編~
新発田遠征ネタの最後は、恒例(?)のおみや紹介。

今回はマイカーでの移動だったので、おみやげも高速道路のSA以外の店で地酒でも買おうかと思っていたが、なんだかんだで時間が取れず、結局は毎度おなじみ黒埼PAの売店での購入となった。

しかし、やはり新発田市まで行ったという事で、品物も“新潟市以北”の物にこだわって買ってきた・・・というか、買ってきたものを見たら結果的に新潟市以北の品物だった。
s-写真00031

写真上の『笹だんご』は言わずもがななので置いといて、まず左下の品物は、鮭が遡上する事で有名な新潟県最北の市・村上市の『鮭の焼き漬け』

『焼き漬け』とは、生鮭に塩を振らずに焼いたものを、醤油やみりんなどで作った漬け汁に数日漬け込んだ、村上地方独特の鮭料理。
以前、新潟駅で購入した駅弁の中にこの焼き漬けが入っており、結構おいしかったのを思い出して購入してみた。
まだ今回のヤツは食していないが、どんな味か楽しみだ。

そして右下は、“北限のお茶”のフレーズに興味がわき購入した『村上茶

日本茶は静岡など温暖な土地で栽培されるものという知識があったので、もうすぐそこが山形県という村上市で日本茶が採れるとは思わなかったし、そこが日本茶栽培の北限であるという事も始めて知った。

で、さっきの笹だんごをお茶請けに、パッケージに書いてあったように少しぬるめのお湯で淹れて飲んでみたのだが、日本茶特有の変な渋みもなく、口当たりがまろやかで、なおかつ甘すぎずに日本茶の香りや味がしっかり出ており、更に2杯目を淹れても渋みが出ずにまろやかさが持続し、自分が飲んだ中では福岡の『八女茶』に近いような味の、非常に美味なお茶だった。

あんな鮭も遡上するような北の地で、あんな美味しいお茶が採れるとは驚いた。
今度新潟に行かれる方には、オススメのおみやです。

・・・・と、言いたいところだが、来年以降は、J1でアルビレックスとやるまで、新潟とはしばらく縁がなくなるので、サッカー遠征でこれらのおみやを買う事は当分無いであろう。

ありがとう、新潟。 さらば、新潟。 また逢う日まで!

とか言いながら、来年また笹だんごとか嬉しそうに買ってたらどーしましょ。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「鮭の焼き漬け」おいしそうですね。
私も新潟でお茶が、しかもおいしいお茶が取れるとは知りませんでした。

こちらは来年も新潟に行けるように頑張るのみです(苦笑)。

2009/08/20(木) 00:23:28 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様。

>こちらは来年も新潟に行けるように頑張るのみです

うぅっ、切実な問題だ・・・

自分も現地に行けずもどかしいですが、パオロロッシさんの焼き漬けとイタリアンのためにも、何とか残留できるよう応援しております。
2009/08/20(木) 08:02:48 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.