ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
昨日・今日のトレーニングマッチを見て
昨日・今日と快晴で絶好の行楽日和な中、自分は南長野までパルセイロのトレーニングマッチを見に行ってきた。

昨日は大原学園と45分×2本の通常の試合、そして今日は松商学園と45分×2本+40分1本の変則試合。

この2試合については、例のごとく写真は撮ってもメモなどは取らずに見ていたので、スコアや得点者や詳しい試合内容などはあいまいなところが多いので、ここで詳しく振り返る事はしないが、全体を通してみた個人的な印象を一言で言うと、「う~~ん・・・・・」といったところ。

やはり格下相手という事でボールは圧倒的に支配していたが、敵陣深く攻め込むもフィニッシュまで持っていけないケースが多々見られるなど、まだまだ攻撃陣が本調子ではなかった。

また、大原学園戦では守備のミスから前・後半に各1点ずつ失点してしまうなど、守備面でも課題が見られた。

特に全社1回戦の相手であるクラブ・ドラゴンズは、流通経済大学の下部チームという事で、大原戦の前半のように若くてイキのいい相手の勢いあるカウンターにヤラれてしまう危険性もある訳で、大原戦のようなミスはキッチリ修正していかなければならないだろう。

一昨日にはCUPS聖籠ともやった訳で、これで3連戦という事もあり、選手は本当にお疲れだったと思うが、目指すべき全社全国大会は、勝ち進めば5連戦という超・ハードな日程だけに、それだけの試合を走り抜くためのスタミナをつけたり、各選手が色々なポジションをこなせるようになったり、控え選手のボトムアップを図ったり・・・と、本番までに克服すべき課題は沢山あると思う。

確かに現段階では厳しい面もあるが、あくまでも本番は3週間半後の全社であり、そこへピークを持っていくためにも、今は色々と試行錯誤を繰り返し、チーム力を高めて言ってほしいと思う。

・・・と、ちょっと話が重くなってしまったが、少しは明るい話題も取り上げましょう。

まず、ずっと怪我で戦列を離れていた#18大塚選手が、久し振りに元気な姿で試合に復帰していた。
s-写真00020

まだ復帰して間もないので、周りの選手との連携もこれから徐々に高めていくものと思うが、全社では攻撃陣の貴重なオプションとして、今まで出られなかった分まで暴れまわってほしい。

それから、我等がエース、#11要田選手は、試合にこそ出なかったものの、ランニングの足取りはしっかりしていたし、試合中はゴール裏でスパイクを履いてボールを扱う練習もしていた。
s-写真00097

本当に全社に間に合うかは分からないが、表情も本当に明るかったし、必ずや全社では劇的な復帰を果たし、思い出の臨海のピッチで地域決勝行きを決める活躍をしてくれるものと信じている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.