ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
グランセローズ新監督発表!
久し振りにグランセローズの話題。

今年監督を務めていた今久留主氏の辞任に伴い、新監督に佐野嘉幸氏が就任したとの発表があった。

調べてみると、佐野氏は去年まで千葉ロッテマリーンズで1・2軍巡回コーチを務めており、ファームのイースタンリーグ2位躍進に貢献。
また、それ以前にも広島・横浜大洋・日本ハムで守備走塁コーチや打撃コーチを務めた他、韓国プロ野球のOBベアーズでのコーチ経験やメジャーリーグのサンディエゴ・パドレスでのスカウト経験もあるなど、本当に多彩な経歴の持ち主だ。

自分はマリーンズファンを自称しながらも佐野氏のロッテ球団での働きぶりについては全く分からずお恥ずかしい限りだが、こうして経歴を見る限りでは、コーチ経験も豊富で、セローズとしてはようやく巡り合った“監督適任者”といえるんじゃないだろうか。

以前このブログでも書いたけど、とにかくこれまでのセローズの監督はNPBでのコーチ経験が無く、それがチーム作りや采配の面に如実に現れていただけに、しっかりと選手を指導し的確な采配が振るえる経験者を熱望していた。

また、これは選手達にとっても非常に有益な事だと思う。

そもそもBCLとは、選手達の夢であるNPB各チームへの入団の足がかりとして、野球に専念できる環境と、一流の指導者によるコーチングを受けられる事が選手にとっての大きな“ウリ”であったハズなのに、今までのセローズにはコーチングに関するアピールポイントが弱かったのが、これで一気に解消される。

また、島田直也投手コーチと竜太郎打撃コーチ兼任選手の残留も発表されたが、NPBでのコーチ経験が無い両者も、佐野監督の助言のもと、NPBの球団に請われるくらいコーチとして一人前に成長してほしいと切に願っている。

それに、BCLのもう一つの使命である“地域密着”というテーマについても三澤球団社長は重要視していたが、この件についても快諾されたとの事で、NPBとは全く違う環境であるが、韓国やアメリカでの経験が、そういった“地元に対する貢献”に役立つんじゃないかと期待している。

監督就任の発表が少し遅くなったので、既に終わってしまった東京と石川で開催されたBCL合同トライアウトに間に合わず、佐野監督が来年のチーム作りに一から参加できないのは残念であるが、これまでもBCL6球団で最多の3名をNPBの育成ドラフトに送り出した実績が示すように、選手の潜在能力は決して他球団に負けていないと思うので、後は佐野監督の指導力で、2年連続最下位という汚名を一気に挽回し、来年は是非とも上信越ディビジョン優勝を狙ってほしいものだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
懐かしい名前!
佐野嘉幸氏は、私が子供の頃に応援していた南海ホークスの遊撃手だった方です。
お元気で野球界で活躍しておられることを知ってうれしいです。

頑張っていただきたいですね!
2009/11/26(木) 22:18:01 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
おー、南海の現役時代をご存知でしたか!
それはそれは・・・(この後のコメントは自重させていただきます。笑)

経歴を見ると、自分は幼少の頃に広島の『赤ヘル旋風』時代と重なっているのですが、山本浩二・衣笠・高橋慶彦といったスター選手ばかりに目が行って、残念ながら佐野氏の事は覚えていませんでした。

NPBの各球団でコーチや2軍監督の経験がある佐野氏は、今のセローズにとって最も欲しかった人材かもしれません。
その豊富な経験を生かして、今の弱ぁ~いセローズを立て直して欲しいと期待しています。
2009/11/27(金) 12:05:48 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.