ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
スケート五輪代表が長野で決まるゾ!
12月も半ばとなり、今年の地域リーグのサッカーシーンもツエーゲン金沢とFC刈谷のJFL入替戦2ndレグを残すのみ。
金沢ガンバレ! 絶対昇格!!(←大いなる愛と更に大きな打算を込めて・・・)
そしてパルセイロのHPを見ても今月は表立った予定が全く無く、ネタが見つからずブログ更新もかなり滞ってしまった・・・

しかーし、今シーズンの冬はバンクーバー冬季オリンピックがあり、ウインタースポーツが熱いんであーる!

そして今月は、スケート競技の五輪代表選考大会が長野で2つも行われるんであーる!!

サッカーや野球と同様、ウインタースポーツも大好きな自分としては、これは絶対に見逃せないのダ!!!

まずは今週末、19日(土)・20日(日)に行われる、ショートトラック全日本選手権@ビッグハット。

タイムで競うスピードスケートと違い、どんなに遅くてもゴールラインを一番早く駆け抜けた選手が勝ちというショートトラックは、序盤の番手争いやコーナーでの位置取り合戦、そしてラストスパートをかけるタイミングやゴール前のデッドヒートなど、選手間の駆け引きが随所に見られ、ゲーム性もあって見ていて非常に楽しいスポーツだ。

ショートトラックの日本での主要大会は、今まで主に南牧村の野辺山にある帝産スケートセンターで行われており、長野市での本格開催は昨シーズンからで、自分は去年の大会は見逃していたので、この競技を生で観戦するのはそれこそ長野五輪のプレ大会だった世界選手権以来、実に12年ぶり。
そのため、当時から活躍していた寺尾悟選手以外にどんな選手がいるのか全く分からないが、今回の大会で選手の名前を覚えておけば、2月から始まるオリンピックの中継や結果を見るのにも気持ちが入って、だだ何となく見るよりずっと面白くなるだろう。

そういった意味でも、この大会は非常に楽しみにしている。

そしてもう一つ、28日(月)~30日(水)の3日間行われる、スピードスケート五輪代表選考競技会@エムウェーブ。

よりによって仕事納めから年末にかけてのクソ忙しい時期に行われるこの競技会は、ポスターも無いしチケットも売っていないから、もしかしたら公式な大会ではないのかもしれないけど、おそらく非公開という事はないだろうし、公式な大会でないぶん入場料もタダの可能性が高い。

スピードスケートに関しては、男子は加藤条治と長島圭一郎、女子は小平奈緒と吉井小百合という第一人者が既に代表に内定しているが、この競技会にもエントリーしているそうだし、その他にも男子なら清水宏保や及川佑、女子は岡崎朋美・大菅小百合・新谷志保美・田畑真紀などの一線級選手や、それに続く若手選手が、五輪代表を目指して熾烈なレースを繰り広げるだろう。

それにもしかしたら、若手の中から超・新星が飛び出してくるかもしれない。
こういった大会では、有名選手の活躍のほかに、こういった有望な若手を見つけるのも観戦の醍醐味なんである。

ちなみに自慢じゃないが、今をときめく氷上のヒロイン・小平奈緒選手は、自分は高校生の頃から目を付けていた。
全日本選手権を見ていた時、「高校生の割りに結構速いな~・・・」と思って、“小平奈緒”という名前をおぼろげながら頭の中に入れていたのだ。
今シーズンの活躍でマスコミは「彗星のように頭角を現してきた」と騒いでいるが、そういった騒ぎを横目に「彼女なら無名時代から知ってるモンね!」と一人で優越感に浸るのも、また気持ちのいいモンである。

・・・と、話が少し逸れてしまったが、いずれにしても地元・長野で代表に決まった選手がバンクーバーで活躍する姿を見れば、今までより応援にも熱が入るだろうし、この2つの大会は是非ともチェックしておきたいところだ。

普段スケート競技なんか生で見た事ない方も、せっかくの機会だし、ビッグハットやエムウェーブに足を運んで、氷上の熱戦を体感してみてはいかがでしょう?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.