ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
頑張った!カーリング&頑張れ!フィギア
ちょっと遅くなってしまったけど、昨日のバンクーバーオリンピックで印象的な事が2つあったので、今更ながら触れてみたいと思う。

まずは女子カーリング。
結局日本は決勝ラウンドへ進む事ができず、最終的にトリノの成績を下回る8位で終わった。

今回のオリンピックでは、前半戦は各選手のショットが安定し、アメリカやイギリスを劇的に破るなどの大活躍で日本中が盛り上がったが、22日のダブルヘッダーあたりからズルズルと調子を落とし、そのまま回復できずに終わってしまったようで、選手達も本当に悔しかっただろう。

カーリングの大会でダブルヘッダーはよくある事だし、氷の状態の変化に対応し切れないなどの課題も浮かび上がり、オリンピックのベスト4に食い込むにはまだまだ力不足だったかな?と思ったが、前半戦の大健闘で世界に日本の存在を知らしめる事ができたし、カーリングという競技が彼女達のおかげでまた一歩メジャーな競技に近づいたのは、ファンとして嬉しい事だ。

氷の上にもかかわらず選手達が半袖でプレーしているのを見ても分かるように、カーリングは見た目以上にハードな競技ではあるが、海外の強豪国を見るとオバさん選手(失礼!)を多く見かけるように、他の種目より競技年齢は高く、また経験が大きく物を言う競技でもある。

彼女達も今後は仕事や結婚などで競技を続けるのが難しくなってくるかもしれないが、第一線からの引退で今回の経験を次に生かさず終わらせてしまうのはあまりにももったいない事だし、今後も頑張って競技を続けてレベルアップし、4年後のソチもできれば今回と同じメンバーで、是非ともリベンジを果たしてほしいものだ。

そして、いよいよ始まった女子フィギアスケート。
浅田真央がショートプログラムで五輪初となるトリプルアクセルを成功させれば、キム・ヨナも直後の滑走でショート歴代最高得点を叩き出すという、女王2人が他を大きく引き離してのハイレベルなツバ競り合いとなった。

自分としては、浅田は毎回ショートプログラムでコケていたのでハラハラしながら見ていたが、ノーミスで会心の演技ができホッとした。

しかし、さすがは『ミス・パーフェクト』のキム・ヨナ。 ・・・・あ、“ミス”っていっても「失敗」って意味じゃないよ。(←分かっとるわ!!)
ジャンプなどもソツなく決め、浅田と同い年とは思えないほど妖艶にボンドガールを演じ切り、演技後の表情を見ても「できて当たり前」というような涼しい顔をしているあたりが憎らしくも素晴らしい。

ただ、フィギアといえば『伊藤みどり世代』の自分としては、トリプルアクセルの評価があまりにも低いのがどうにも納得できない。

テレビでは軽々しく「3回転半がどーのこーの」とほざいているが、そもそも女子にとってトリプルアクセルとは、“跳んで立つ”という事自体が奇跡なんであり、五輪以外の歴代の大会を見ても、伊藤みどりやジュニア時代の中野友加里など、成功した選手は片手に余るほどだし、その成功率も限りなく低い、まさに「ノるかソるか」の大技なのだ。

それに、キム・ヨナの得意技である3回転-3回転のコンビネーションジャンプは、ハッキリ言って彼女以外にもできる選手は結構いるが、浅田のトリプルアクセルは、今では彼女以外にはチャレンジしようとする選手すらいない。

そんな女子にとって“難度∞”のトリプルアクセルが基礎点で3回転×2より低く、しかも浅田がなまじっか跳べてしまうばっかりに、やれ回転不足だナンだと余計なケチが付いてしまい、なんだか浅田が貧乏クジを引いてしまっているようで不憫でならない。

この大会では“技の評価”という点では男子でも色々と問題となったが、しかし、そんな採点競技に付きまとう様々な矛盾があったとしても、やっぱり2人の争いは見ていて面白く興味は尽きない。

正直なところ、浅田がフリーで使う『鐘』という曲があまりにも難解で重々しくキャラとかけ離れ過ぎているため、それが彼女にとって重石となってショートも含めて演技全体のキレを悪くしているように思い、逆に“良いところを徹底的に伸ばす”という作戦が見事にハマって死角のないキム・ヨナがよほどのミスをしない限り、浅田の金メダル獲得は非常に厳しいものがあると思う。

でも、メダルの色なんか関係なく、フリーでもお互いノーミスで持てる力をフルに出して、最高のパフォーマンスで歴史に残る名勝負を見せてほしい。

そして、2人の影に隠れてしまいがちだが、演目のクレオパトラを意識して顔を浅黒く焼いて臨む安藤美姫の、トリノのリベンジとなる演技にも期待したいし、個人的には鈴木明子のフリーのプログラムである『ウエストサイドストーリー』が大好きなので、いつものようなノビノビとした演技で会場を大いに沸かしてほしいと願っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
|ω゚)トリプルアクセルの後に、
2回転も加えてるのにねぇ‥‥
審査員が(゚Д゚)飛べるってんなら、
文句は言わんが‥‥
2010/02/25(木) 23:19:04 | URL | やむっち #-[ 編集]
やむっち様

>審査員が飛べるってんなら文句は言わんが

激しく同意!!!
ジャッジは、トリプルアクセルの伊藤みどりに始まる苦闘の歴史をもっと重く見て、杓子定規にならず本当の意味での技の難易度を重視してほしいけど、今の採点基準をすぐに変えるのは難しいんでしょうね・・・

ま、別にキム・ヨナが悪い訳じゃないし、何はともあれフリーの演技を楽しみましょうか。
2010/02/26(金) 07:56:25 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.