ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
オリンピックも大詰めです!
♪ピンポンパンポ~ン
既にHFLもBCLも今年の日程が発表になっておりますが、筆者の個人的な都合により、当ブログはまだまだオリンピックモードでいかせていただきます。(←ぶぅぅ~~っ!!!)

・・・ってな訳で、

今日最大のニュースといえば、やっぱりスピードスケート女子パシュートの銀メダルでしょう!
強豪・ドイツに僅か0.02秒差で敗れはしたものの、最後の最後まで日本がリードしていて本当に興奮した。

ゴールラインを切った瞬間は絶対に日本が勝ったと思ったけど、個人種目ではブレードの先端が入っていればよかったのに、パシュートでは3人目のブレードが全部入っていなければダメという事で、スローモーションで見ると日本の3人目が足を後ろに上げていた分だけ遅くなり、ミリ差の銀メダルという本当に惜しい結果になった。

まぁ、相手のドイツも準決勝でエースのフリージンガーがゴール直前に転倒し、氷上を必死にもがいてゴールラインを通過して決勝進出を果たした訳で、その恐るべき執念に免じて今回は相手に花を持たせてやりましょうか。

日本がここまで来られたのは、この種目を勝ち進む上で最も重要な“バランスの取れたチーム構成”が大きな要因でしょう。

今大会も3000mと5000mで入賞を果たした長距離の穂積雅子、全ての距離を滑れるオールラウンダーでトリノでもこの種目を経験したベテランの田畑真紀に加えて、短距離専門だった小平奈緒が1500mで5位入賞を果たすなど中距離の力を付け、中盤に他の2人をスピードで引っ張っていけたのが大きかった。

特に田畑はリレハンメル五輪の頃からずっと日本の中・長距離界を引っ張ってきた功労者だけに、たとえ銀とはいえオリンピックでメダルが獲れて本当に良かったと思うし、今回はエントリーしたもののレースに出られなかったスーパー中学生の高木美帆も、レースのサポートを通じてお姉さん達から色々な事を学んだと思うので、この経験は4年後のソチに大いに生かされるはずだ。(だからサッカーに専念せずにスケートも続けてね!)

そして、このニュースの影に隠れてしまいがちだが、クロスカントリー女子30kmで石田正子が日本の個人種目で初の入賞となるの5位に入ったのも大快挙である。

レース後のインタビューで「あー、でもメダルを獲らないと注目されないんですよねー・・・・ お願いですから大きく取り上げてくださいね」という率直な感想が出て、日本におけるマイナースポーツの環境の厳しさを垣間見てしまったが、これまでは欧米勢に全く歯が立たなかったこの種目でも少しずつではあるが着実に力を付けているので、クロスカントリーの選手達はこれからも周囲の無関心に負けず、ソチに向かって頑張ってほしいと思う。

更に個人的に注目していたアルペン男子回転は、佐々木明が2本目に進んだものの、2本目は悪天候で緩い雪質に手こずって彼らしいファンキーな攻めの滑りができず18位に終わったが、これまでの佐々木のコンディションからすれば2本目に残れるだけでも大したものだと思う。

また、上村愛子のダンナこと皆川健太郎は1本目の序盤で片足通過反則となり、残念ながら途中棄権。
でも、この種目は『雪上の格闘技』と言われるほど、ポールとケンカしながらギリギリのラインを攻める滑りをしなければ上には行けない訳で、レースではよくある事。
皆川もヨメの前でカッコイイ姿は見せられなかったけど、あの“片反”もフルアタックの証であり、胸を張って帰ってきてほしいと思う。

そして最後は、アイスホッケー男子3位決定戦のフィンランドvsスロバキア。

昨日の準決勝でフィンランドは1-6と無様な負け方をしたし、長野五輪の主力選手だったティム・セラニやサク・コイブがいまだに主力セットを張っている“ロートルチーム”では、ロシアやスウェーデンを破り、準決勝でもカナダを最後まで追い詰めて勢いのあるスロバキアには勝てないと踏んでいたが、昨日崩壊した守備を建て直し、攻撃陣も頑張って5-3で大熱戦を制し銅メダルを獲得。

試合はメダルを賭けたゲームにふさわしい、最後まで手に汗握る面白い展開だったし、敗れたとはいえバンクーバーに旋風を巻き起こしたスロバキアの活躍は本当に素晴らしかったと思う。

この夢舞台に日本が立てるのは、果たしていつになるのやら・・・・

さぁ、いよいよこのオリンピックも明日の最終日を残すのみ。

今大会は、ジャンプやアルペンのオーストリア、スピードスケートのオランダやノルウェー、クロスカントリーやノルディック複合のノルウェー、ボブスレーのドイツ、アイスダンスのロシアなど、各種目でメダル獲得の常連だった国が大苦戦し、ウィンタースポーツの勢力地図が大きく塗り替えられたという印象が強かったが、オリンピックならではの素晴らしいシーンがいくつも見られて、とても楽しく充実した時を過ごせた。

残すは明日早朝からのアイスホッケー男子決勝、カナダvsアメリカ。
しっかり早起きして始めから生で見たいので、今日は早く寝る事にしましょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
女子パシュート(*´∀`*)最後の最後まで燃えましたねぇ♪
特に小平、パシュートで0.02差で金を逃し、
1000mで0.08差で銅に届かず‥‥と、
ホンのちょっとの要因ってのが悔しいだろうけど、
今シーズンになって頭角を現し、
そして五輪に出場して(*´∀`*)入賞2、
メダル1は立派でしたねぇ♪

田畑も(*´∀`*)4回目にして(*´∀`*)初のメダル。
年齢的にも(´・ω・`)もうアレでしょうが、
最後の最後に(*´∀`*)最高の結果になって、
ホントに良かった♪
2010/03/02(火) 01:10:22 | URL | やむっち #-[ 編集]
やむっち様
本当に小平選手の成長力というか対応力には素晴らしいものがありますね。
自分は彼女が1500mで5位入賞を果たしたのが本当にスゴいと思うし、そうやって中距離も滑れるようになったからこそ、パシュートのメダル獲得に繋がったと思います。

あと、長年スケートを見てきた者としては、やっぱり田畑選手のメダルは嬉しかった!
この実績を、今度は高木美帆が引き継いでいってくれることでしょう。
2010/03/02(火) 08:07:16 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.