ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
今年の日程チェーック!~HFL編~
Jリーグも開幕し、既に始動しているカウントダウンバナー(ジュジュさん謹製@今年もヨロシク!)を見るとHFL開幕まであと1ヶ月チョイに迫ってきた。

てな訳で、『オリンピックモード』で採り上げるのが少し遅れてしまったけど、自分が関わっているリーグは3つとも既に今シーズンの日程が発表になっているので、遅ればせながら1つずつ内容をチェックしていきましょうか。

まずは、パルセイロ・トップチームの北信越フットボールリーグ(HFL)から。

ここは日程以前に、2チームが抜けた後の1部の顔ぶれがどうなるのかハッキリしなかったが、去年JSCが上に行けなかったため残留が決定していた上田ジェンシャンに加えてヴァリエンテ富山も降格を免れ、2部からは自動昇格のアンテロープ塩尻に加えて3位のテイヘンズFCが久し振りに1部に復帰。
県別に見ると、長野3チーム、新潟2チーム、富山・石川・福井がそれぞれ1チームという分布になった。

日程で目に付いたところでは、まずサウルコス福井戦がホーム(5/15)、アウェイ(7/24)ともに土曜日18時からのナイトゲーム。
特にアウェイは試合が終わってすぐに帰るとなると完全に日付をまたいでしまうと思うが、その日は現地に泊まって、今年限りでオサラバ(←毎年そう言ってマス。。。)の福井県をゆっくり回ってみるのもいいかもしれないな。

それから、古豪・テイヘンズの復帰で、毎年福井に行く途中の高速道路から見えて気になっていた、2つのスタンドが背中合わせにつながっている根上サッカー場に初見参となる他、アンテロープ塩尻との試合は、アルウィンではなく大町運動公園サッカー場での開催との事。
旅好きな自分としては、初めて足を踏み入れるスタジアムにはワクワクするものだが、今年初めてとなる2つのスタジアムは果たしてどんな雰囲気なのか、今から楽しみだ。

あと気をつけたいのが、前出第5節(5/15)の福井戦と最終節(9/19)のJSC戦は、オリンピックスタジアムでBCLの試合が被っている。
特に5節はセローズの試合の方が前(13:00~)なので、この日はBCL~HFLと南長野で1日中楽しめそうだ。
ただし、最終節はBCLがパルセイロの試合後にくるので、おそらく応援疲れでヘロヘロになっているだろうから、掛け持ちはパスかな?
まぁ、そこは当日の気分と体力と相談して決めましょうか。

全体的に見ると、今年は県外アウェイは前期に集中しており、後期は県外は12節の福井だけで、後はアウェイ扱いの上田戦も含めて5試合も南長野でできるのが大きい。

松本と金沢が一足お先に上に行ってしまい、JSCも主力がゴッソリ抜けてしまった今年のHFLは、果たしてどのような勢力分布になるか分からないが、今年は“連勝街道”を突っ走り、できれば最終節を待たずに優勝を決めてほしいと願っている。(でも、できれば12節の福井じゃなく南長野で決めてね!)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.