ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
CLE2010第4節 vsノルディーア北海道
トップチームの快勝に沸いた翌日の南長野もさわやかに晴れ渡り、最高のサッカー日和。
ここまで0-3・1-4・0-2と、全敗ではあるものの結果も内容も少しずつ良くなっているだけに、今日こそは今シーズン初勝利を上げたいパルセイロレディースだが、今日の試合結果は以下の通り。

AC長野パルセイロレディース 3(2-1・1-0)1 ノルディーア北海道

まずは、はるばる北海道からやって来たノルディーアのサポーターご一行様、ようこそ南長野へ。
北海道といえば、日本ハムファイターズやコンサドーレ札幌などのメジャーなチームを差し置いて、ウチと同じくまだ生まれ変わって間もないチームのために、時間とお金をかけて長野くんだりまで乗り込んできた心意気に敬意を表します。

去年の大原の試合でも相手サポを見て感じた事だけど、こうやって遠い敵地に僅か数人でダンマクとドラムを抱えて敵地に乗り込んでいくのって、同業者としてメッチャかっこいいッスよね~。
(さすがに自分は北海道までとなると腰が引けてしまうけど・・・)

さて、試合の方はというと、我等がレディースは昨日のトップの試合に感化されたかこれまでの3試合より動きもよく、全体的にはウチが押していたものの、前半20分に自陣ゴールエリアでクリアーしようとしたボールが相手の体に当たるプレゼントパスとなってしまい、そのままフリーで打たれたシュートがゴールに吸い込まれ、悔しい先制点を許してしまう。

「今日もこのままズルズルいくのか・・・」と思われたが、しかし今日のウチは「勝ちたい」という気持ちが表に表れて、落ち込むどころか逆に動きがよくなり、33分にキャプテン#7小林菜摘が見事なミドルシュートを叩き込んで同点に追い付くと、38分には#16波多野早がセンタリングをうまく合わせて逆転のゴール!

今季初めてリードして折り返した後半は、こちらも惜しいシュートがあったもののなかなか点が入らず、逆に30分あたりからは相手に一方的に攻められる苦しい時間が続いたが、全員が集中力を切らさず守り抜くと、ロスタイムに#14渡辺彩香の放ったループシュートが前に出ていた相手GKの手をかすめてそのままゴールの中に転がりこむ。

我慢の時間帯が長かっただけに、その直後に吹かれた試合終了の笛の音も聞こえないほどゴール裏のテンションも最高潮に。

とにかく、本当に最高にシビれる試合内容で、見事に今季初勝利!!

乱暴な言い方をするとリーグ戦では“放っておいても勝てる”トップチームと違い、レディースは1点や1勝の重みが比べ物にならないくらい大きいので、大原時代から気にかけていた自分としては、今日の初勝利にはマジで涙がにじんだし、ゴール裏の他の面々も、試合後はトップチームがリーグ優勝を決めた時みたいに、しばらくダンマクを撤収するのも忘れるくらい、みんな放心状態になっていた。

「チームが強いから」とか、「Jリーグを目指しているチームだから」とか、「お気に入りの選手がいるから」とか、そんなの全然関係ない。
たとえ弱くても、自分が愛するクラブの名前を背負っている選手達を自分達の声で一生懸命応援して、一緒に勝利の歓喜を分かち合える、これぞ応援の原点!

仁義無き昇格争いや既に上に行ったライバルチームの動向など、何かとしがらみが出てきたトップチームを取り巻く環境に翻弄されかけていた身にとって、単純に勝利に向けて真っ直ぐに応援する事の素晴らしさを再認識させてくれた、本当に最高のゲームだった。

今日、南長野に観戦に来られた286人の皆さん、貴方達は勝ち組です!!

そんな訳で、今日の初勝利でレディースも名実共に『パルセイロ』になれたような気がして自分もホッとしているが、ここまでずっとホームでやらせてもらった分、次節以降は5試合アウェイが続く。

大原時代から何度も戦っていた清水第八との対戦の後は、JFAアカデミー・常盤木学園・日体大と上位3強“学校チーム”との厳しい戦いが待っているが、今日の試合のように最後まで諦めず走り抜くパルセイロらしいサッカーで果敢に挑戦し、6月には一回り強く逞しく成長して南長野に帰ってきてほしい。

そして、自分も6月まで待つのは長いので、できる限りアウェイ遠征したいところだが、最大のチャンスであるはずのゴールデンウィーク中の2試合はいずれも会社の用事があって参戦できず、本当に残念。
ただ、5/16の常盤木学園戦@宮城スタジアムか、翌週5/26の日体大戦@横浜健志台キャンパスのどちらか一方には絶対に駆けつけようと思っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
応援お疲れ様でした。
レディースの初勝利おめでとうございます。
選手達にとってもサポーターにとっても嬉しい勝利ですね。
良い「サッカーの週末」、よかったですね。
2010/04/25(日) 22:50:42 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
いや~、リーグ戦での1勝がこんなに嬉しく感じたのは初めてじゃないでしょうか。
今思い出してもウルウルしてしまいます。

週末ごとに多くのスポーツイベントが行われる東京にいなくても、長野の片田舎でもこんなに楽しい「サッカーの週末」が送れるなんて、本当にありがたいものです。
2010/04/27(火) 08:06:18 | URL | #-[ 編集]

いや-感動しましたここまで(3節にして)長く苦しい事が多かったですがこの戦いで全てふっとびました。彼女達自信に変えて頑張ってほしいです。
スタンドのファン?知り合い?と三間選手と高木選手がハイタッチしていたうらやましい-
2010/04/27(火) 14:14:38 | URL | ゆう #mQop/nM.[ 編集]
ゆう様
本当に感動でしたね!
特に、ここまで僅か3試合ながら真剣に応援していただけに、勝った瞬間の喜びもひとしおでした。
こんな最高の瞬間が味わえるから、どんなに苦しくてもサポーター稼業はやめられませんね。
レディースはしばらく長野を離れてしまうけど、6月に戻ってきた時はまた一生懸命応援して、もっともっと感動の瞬間を味わいましょう!!
2010/04/27(火) 21:46:22 | URL | ぼー #-[ 編集]
お世話になりました
ノルディーアの応援に参加したものです。試合後、駐車場のところで「じゃがホッケ!」と叫びました。「うにかに」のような豪華さを求めるのではなく、身の丈で、という意味があったりします。

南長野運動公園はいいところですねぇ。下部組織や男女問わず、すそ野が広がっているのがわかるチームもしくは場所があるというのは、非常に羨ましい限りです。

あの規模の球技場は、是非札幌にも欲しいと思いました。

お互いクラブチーム同士、人的にも金銭的にも大変なのはお互い様ですので、清水第八も含め、戦っている時以外は応援したいと思います。

札幌の試合、また、9月の南長野での試合も、いい試合をして欲しいものです。9月は当然またリベンジに燃えて参戦いたします。よろしくお願いします。
2010/05/03(月) 23:26:15 | URL | シーバス #JalddpaA[ 編集]
シーバス様、コメントありがとうございます。
遠路はるばるお越しいただき、迎えた我々としても嬉しい限りです。

我々のホームグランド、南長野球技場を褒めていただき光栄です。
Jリーグを目指しているトップチームにとっては将来的には少々手狭ながら、ピッチとスタンドの距離がメッチャ近くて臨場感があり、また芝の質はJのピッチにも負けないと自負している、自慢のスタジアムです。

それにしても『じゃがホッケ』という言葉、いいですね~。
どちらも安くて素朴な食材だけど、うにかににも負けない、いやそれ以上の美味さがあります。

自分も北海道のじゃがいもやホッケは大好き!
特にホッケは、北海道の肉厚で脂の乗ったヤツを食べると、本州の貧弱なのはパサパサで食べられません。

我々が応援するクラブも、庶民的で誰からも愛される味のあるクラブに成長してほしいものですね。

自分も、今年改名して北海道を代表する女子クラブ目指して歩き始めたノルディーアには、大原学園からパルセイロに移管されて市民クラブとしてスタートしたウチとダブって映り、気にかけているチームです。

今後は、市民クラブの先輩格である清水も含めたクラブ3チームで切磋琢磨し、強敵の学校3チームに立ち向かってリーグを盛り上げていきましょう!

9月の南長野再訪を楽しみにしております。
その時は、またお互いいい試合しましょう!
2010/05/05(水) 22:03:46 | URL | ぼー #-[ 編集]
IUgIRJCOUedAULGvFy
nd checks are Flexeril relevaci?ªª?ndeath medication By withdrawal dependent, http://co-op.vanderbilt.edu/write/Abbass_Razan?action=AttachFile&do=get&target=vand29 cheap tramadol no prescription, >:[[[,
2010/06/15(火) 10:57:29 | URL | what is tramadol hydrochloride for #TLWb95vE[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.