ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
HFL2010第8節 vsアンテロープ塩尻
HFLもいよいよ今日から勝負の後半戦。
前節で超・劇的逆転サヨナラ勝利をおさめて勝ち点で単独首位に躍り出た我等がパルセイロは、ここから優勝に向けての『Vロード』が始まる訳だ。

そして自分も、前期はなんだかんだで7試合中半分以下の3試合しか観戦できず大きく遅れをとっているので、後期はしっかり応援がんばるゾ!!

・・・と意気込んでいたものの、またもや土壇場でまさかの土・日連続休日出勤となってしまい、不本意にも欠席の憂き目に(泣)

今日の会場の大町運動公園は4年前にBCL観戦で野球場に来た事があるが、自然が豊かでアルプスが目の前に見える気持ちのいい場所だっただけに、日程が発表になった時からサッカーでの再訪を楽しみにしていたのに・・・

クソーッ、オレの職場は現代の『蟹工船』かっ!!
小林多喜二もビックリかっっ!!(←なんのこっちゃ)

・・・などと勝手に嘆く哀れな木っ端労働者の事情などツユ知らず、日程どおり粛々と行われた試合の結果は以下の通り。

アンテロープ塩尻 0(0-1・0-3)3 AC長野パルセイロ

アンテロープのサポや関係者には“上から目線”の物言いで申し訳ないが、後期の開幕戦を“順当”に勝利して、また一歩優勝に近づいて何より・・・っつーか、エルザ時代に豊富な運動量と最後まで諦めない粘り強さでウチを苦しめた元気な姿を知っている者としては、未だに1勝しかできず最下位に沈んでいるアンテロープを逆に心配してしまう。

ただ、今年のウチは何が何でも「優勝&昇格あるのみ!」なので、こんなところで情けをかけている訳にはいかない。
これからも下位チーム相手に確実に得点を重ねて勝ち星を増やし、最終節でJSCにアメフトのワンサイドゲーム並みのスコアで負ける以外は優勝が揺るがないような状態に持っていってほしいものだ。

今日もお昼頃に信毎速報を見た時は、前半を終わって#13藤田のPKによる1点だけの最少リードという事でヤキモキしていたが、後半には#10宇野沢、#11要田と取るべきFWがしっかり追加点を取り、相手の得点もゼロに抑えての“快勝”(実際はどんな戦いぶりだったか分からないけど・・・)で、優勝に向けてまた一歩前に進めた事にホッとしている。

まぁ、幸い毎年恒例の長野名物「やっちまった!」は前期の富山戦で既に出してしまったし、もう一つの名物である“勝負弱さ”もJSCとの大一番で見せたように払拭できていると思うので、自分としては今年のトップチームには全幅の信頼を寄せてはいるが、選手達は油断する事無く、文字通り『一戦必勝』でしっかりと勝ち星を積み上げていってほしい。


あぁ~あ・・・・・

それにしても、現場第一主義で『アッチのW杯<<<コッチのHFL&CLE』な自分にとって、こうやってクラブや信毎からの速報の文字情報だけを頼りにブログを書くという虚しい行為は本当にこれで終わりにしてほしいが、職場の日程によると少なくともあと1~2試合は同じように仕事で観戦できなくなる事がほぼ決まっており、最終的に今シーズンのHFL観戦回数は半分以下になりそうな雰囲気・・・

ただ、こうやって自分が行かれなくても、チームがしっかり勝って『HFL優勝』と『JFL昇格』という目標を果たしてくれれば、試合が見られず悶々とした気持ちも少しは浮かばれるというものだ。

だから、これから先も勝ち点を取りこぼすような事だけは絶対にするんじゃねーゾ!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お仕事お疲れ様でした。
自分もぼー様程ではないですが、昨年は町の役を仰せつかったがためにかなりの試合に顔を出せなかったため、そのもどかしい気持ち、痛いほど分かります。
その分、出られる時は是非発散して下さいませ!

さて、今日の試合ですが・・まぁ及第点ギリギリというところでしょうか。
何というか、あのサッカー場のロケーションがとてもいいばかりに、気持ちが少しのんびりしてしまったのかもしれませんね^^;
逆に言うと、あそこは雰囲気が良すぎて戦う場所としては不向きなのかも・・。

JAPANも今日は大勝したそうで、このままだと得失点差でかなり上回っていると余裕こいてもいられなくなるかもしれませんし、更なる発奮を期待したいですね。
2010/06/13(日) 21:18:04 | URL | 橙☆ツナギ #meqE6SNA[ 編集]
今日は、塩尻の選手が前期の悔しさをバネに気持ちを強く試合に臨んできました。
塩尻は何度かチャンスもあり、どれも諏訪選手が堅守で塩尻が得点することはなかったのですが、
塩尻の選手の熱いハートには拍手を送りたいと思います。
2010/06/13(日) 22:07:53 | URL | 某コテ #mQop/nM.[ 編集]
橙☆ツナギ様
>あのサッカー場のロケーションがとてもいいばかりに、気持ちが少しのんびりしてしまったのかもしれませんね

あー、分かるような気がします。
自分が行ったのは野球場だったけど、本当にあそこは最高のロケーションで、何というか気持ちがほのぼの癒される感じになりますからね。

ただ、選手達はそれじゃ困りますよね。
相手もある事だし、そう簡単に大勝ができる訳ではないけど、最終節やその先を見据えて、次節以降は気持ちを引き締めてほしいものです。


某コテ様
毎回自分が行かれなかった時のミニレポありがとうございます。
某コテ様のレポは他の方と違う視点からのものなので、自分も本当に参考になります。

本文でも書いたけど、エルザ時代に苦しめられた経験があるせいか、自分もアンテロープには一目置いているのですが、あの最後まで諦めない熱い気持ちがまだ受け継がれているのを知って嬉しくなりました。
アンテには何とか1部に残ってもらいたいので、今後は頑張って結果を出してほしいですね。

・・・って、ウチが勝てたから言えるんですけど。。。
2010/06/14(月) 08:05:39 | URL | ぼー #-[ 編集]
昨日大町まで行きましたよ。探したんですけど、仕事なのかな…と思いちょっぴり残念でした。
試合の方は一言でいうと「アンテロープの情熱を見習え!」でした。でも大橋は頑張っていました。
正直パルセイロからしてみれば消化試合的内容だと思いますが、内容こそ良くありませんがアンテロープの選手達は最後まで諦めず闘っていました。
試合終了の笛とともに倒れこむ選手、足を引きずって挨拶に行く選手も…開場は大きな拍手で溢れてました。
彼らの無念は必ず昇格の二文字で答えましょう!
2010/06/14(月) 14:35:00 | URL | ifumio #-[ 編集]
ifumio様、お会いできず残念です。
色々な方のコメントや戦評を聞いてみると、どうやら気持ちの面ではアンテの選手の方が勝っていたようですね。
どうもウチは格下と呼ばれるチーム相手だと気持ちが乗らない事が多く見受けられるけど、それがダメな事はこの前の富山戦で思い知ったハズなのに・・・

まぁ、今朝の信毎朝刊の記事を読むと、薩川監督が「全てにおいて不合格!」と怒っていたようなので、きっと試合後には大きな雷が落ちた事でしょう。

これで目が覚めて、次節以降はガンガンいってほしいものですね。
2010/06/14(月) 21:51:38 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.