ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
HFL2010第9節 vsテイヘンズFC
心配していた天気は何とか持ったものの、湿度が高くていかにも梅雨らしいムシムシ、ジメジメした今日。
しかも、自分は先週の土・日連続休日出勤に引き続き、昨日の土曜日も出勤してまともに休めないうえ、今日も早朝から別件があり、会場に着いても疲労と寝不足の身に暑さと湿気が重くのしかかり、座っているのもシンドい状態。

そんな訳で、第5節の福井戦ナイターに引き続き、今日もゴール裏は自粛してメインスタンドでの“イレギュラー”観戦となった。

今年に入ってトップの試合をまともにゴール裏で応援したのは、第3節のホーム上田戦と7節のアウェイJSC戦の2試合だけという異常事態だが、今年のトップとの巡り合せの悪さを思うと、こうして会場に行って試合を見られるだけでも“儲けもの”と思わなくてはならないだろう・・・

と、のっけから個人的な重苦しい話題で始まってしまい大変恐縮だが、ゴール裏でバモれない代わり、もう一つの趣味である試合の写真撮影を久々に楽しめたし、以下の結果の通り試合そのものは十分に堪能させていただいた。

AC長野パルセイロ 6(3-0・3-0)0 テイヘンズFC
s-写真00159

今日は満を持して去年の北信越MVP・#8麻生が先発出場し、また怪我の影響から途中出場が多かった#9大典もスタメンに名を連ね、第9節目にしてようやく今季のベストに近い布陣が組めたんじゃないだろうか。
その麻生、立ち上がりから積極的に左サイドを駆け上がって好機を演出し、フリーキックやコーナーキックも任されるなど“MVP男”の名に恥じない働きぶりで、今後の更なる活躍が非常に楽しみだ。

試合はウチが圧倒的に攻め込みつつもなかなか得点できずにいたが、前半27分に#11要田が先制ゴールを決めると、その3分後には#20野澤が追加点。
その2点目を決めた後に、ノザを中心に5~6人の選手が自チームベンチ前で隊列を組み、何やらダンスのパフォーマンス。
s-写真00163

こんな事は去年までは全く見られなかったのでビックリしたが、今年は度々やってるのかな?
まぁ、あまり度を過ぎると張本サンから『喝ッ!!』を入れられそうだが、去年まではチーム全体が何かとおとなしい雰囲気だったので、こういったパフォーマンスもホームゲームではファンが盛り上がっていいんじゃないかな。

その後、前半終了間際にも要田が得点。
更に後半開始直後には、昨夜地球の裏側で日本代表GKのブロックを粉砕したスナイデルの強烈なシュートを彷彿とさせる、目の覚めるような鮮やかな“どっかん”ミドルをゴールネットに突き刺してハットトリック達成と、エースの面目躍如の大当たり!!
s-写真00197
(上の写真は2点目を決めてアシストの#20野澤と喜び合うよーさん之図。 いやー、いい顔してますね~!)

これで勝負はほぼ決まった感があるが、ライバルのJSCが最近ゴールを量産して得失点差で猛追している事を考えると、手を緩めずに取れるだけ取っておきたいところ・・・と思っていたが、ナゼかそれ以降は煮え切らない攻撃が続き、ゴール裏から「シュート打て!」コールが起こる始末。

そして、そのコールにようやく応えたのが後半40分、#14高野がゴール前へ切れ込みGKをかわして落ち着いて流し込むと、その直後に#8麻生が嬉しい移籍後初ゴールを決めて打ち止め。

結局、立ち上がりと後半の半ば頃になかなかゴールできない時間帯があったものの、終わってみれば「今日はこれくらい得点を取って欲しいな~」と試合前に思い描いていた希望通りのスコアでフィニッシュでき、『快勝』といっていい試合だったんじゃないだろうか。

今日はJSCはアンテロープ塩尻相手に3-1で勝って得失点差を+22にしたものの、ウチは6点を上積みして+37と突き放した。

前節の弊ブログで「最終節でアメフトのワンサイドゲーム並みのスコアで負ける以外は優勝が揺るがないような状態に・・・」と書いたけど、今日の結果でJSCとは2タッチダウン、うち1つは2ポイント・コンバージョンを成功させなければ追い付けないだけの差を付けた事になる。(←だからって本当にアメフトの得点勘定で分かりにくい表現しなくても・・・)

次節は今季好調の上田ジェンシャンという事で、手の内を知った選手も多く今日のようにうまくは行かないだろうし、またこれから気候も暑くなって体力的に厳しくなってくるが、まずは勝ち点をとりこぼさぬよう『一戦必勝』で試合に臨み、その上でどんな相手にも決して手を抜かず、ガンガン点を取りまくってほしい。


ところで、ついでだからこの場を借りてちょっと告知を。

次節、7月4日のCLE第11節ac福島戦とHFL第10節上田戦(アウェイ扱い)の南長野ダブルヘッダーは、既に仕事が入っており観戦できない事が決定している。(泣)

トップとレディースの公式戦が一度に楽しめ、パルセイロにどっぷり漬かれるこの日を開幕前から楽しみにしていたのだが、今年の巡り合せの悪さには本当に参ってしまう・・・

そんな訳で、観戦記といっても文字情報だけの感想を書いても臨場感も説得力もないし、今日の冒頭のように重苦しいグチばっかりになってしまう事は必至なので、いっその事この日の弊ブログは更新しない事にします。
皆様とは、HFL第11節の富山戦でお会いしましょう。

全国4千万のぼちぼちファンの皆様(←ちょーしに乗るな!)、今年はこのブログも本当にグダグダになってしまって、ゴメンねゴメンねぇ~~(U字工事調で@反省の色まったくナシ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
快勝、おめでとうございます。
YODAさん、やりましたね!(素敵な写真、ありがとうございます。)
野澤のアシストも嬉しいです。

しかし、週末もお仕事、本当にお疲れ様です。
「生観戦・応援」がなかなかできないのは、歯がゆいこととお察しいたしますが、富山戦の楽しいブログを期待してますね!

2010/06/20(日) 22:54:37 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
なんか他の方のブログや日記を見ると不満が多いようですが(笑)、自分的には十分に堪能できた試合でした。

今年のウチはFWに実力者が多く、よーさんもスタメン落ちの試合があったりして自分も心配していましたが、あの重戦車のような力強い攻撃力は相変わらずで安心しました。

本当に今年は巡り合わせが悪くて、トップの成績に反比例するように気持ちも晴れないですが、9月以降もシーズンが続く事を信じて今を乗り切りたいと思います。
2010/06/21(月) 22:21:50 | URL | ぼー #-[ 編集]
それにしても暑かったですよね。
疲れた体に鞭をうって観客動員に貢献お疲れ様です(笑)
実は今回初めて試合前の挨拶に行きました。覚えていらっしゃいましたか?
日本代表が歴史的快挙に盛り上がるのは喜ばしい限りですが、一方、伝染病によるホンダロックの無観客試合がついに現実となってしまいました。仕方ないとはいえ、残念です。
そのロックの名物サポータさんの名台詞を借りるならば、今、サッカー観戦が身近になった中、楽しんだりサポートできるという環境をいかに守り育むか。 まあ、僕は至近にあるレイソルの自称「アツいサポ」による度重なる暴力事件に見限り、理念を共有できる価値があるパルセイロやゼルビアに走ったのですが。(来年パルセイロと当った際には容赦なく引導を渡しますが)
今、Jリーグや代表の人気が低下しているという論調が多く感じます。代表の評価も戦前は酷いものでしたし。
でもそれは、サッカーも野球のように厳しい目で見られる、身近な存在になりつつある、目が肥えつつある過程だと思います。
下部のカテゴリのレベル向上や観客の増加、これらがまわりまわって日本サッカーが強くなる地盤になる、その中でパルセイロは奢らず挑戦者でいるという覚悟を決めないと、例年どおりJリーグごっこで終わってしまいます。
先週の試合は塩尻戦より内容こそ良かったものの、気持ちでも圧倒しないとこれから先が不安です。今回は敢えて厳しい感想です。
レディースの試合はなかなか日程がつきませんが、いずれ行けたら…と思います。
毎度の長文失礼しました。では、また今度お会いしましょう。
2010/06/25(金) 11:00:11 | URL | fumio #-[ 編集]
fumio様、お返事遅れて申し訳ないです。
当日、自分はアウェイベンチ付近にいたので、試合前の挨拶は残念ながら聞こえていませんでした。
fumio様初めゴール裏メンバーはあの試合に対して厳しい感想のようですが、ゴール前での選手の動きがよく見え、自分自身も立って飛び跳ねながら声を出して応援しているゴール裏では、気持ちも高揚してそのような感想になるのでしょうね。
自分はアウェイ側メインで座っての観戦で、しかも心身ともに疲れている中で「パルセイロの試合が見られるだけでシアワセ・・・」という状態だったので、後半途中の「シュート打て!」コールにはちょっと意表を突かれました。
まぁ、自分も心身ともに充実した中でゴール裏にいたら、きっと皆さんと同じような感想になったと思います。
同じ試合でも、観戦場所や気持ちの持ち方でこうも感想が変わってくるんですね。

ところで、「楽しんだりサポートできるという環境をいかに守り育むか」ですが、自分はヨーロッパで3部や4部のサッカークラブを地元の老若男女が応援して支えていたり、アメリカの野球で1Aや2Aのマイナーリーグでも球場に足を運んでビール片手に心から試合を楽しんだり・・・というような、海外で地元の小さなクラブを心から応援し楽しむ環境に憧れていたので、長野にパルセイロやグランセローズができて自分がその環境の中に居られるのを本当に嬉しく思っています。(パルセイロのトップは将来的にはメジャーなJリーグに行くけどね・・・)
「Jリーグや代表の人気が低下している」と言っているけど、各クラブの地元ではそんな事は無いだろうし、昔の巨人やちょっと前の代表のような『中央集権』的な人気ではなく、色々な街に応援できるクラブができて人気がバラけてきている現状は、スポーツ文化の観点から行けば良い傾向じゃないかと思っています。
これからも、長野のスポーツ文化を育てていくという意味でも、トップ・レディース関係なく『パルセイロ』というクラブを盛り上げていきましょう!
2010/06/29(火) 21:28:32 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.