ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
CLE2010第15節 vs清水第八プレアデス(+トップ試合雑感)
今年ずっとこのブログを読んでいただいている方なら薄々予想していたと思うが、HFLとCLEの最終節が重なった今日、自分はレディースの応援に清水まで行ってきた。

実は、春先に両リーグの日程が発表になった時から「もしトップが最終節までに優勝を決めていたら、最後は清水に行こう」と決めていた。

確かにトップのリーグ優勝が決定する場面にこの身を置いていたいという気持ちも無いではないが、自分は今年に関しては、トップにとってリーグ優勝はあくまでも通過点で、本当の戦いは10月以降と位置付けていた。

しかしレディースにとっては、今後もいくつか試合があるものの、実質的には今日が大きな節目の試合となる。

記念すべきパルセイロ・レディース最初の年の締めくくりに『応援ゼロ』という寂しい思いはさせたくないし、この半年間、勝っても負けてもひたむきに頑張る姿を見せてくれた選手達に感謝の意を示すためにも、ここは是非とも応援に行ってやらなければ!!(もちろん、前日の鈍行旅や、富士宮やきそばを初めとするグルメもガッツリ味わった事は言うまでもない・・・)

そして、今日も宮城の時のように一人だけと思いきや、長野から1人、関東から2人のイカレポンチ・・・も、もとい、熱心なサポの方々が駆けつけてくれ、レディースのアウェイとしてはなかなかの“大編成”と相成った。

そんな訳で、同じ時間に行われた南長野の試合動向を気にせず、レディースの応援に集中できる位置までチームを持っていってくれたトップの選手達に感謝しつつ、Jリーグ・清水エスパルスの本拠地、アウトソーシングスタジアム日本平のアウェイスタンドを我々4人で独占するという、何ともゼータクな環境の中で行われたCLE最終節の結果は以下の通り。

清水第八プレアデス 0(0-1・0-0)1 AC長野パルセイロ
s-写真00016

相手の清水第八は大原時代から毎年のように同じような順位でしのぎを削ってきた、いわば実力伯仲のライバル同士なので、今日の試合も一進一退、攻めて攻められ、取り取られの(それなりに)白熱した攻防で、応援にも自然に力が入る。

ウチは#7小林菜摘を基点に、#9濱垣香菜や#11篠崎優香が果敢にアタックを試みるが、相手の守備も固くなかなか点が入らないジリジリした展開が続くが、前半終了間際の42分に小林の放ったループ気味のミドルシュートがゴールに吸い込まれ、嬉しい嬉しい先取点をゲット!!

そして、ゴールの歓喜の余韻を残したまま前半が終了し、「後半はもっとガンガンいくゾ!」と張り切ったものの、敵もさるもの、またしても一進一退の攻防となり、こちらの足がやや止まりかけてきた中盤からは清水にジワジワと攻め込まれガマンの時間が長くなってきたが、#4三間睦美、#8篠原志穂子、#13黒崎愛、#18高木奈央、#19武内真希といったDF陣が、今日は最後まで集中力を切らさず体を張ったプレーで守り抜き、また最近グンと安定感が増してきた#1松本あずみも落ち着いたセーブでゴールを割らせなかった。

試合中一度だけ、相手の決定的なシュートがバーを叩き命拾いした場面があったが、あれも守備陣の頑張りが相手のシュートをうわずらせたんだと思う。

そんな訳で、前半に上げた虎の子の1点を守り抜き、2010年プレナスチャレンジリーグEASTの最終戦を見事白星で締めくくった、我等がパルセイロレディース。

リーグの途中では、同じようなミスによる失点が相次いで、自分もブログの中で苦言を呈した事もあったが、最後はそんな守備陣の頑張りで掴んだ勝利なので、自分も格別に嬉しかった。

さて、リーグ戦もこれで全日程が終了し、レディースの活動も一区切り。

とはいえ、去年まではなでしこ2部で11月いっぱいまでの長丁場を戦ってきた選手達にとっては、あまりに早いリーグ終了に拍子抜けかもしれないが、何はともあれ、リザーブが2人だけでGKの控えがいないという“超・少数精鋭”の厳しい環境で4月からの半年間を戦ってきた選手およびスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。

今後、思いがけず参戦が濃厚な、なでしこ昇格を賭けたプレーオフや、12月に行われる全日本女子選手権など、大事な公式戦もいくつか残っているが、このリーグ戦で得た様々な経験に、持ち前の元気と明るさをプラスして、残りの試合も悔いの残らないよう思いっ切り戦ってほしいと願っている。


そして・・・・

HFL第14節
AC長野パルセイロ 1(1-0・0-1)1 JAPANサッカーカレッジ

うーん、さすがはJSC、なかなかウチらの思惑通りにはいかせてくれなかったようだ。
(「今日はウチらレディース部隊が“勝ち組”だったようですな、ハッハッハ・・・」なんて書くとヒンシュクかうからやめとこう・・・)

信毎の携帯速報によると、ウチに退場者が出た中で、最後の最後に追いつかれての引き分けとの事で、エルザ時代の1997年から13年間もお世話になった北信越リーグ(途中一度だけ県リーグにおちてるけど)の“卒業試合”となる記念すべき試合(のハズです、絶対に・・・)にしてはいささか消化不良気味だったと思うが、考えてみれば、去年はウチが最終節で敵地に乗り込んで、優勝が決まっていたJSCを負かしている訳だし、ま、ここは“おあいこ”という事でひとつ・・・(←現場にいなかった人間のお気楽無責任発言。。。)

・・・と、そんな冗談はさておき、トップチームにとっては“1stステージ”とも言えるリーグ戦も無事に無敗優勝で終了し、ここからはいよいよ、悲願達成に向けての厳しい戦いが待っている。

まずは、全国の強豪チームが集まる全社全国大会に向けて、もう一度気持ちを引き締め直して頑張ってもらいたいと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
レディースの勝利おめでとうございます!
日本平(いまだにこの名前の方がピンと来ます)遠征お疲れ様でした。
プレーオフ、全女も頑張ってほしいですね。

そしてトップチームの優勝決定もおめでとうございます。
全社も地域決勝も頑張って下さい。
また応援に行かせていただきますので、絶対、市原に来て下さいね!
2010/09/20(月) 01:01:42 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
今年も遠くから応援ありがとうございました。

それにしても、やっぱり現役のJリーグスタジアムはいいですね。
特に日本平(自分もこの呼び名の方が断然好きです)はJリーグ発足からずっと使われているサッカー専用競技場なので、何ともいえない雰囲気があります。
レディースとはいえ、あそこのポールにパルセイロの旗がはためいているのを見た時は本当に感激しました。
いつかはトップチームがあそこでエスパルスと対戦できたら最高ですね。

市原での地域決勝は、その頃にちょうど仕事が忙しくなりそうなので、参戦できるかは微妙なところなのですが、少なくとも12月5日の最終日だけは何としても行きたいと思っています。(その前に1stラウンドを確実に突破するのが先ですが・・・)

今年はトップはもちろん、思いがけずレディースもまだまだシーズンは続きますが、これからも応援よろしくお願いします!
2010/09/20(月) 20:42:16 | URL | ぼー #-[ 編集]
長野より近いのに…
おつかれでした。
松戸の自宅から清水は長野より100キロ以上近いはずなのに、神奈川の厚木市で行われたB級グルメ大会らしき大渋滞と度重なる事故で、10時過ぎに自宅に着きました。行きも大渋滞でギリギリ…。
…ですが、最後にきっちり勝利できたのでわざわざ来た甲斐がありました!
清水第八のサポーターさんの爽やかな応援もアマチュアならではと感じました。やはり、サッカーの街の伝統あるクラブだなと。
そして誰も僕がユニフォームを忘れたことに突っ込まなかった優しさに感謝(笑)
2010/09/20(月) 22:58:05 | URL | ifumio #-[ 編集]
ifumio様
どうもお疲れ様でした。

あの大会に引っかかっての大渋滞、本当に大変でしたね。
帰宅時間が10時とは、自分が長野に着いた時間より遅かったんですね。
ご愁傷様でした・・・

でも、宮城遠征同様、トップの大事な試合と重なるアウェイだったので、今回はお二人が来てくれてとても嬉しかったし、応援中も心強かったです。ありがとうございました。

ちなみに、遠征にユニを忘れた事は、恥ずかしながら自分も1回あります。
“前科1犯”同士(?)、今後も応援頑張っていきましょう!
2010/09/21(火) 12:27:37 | URL | ぼー #-[ 編集]
追記
僕も男子が消化試合または準ずる試合なら女子と決めていました。
僕自身のスタンスは男女均等です。
また、もしぼーさんが急用で来られなかったら応援ゼロ人かもしれないと考えて今回は敢えてこちらに来ました。
ところでもし、男子が昇格したら女子の試合に行く比率を増やそうと考えています。
何故なら男子は恐らくゴール裏や観客動員がかなり増えると思いますが女子はそのような期待が難しいからです。
また、実は僕自身元々山雅とゼルビアに好意的でして、去年あの全社を観て、結果、ゼルビアのサポーターとして動くと決めたところ連れに説得された経緯があります。
敢えてパルセイロを応援することに決めた決定的な理由はレディースです。
多分レディースの存在やぼーさんのような方がいなければ、パルセイロの応援を続けることも、昨日のような貴重な体験もなかったと思います。
等身大で応援するぼーさんのスタンスは脱帽します。
ですので、今後とも是非一緒に楽しみましょう。
また、女子昇格戦についても休日申請が可能でしたら行く予定です。
それと、実は天皇杯県決勝は引越で行けませんでした。
連れも手伝わせたため宮城で一人にさせてごめんなさい…
2010/09/21(火) 21:03:41 | URL | ifumio #-[ 編集]
ifumio様
パルセイロというクラブについて、自分と全く同じ考えの方がいるという事に何だかとても驚いているし、とても勇気付けられました。
自分も、トップチームが『昇格』という目標に対して何度もコケている中で、松本を始めとしたライバルチームとの不毛な比較やくだらない噂話などに振り回される周囲に辟易し、仕事などでなかなか試合に行けなかったのをきっかけにしてゴール裏から離れようかと思った時もありましたが、そんな自分を留めさせてくれたのがレディースでした。

大原時代から気にかけていた事もあるけど、トップと同じユニを着てひたむきに頑張る彼女達の姿を見ていると、やっぱり応援せずにはいられなくなりますよね。
それに、大勢での応援も楽しいけど、今回のように同じ気持ちを持った少人数でアウェイに乗り込んでの応援は、勝っても負けても他では得られない充実感があります。(今回は清水サポの姿勢も素晴らしかったので、なおさら良かったですね。)
変なしがらみに縛られる事なく、純粋にチームを熱く応援する事の喜びを再認識させてくれたレディースの選手やスタッフには本当に感謝しています。

自分も来シーズンは(“は”じゃなくて“も”かな?)トップがどのカテゴリーにいようとレディースをメインに活動していくつもりです。
もちろん、今年10月のプレーオフや12月の全女も可能な限り応援に行こうと思っています。(12/5の全女1回戦はトップの地域決勝最終日と重なるからさすがにムリだけど・・・)

それと、自分は一人でも全然気にしない性格なので(逆にチームやグループで行動するのが大の苦手)、宮城の件は全然気にしていないですよ。
むしろ、宮城県サッカー場を自分一人の声で占領できて気持ちよかったくらい(笑)
今後も、お互い都合が悪い時は無理をせず、行ける時には思いっきり熱くなって、この素晴らしいクラブを末永く応援していきましょう!
2010/09/22(水) 22:36:17 | URL | ぼー #-[ 編集]
遅くなりました
ちょいと出かけていてコメ遅くなりました。

清水戦お疲れさまでした。

気持ちは、特製紙ダンマクのとおりですぜ!
でも、今シーズンもまだ終わっちゃいないんですよね!

(イカレポンチ長野#1は「ぼー」様ですw)
2010/09/25(土) 01:32:46 | URL | イカレポンチ長野#2 #-[ 編集]
イカレポンチ長野#2様、清水ではお疲れ様でした。
また、正式就航前の“アノ機材”で駅まで送ってもらいありがとうございました。

あの紙ダンマク、最高でした。
きっと選手達も喜んでくれたでしょうね。
自分も、レディースの記念すべき初年度のリーグを、皆さんとあのような最高の形で終われてとても嬉しかったです。

レディースもプレーオフ出場が正式に発表されたし、トップは12月の地域決勝ファイナルまで、そしてレディースはその後の全女まで、まだまだ楽しみは続きます。
我々も思いっ切りイレ込んで、最高のシーズンになるよう頑張りましょう!
2010/09/25(土) 12:11:47 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.