ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
地域決勝1stラウンド#3 vsカマタマーレ讃岐
地域決勝1stラウンド突破を賭けた運命の第3戦。
今日は祝日で仕事も休みだったが、変則日程の犠牲で現地に行けず、自宅で携帯速報とニラメッコ。

そんな“お留守番組”が長野で出来る願掛けといえばコレしかない。
市内の○亀製麺(←名前隠れてないし)で、パルセイロの勝利を祈りつつ、アツアツの釜玉うどんをカッ喰らう。

s-CA3G0019.jpg
では、いただきま~す。 ズルズルズル・・・・

s-CA3G0020.jpg
あー美味かった。 ヨシ、これで讃岐を平らげたぞ!!
(讃岐サポの皆様、もう同じネタで何度もイジられてウンザリしていると思いますが、いっぺんやってみたかったもんで、平にご容赦くださいませ。)

・・・と、長野のお気楽おバカ1名がアホな事やっているのを知ってか知らずか、現地では今日もかなり壮絶な神経戦となったようで、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 1(1-1・0-0)1 カマタマーレ讃岐
PK戦
長 ××○○× = 2
讃 ××○○○ = 3

携帯速報によると、試合は前半17分に#10宇野沢のゴールでウチが先制するも、その4分後に同点に追い付かれ、その後は両者得点できずPK戦へ。
ウチは昨日同様、終了直前にGKを#22海野に代えて必勝を期すも2-3で破れ、Cグループ1位は讃岐に決定した。
両チームともPK戦の1・2本目を失敗した事からも、この試合がいかに緊迫したものだったかが手に取るように分かる。

これでまたしても夢は潰えたか・・・と思われたが、今年はワイルドカードという枠がある。
で、各グループ2位の最終成績は以下の通り。

A組2位 S.C.相模原 勝ち点5・得失点差+2
B組2位 グルージャ盛岡 勝ち点5・得失点差+2
C組2位 AC長野パルセイロ 勝ち点6・得失点差+3

この結果、我等がAC長野パルセイロのワイルドカードによるファイナルラウンド進出が決定!!!

いや~、よかった! 本っ当によかった・・・・・・・

昨日までの各組の結果を見ていると、C以外の組では大番狂わせや潰し合いでグチャグチャしていたので、ウチはとにかくPK戦まで持ち込めば、たとえ負けてもワイルドカードには引っかかるという読みはあったが、全ての結果が分かるまでは心中穏やかではなく、ファイナル進出確定の報を聞いた時には一気に緊張の糸が解けてグッタリしてしまった。

ったく、昨日・今日で寿命が何年縮まった事やら・・・・

まぁ、とにもかくにも第1関門の1stラウンドを何とか突破。
壮絶な3日間を戦い抜いた選手・スタッフの皆さん、まずはおめでとうございます。
そして、現地で声を枯らして応援したサポの皆さん、本当にお疲れ様でした。

これで今年の地域決勝もファイナルラウンド進出チームが出揃ったが、その顔ぶれは以下の通り。

A組 Y.S.C.C(関東リーグ優勝)
B組 三洋電機洲本(関西リーグ優勝)
C組 カマタマーレ讃岐(四国リーグ優勝)
WC AC長野パルセイロ(北信越リーグ優勝)

今年はC組以外は波乱の連続で、A組は結果的には本命のY.S.C.Cが来たものの、昨日まではJFA優遇枠のS.C.相模原(神奈川県リーグ1部)が首位を走っており、一気に3階級特進か?と思われたが、最後にレノファ山口に足許をすくわれたし、B組は本命のShizuoka.藤枝MYFCと対抗のグルージャ盛岡を押さえて社会人の三洋電機洲本が勝ち上がる番狂わせがあった。

ウチがファイナルに進出できたのは、今年から導入されたワイルドカード制度の恩恵と、他の組の潰し合いによる棚ボタ的なものだし、信毎の記事によると1・2戦とも本来の攻撃的サッカーが全く出来ておらず、薩川監督も「こんなチームを作った覚えは無い!」と大激怒のようで、悲願の昇格に向けてはまだまだ問題山積みで、おいそれと喜んでばかりもいられない。

しかし、ファイナルに進出した今だから言えるけど、こうして苦しんだ事は選手達にとっていい教訓になったんじゃないだろうか。
ワイルドカードでファイナルに臨むウチは、1位抜けの他の3チームからすれば完全に“挑戦者”だし、競技は違うが同じ制度をとるアメリカのメジャーリーグでも、ワイルドカードからワールドチャンピオンを獲ったチームは数多い。
選手達は変な気負いはせずにいつもの自分達のプレーで思いっきりぶつかっていけば、必ずやJFA自動昇格となる2位以上の成績を収められるものと信じている。

ファイナル開幕までの期間で心と体のケアをしっかりして、課題をきっちり修正し、市原臨海では「当たってくだけろ!」のチャレンジャー精神で暴れまわってほしい。

そしてもう一つ、一緒にC組を戦った“盟友”として、カマタマーレ讃岐にも頑張ってもらい、ウチと一緒に昇格してほしいと思っている。
高知では“準ホーム”という事でサポも大勢来ていて、ゴール裏だけでなくメインスタンドで見ていた観客も熱心にチームを応援していたし、実際チーム自体も本当に強くて好印象だった。
うん、やっぱり讃岐うどん最高や!
ファイナルではウチと讃岐のワンツーフィニッシュで、JFLで“麺類ダービー”ができるよう、お互い頑張りましょう!!

そんな訳で、悲願に向けて一歩前進の我等がパルセイロ。
去年屈辱にまみれた市原臨海競技場で、今年は歓喜の花を咲かせましょう!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
先ずは、一息ですね。
それにしても、開幕前に有名サイトやマスメディアに散見された、いかにもな予想は気持ち良く外れましたね。
三洋洲本は目的が明確な企業チームなので除くと、今回勝ち上がった3チームは、筋の通った、地に足のついた本格的なクラブチームです。
特にAグループ。背負うモノの違いが明暗を分けたと確信しています。
しかし、またもや闘うことになる讃岐をはじめ、パルセイロも含めどのチームにも付け入るのは非常に困難になるということだと思います。まあ、去年まで勝負弱かったという過去も洲本を除いて共通してありますが…
さて、メンタルも大切ですが、ここは冷静に相手を分析して確実に讃岐を攻略して欲しいと思います。
集中力、組織力をはじめフェアプレーへの意識、観客動員数まで…選手個々の能力と資金力以外全て讃岐の方が上だと素直に認め、追いつき追い越しましょう。
2010/11/23(火) 22:54:03 | URL | ifumio #-[ 編集]
今日はどこかでどこかのチームが終戦だったのですが、(泣) 市原臨海行き決めましたね。
まだ、臨海が神殿仕様になってからは一度も行ったことないんですよ。
12/4のJ最終節もどうでもよくなったので、私も週末の二日間だけですが、臨海に行きます。
2010/11/23(火) 23:53:01 | URL | 某コテ #-[ 編集]
まずは決勝ラウンド進出おめでとうございます。
ぼーさんも遠く高知までの遠征・応援お疲れ様でした。
4日はフクアリですが、5日は臨海に応援に行かせていただきます。
午前10:45に臨海、うーむ。いや、がんばります!
2010/11/24(水) 00:03:14 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
>ifumio様
本当に今年はC以外は波乱続きでしたが、今年は単に昇格だけでなく幅広い視野と明確なビジョンを持ったチームが生き残ったと思います。
讃岐に関しては実際に見てみてチームもサポも本当にいい雰囲気を持っていると感心するし、隙が無くてファイナルでも攻略は困難だと思いますが、信毎の記事によるとウチの得点は讃岐対策として練習してきた通りのプレーで得たものだそうで、コッチも分析はかなり進んでいると思いますよ。
後は、高知でもあったように大事な試合になると必ず動きが硬くなるウチの悪いところが出ない事を祈るだけですが、1stの讃岐戦では本来のサッカーができたようだし、これで吹っ切れてファイナルでは必ずやってくれると信じています。
さすがに同じ相手に3回も負けるのは癪だし、初戦を勝つと負けるでは大きく違ってくるので、今度こそ讃岐に勝って勢いをつけましょう!

>某コテ様
あちらの方については、お互いご愁傷様でした・・・(泣)
まぁ、あちらは来年仕切り直しで頑張ってもらうとして、パルセイロの方は今年が本当にラストチャンスだと思います。
絶対に激戦を勝ち抜いて、歓喜の瞬間を臨海で一緒に目撃しましょう!

>パオロロッシ様
前コメ同様、パオロ様もご愁傷様です・・・
ただ、あちらの分もパルセイロには頑張ってもらいましょう!
あと、連日の千葉通いになるんだから、どーせだったら4日は千葉に泊っちゃえばいかがでしょう? ナンチャッテ・・・
2010/11/24(水) 12:35:11 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.