ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
地域決勝ファイナルラウンド#2 vs三洋電機洲本
悲願のJFL昇格に向けての運命の最終章、地域リーグ決勝大会ファイナルラウンドが、遂に昨日から始まった。

昨日の第1戦は、カマタマーレ讃岐に0-0のままPK戦までもつれ込み、結果6-7で惜敗。

自分は昨日は仕事が忙し過ぎてどうしても休めなかったが、今朝の信毎の記事等の情報によると、やはり“試合巧者”である讃岐の術中にハマってしまい、ウチらしい攻撃サッカーがほとんどできなかったようで、今年の直接対決3連敗は非常に悔やまれるが、勝ち点1ゲットという最低のラインは死守し、何とか次につなげた感じだ。

そして今日は、昨日Y.S.C.Cを3-2の逆転勝ちで下した三洋電機洲本が相手。
ウチとしては何としてでも90分勝ちが欲しかったが、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 4(4-0・0-0)0 三洋電機洲本
s-DSC_0082.jpg

とりあえずは、地域決勝1stラウンドから続いている攻撃の“フン詰まり”という悪い流れを断ち切るためにも、できるだけ早い時間に先取点が欲しいと切望していたが、その願いが通じたか、前半3分、カウンターから絶妙なスルーパスが通り、ゴール前フリーで受けた#10宇野沢が見事にゴール!
s-DSC_0024.jpg

更にその5分後には、ウチらしい連携から#13藤田のゴールが決まり、立ち上がりに2点を連取する上々な滑り出しだったものの、サッカーでは2-0というスコアが最も不安定で逆転されやすい事から、次の1点を何としてでも取りたいと思い、内心ドキドキしながら見ていたが、前半26分に藤田がゴールして“危険領域”を脱出し、こちらもホッと一息。
しかし、2点目から3点目までの時間は18分とそれほど長くなかったが、見ている方はこの間が本当に長く感じられた。

この後、前半終了間際に宇野沢が4点目を入れて勝利を確信し、後は今後のために1つでも多くの点を上げて“貯金”しておきたいと後半に期待したが、前半に攻め疲れたか、非常に惜しいシュートは何本かあったもののゴールには至らず、結局そのままタイムアップ。

個人的には後半の無得点にはいささか不満も残るが、ここまで動きが硬くて本来の攻撃サッカーができていないというレポを見てきただけに、今日はキレキレだったウノ・マコの2トップを始めとして全員が終始ノビノビとしたウチらしいサッカーを展開し、しっかり90分勝ちを収めた事が何より大きく、こちらも肩の荷が半分降りたような感じだ。
s-CSC_0078.jpg

そして、もう一つ気になる第1試合の結果は、カマタマーレ讃岐が3-2でY.S.C.Cに逆転勝ちし、この結果、Y.S.C.Cの3位以下が確定。
そして我等がパルセイロは讃岐と共に3位以上を確定させ、明日最悪の結果になっても、まだ昇格に望みをつなげる順位が保証された。

ただ、これで満足していてはもちろんダメで、絶対に自動昇格となる2位以上とならなければならないが、ここで明日の結果によってどうなるのかをまとめてみたい。

(1)パルセイロ90分勝ちorPK勝ち(勝ち点7or6):2位以上確定→JFL昇格決定!!

(2)パルセイロPK負け(勝ち点5)
 ・ 第2試合讃岐の勝利(90分orPKどちらでも):2位決定→JFL昇格決定!!
 ・ 第2試合三洋のPK勝ち:勝ち点で三洋と並ぶが得失点差で2位決定→JFL昇格決定!!
 ・ 第2試合三洋の90分勝ち:勝ち点で讃岐と並ぶが得失点差で2位決定→JFL昇格決定!!

(3)パルセイロ90分負け(勝ち点4)
 ・ 第2試合讃岐の90分勝ち:2位決定→JFL昇格決定!!
 ・ 第2試合讃岐のPK勝ち:勝ち点で三洋と並び、両者の得失点差による
 ・ 第2試合三洋の勝利(90分orPKどちらでも):3位決定→入替戦(vsアルテ高崎)へ

※ もし間違えてたらゴメンナサイ・・・

そんな訳で、昨日の勝ち点1と今日の4得点が効いて、PK戦まで持ち込めば例え負けても2位以上を確保できるという非常に有利な状況にあるが、やはりスッキリと90分勝ちで悲願達成といきたいところ。
皆さんも、リーグ戦最終節のような『JSCに引き分けちゃったけど一応優勝』なんてビミョーな空気は2度も経験したくないでしょう。(自分はその場にいなかったけど。。。)

対するY.S.C.Cは、ウチに大量得点で勝って、なおかつ第2試合の結果を待たなければ3位が見えてこないという“得俵につま先が乗った”状況ではあるが、やはり関東リーグをダントツで優勝してきただけの実力はあるし、昨日も今日も先取点を取っており、ナメてかかると痛い目にあう。

それに、何といっても2年前の“雨の本城”が嫌でも脳裏をかすめ、もうあんな悲劇は金輪際体験したくないという思いは、あの場にいた選手やサポならみんな持っているだろう。

ただし、そういった思いで体が硬くなり、また昨日までのようなチームに戻ってしまっては元も子もない。

ウチは他と違ってワイルドカードで上がってきた“チャレンジャー”であり、今年NPBで3位からプレーオフを勝ち上がり、ほとんどの評論家の予想を覆して『史上最大の下克上』を完成させた千葉ロッテマリーンズのように、ノビノビとした気持ちで自分達のサッカーをやり抜けば、自ずと結果は見えてくると確信している。

泣いても笑っても明日が最後。
入替戦の事なんて考えず、本当に明日を『今年最後の試合』にするよう、選手・スタッフ・サポーターが一丸となって、大きな夢を実現させましょう!!

明日の夜、全ての人が笑って帰宅できる事を祈って・・・
s-DSC_0107.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ぼー様、来られてたんですか!
最近お会いできなくて寂しい限りです。
明日は我々の夢が現実に必ずなる日ですから、是非顔を出して下さいね!

で、上の星取り勘定のシミュレーションですが、もし我々がPK負けの場合にその後洲本が90分勝ちとなれば、讃岐が我々と同勝ち点になり、その場合は得失で上回っている我々が2位になりますので、それでも昇格できます。
つまり、我々は90分で負けなければ昇格できることとなります。

まぁ勿論、こんなのは数字のアヤでしかないので、そんな小賢しいものは気にせず勝って昇格を勝ち取りましょう!
2010/12/04(土) 22:00:16 | URL | 橙☆ツナギ #meqE6SNA[ 編集]
橙☆ツナギ様
あちゃ~、やっぱり間違ってましたか。
御指摘ありがとうございます。早速本文を修正しました。

今日ですが、いつぞやのリーグ戦と同様に今週は仕事が超ハードで疲労困憊のうえ、少々熱っぽさもあったので、会場に着いたのが第1試合が終わってからでした。
よく『這ってでも行く』という例えがあるけど、今日の自分はまさにそんな感じで・・・(ご指摘の計算ミスもその影響かな?)

そして、そんな体調ゆえ大事をとるのと、これまでの酷使でノドがブッ壊れて90分バモる事ができなくなってしまったので、明日もメインスタンドで観戦する予定です。

この期に及んで戦力になれず、恥ずかしさと申し訳なさでいっぱいで皆さんに顔を見せる事もできませんが、我々の気持ちは一つです。
立ち位置は違えど、お互い頑張って応援して、絶対に夢を掴み取りましょう!!
2010/12/04(土) 23:08:14 | URL | ぼー #-[ 編集]
こんばんは。昨日今日と仕事で行けませんでしたが、明日遅まきながら参戦します。
確かに条件では有利ですが、最悪の結果を免れただけですよね。一秒でも油断したら即入替戦だと思っています。
明日は故郷横浜に牙を向く覚悟です。
2010/12/04(土) 23:37:01 | URL | ifumio #-[ 編集]
勝利、おめでとうございます。
明日(もうまもなく今日)は私も臨海に行きます。微力ながら皆さまとご一緒に応援させていただきます。

体調、お大事に。
お会いできるのを楽しみにしています。
2010/12/04(土) 23:59:49 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
>ifumio様
お仕事お疲れ様でした。お互い大変ですね。。。
しかし、こうしてまとめて見るとウチはかなり有利ですが、90分負けの場合は一気に条件が悪くなるし、いずれにしても勝たなくちゃいけない事に変わりはありません。
実は、自分も両親は信州人ながら横浜生まれで小1まで暮らしていた自称“ハマっ子”(苦笑)なので、横浜には愛着がありますが、それとこれとは話が別。
是非とも90分勝ちで、堂々と上に行けるよう頑張って応援しましょう!

>パオロロッシ様
とんぼ返りでの千葉通いお疲れ様です。
昨日のそちらはちょっと残念だったけど、まぁ来年に期待しましょう。
こっちの方は、昨日は臨海のバックスタンド1階席をほぼ埋めるだけの声出しサポが集まり、メインスタンドの雰囲気も上々で、さながらウチのホームのような感じでした。
今日も大勢の長野サポで、かつての黄色をオレンジに変える“臨海ジャック”となる見込みですので、パオロロッシ様もお楽しみに。
そして、Jリーグでは絶対に味わえない“昇格”の喜びを是非とも体験していってくださいませ。
2010/12/05(日) 07:36:27 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.