ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
震災復興支援試合 vsアルテ高崎
東日本大震災から約1ヵ月、そしてパルセイロの試合を見るのも3月の壮行試合から1ヶ月振り。
今日はセンターポールに半旗が翻る南長野で、本来行われるはずだったJFL第5節と同じカードで震災復興支援チャリティーマッチが行われた。
s-写真00009

朝から降っていた雨はキックオフ直前に上がったものの、風が強く気温も低い生憎の天気だったが、東北の被災地も福島の原発も復興や事態収束に先が見えない中、まずはまたこうしてパルセイロのある週末が戻ってきた事に感謝し、今までと変わらず大好きなスポーツ観戦が平穏にできる幸せを噛みしめたい。

様々なメディアで被災者を励ます「がんばろう!」の言葉があふれ、実際に被災して辛い避難所暮らしを強いられている方々の事を思うと、こうして自分達ばかり楽しんで申し訳ない気持ちもあるが、そんな“哀れみ”な気持ちだけではいつまでたってもこの国は復興しない。

絶えず被災者の事を思い、電力の節約などをひとりひとりが実行するのはもちろんだが、一番大事なのは、無事な地域の人達は積極的に外に出てレジャーを楽しんだり買い物したりして(だだし買い占めはダメよ)、お金を動かし経済活動を活発にする事が日本を元気にして、それが巡り巡って東北や栄村の被災地にも好影響を与えていくんだと思う。

自分も、今月24日に開幕するJFLを思いっきり楽しんでパルセイロから元気をもらい、そのパワーで日々の仕事を頑張っていきたいし、7月に行われるソニー仙台とのアウェイ戦までに東北新幹線を始めとする鉄道網が復旧していたら、頑張って稼いだお金でまた泊りがけで仙台へ行って、復興の邪魔にならない程度に観光したり、牛タン食べたりお土産たくさん買ったりして東北の経済活動復興の一助になれればと思っている。

さて、今日の試合の方だが、前半に失点を許してしまったものの、後半に#23富所×2、#13藤田のゴールで3-1とアルテ高崎に快勝!
特に2得点をあげた富所選手は、『ドリブルスター』の異名の通り、ボールを持つと自分から積極的にドリブルで仕掛け思い切りシュートを打つし、1点目のゴールの時はそのままゴール裏に駆け寄ってアピールするなど、今までのウチにはいなかったタイプの選手で、来るべき本番に向けて非常に面白い存在になりそうだ。
s-写真00107

また、コーナーキックからあげた2点目の時は、ゴールを決めた藤田選手に前線に上がっていた選手全員が駆け寄って大きなオレンジのかたまりができ、その中心でマコがもみくちゃにされていたが、こういった光景も去年まではあまり見られなかったもので、この時期にして既にチーム全体が一つになっている証ともいえるんじゃないだろうか。
s-写真00129

と、得点に関してはどれも非常にいい形で決めており、見ているこちらも最高に気持ちよかったが、まだまだ課題も多いと感じたし、何よりJFLの厳しさが随所に垣間見られた試合だった。

今日対戦したアルテ高崎の試合は彼の地で何度か見た事があるのだが、フィジカルが強く、またヘタな小細工などせず真正面から力でぶつかってくるチームという印象を持っており、このチームとどれだけ戦えるかが、ウチがJFLでどれくらいやれるかを量る個人的バロメーターだと思っていたが、実際の対戦を見てみたら、やはり少しくらいのチェックでは簡単に倒れないし、ロングパスもしっかり通すし、ボールのトラップも正確だし、特に前半は相手の攻勢が目立ち、失点シーン以外でも危ない場面が何度もあった。

今日の試合に関してはあくまでもテストマッチなので、ウチも相手もスタメンにベストメンバーを出してきたかどうかは、自分が選手に関する情報に疎いので分からなかったが、いずれにしても、やはりJFLのチームは地域リーグとは訳が違う。
s-写真00083

また審判についても、特にゴールエリア内ではちょっと倒されたくらいでは簡単に笛を吹かないなど、ファールに対する基準が北信越リーグとは違う感じで、こんな事からも「上のカテゴリーに来たんだな」という事を実感する。

ただそのおかげで、公式戦で無いにもかかわらず去年までよりずっと見応えのある試合になったし、こういった試合が12月まで生で見られると思うと本当にワクワクする。

本来の開幕日の2日前に発生した大地震でリーグの日程が大幅に狂ってしまったが、“今度こそ”の歴史的JFLデビュー戦まであと2週間。
復興に向けて頑張っている被災地の方々に負けないよう、我々も思いっきりパルセイロを応援し、まずは地元・長野から元気にしていきましょう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。確かに、ぼーさまのおっしゃる通り、なかなか見応えのある試合でしたね。高崎の選手からはフィジカル、キックの制度、ボールの持ち方等、基本的なスキルの高さが伺えました。富所選手もやってくれましたね!独特のリズムを持った選手ですし、かなり期待しています。他の選手もミス等はあるにせよ、仕上がりは良さそうに感じました。細かいところを後2週間で修正してほしいですね。
後はサポーターですかね。皆さん熱心に観戦・応援されているのですが、やはりいいプレー、悪いプレーへの反応がまだまだ乏しい気がします。ただ、スタジアムには細かいいいプレーにまで拍手を送っているサポーターも所々でいらっしゃったので、そのようにサッカーの細かいところまで楽しめる観客がもっと増えれば、自然と熱も上がるし、スタジアムの雰囲気ももっともっとよくなるんじゃないかと思っています。パルセイロが他のJFLのチームと対戦することで、我々サポーターももっとサッカーを知り、より楽しめるようになることを期待しています。がんばりましょう!!
2011/04/10(日) 02:13:48 | URL | UCLA #-[ 編集]
UCLA様
富所選手は今回以外でも出た試合で必ずといっていいほど結果を出しており、本当に何か『持っている』選手ですね。
また、その他の新入団選手も、プレーや表情から気持ちの強さがにじみ出ており、どの選手も必ずやってくれると期待しています。
サポに関しては、今回は雨や寒さで条件が悪かったので、反応が鈍いのも仕方なかったでしょうね。
自分も、普段ならもう少し声をかけて応援していたけど、あの風と寒さで少々縮こまってしまいました。。。
それに、JFLのチームとの試合を見るのは大半のサポが初めてだったと思うので、「去年までとはちょっと勝手が違うぞ」と戸惑っていたのもあるでしょう。
シーズンが開幕してJFLのハイレベルなサッカーを見る回数が増えていくにつれ、観客の目も肥えてきて、今までの「勝って当たり前」的な視点から一歩レベルアップしたサポが増えてくるんじゃないかと思うし、長野のサポならそれができると確信しています。
そして、早くそうなるためにも、我々が率先して拍手したり声をかけたりして熱く応援し、試合やスタンドを盛り上げていきましょう!
2011/04/10(日) 09:17:31 | URL | ぼー #-[ 編集]
お疲れ様でした。
いよいよ次の次の週末にはパルセイロのJFL元年の始まりですね。

節電や募金は大事なことですが、単に「自粛ムード」だけでは何も良くならないと私も思います。
ぼーさんのおっしゃる通り、無事だった地域では経済活動を盛んにすることが、被災地の復興にもつながることですよね。

新しいシーズン、しっかり楽しみましょう・
2011/04/10(日) 21:14:47 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
そう、いよいよJFLの開幕も間近です。
本当に長い事待たされましたが、自分は過去6年間、クラブ自体は20年間この時を待っていたので、ここへ来ての1ヶ月少々の待ちは“誤差の範囲”ですね。
これから夏場にかけて、計画停電の影響で首都圏の交通網がどのようになるか分かりませんが、関東5チームへのアウェイ戦はできる限り足を運びたいと思っていますので、その時はまたよろしくお願いします。
2011/04/11(月) 07:59:48 | URL | ぼー #-[ 編集]
震災報道のおかげですっかり忘れられてますが、せっかく北関東自動車道も繋がり、長野から東北自動車道や常磐道まで行けるようになりましたからねえ。
2011/04/11(月) 10:42:41 | URL | やむっち #-[ 編集]
やむっち様
北関東道の全通も、本来ならもっと大々的に報じられてもいいはずなのに、震災報道の影でひっそりと開通した感じですね。
ただ、この道は我々信州人(特に東北信)にとっても“使える”道ですよね。
自分は基本的に県外遠征は鉄道利用ですが、栃木ウーヴァ戦は開通したての北関東道を使って車で行こうと思っています。
行きがけに佐野でラーメンでも食べてこうかな♪
2011/04/13(水) 22:10:17 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.