ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
JFL2011第2戦(前期第8節) vs松本山雅FC
先週華々しく開幕したJFLは、第2戦目にして早くも大一番の信州ダービーが実現。
自分は去年唯一のダービー(県選手権決勝)はレディースの応援に行っていて見られなかったので、一昨年のHFL以来2年振りのアルウィン参戦である。
s-写真00002

同じ県の2大都市のクラブ同士が意地とプライドで火花を散らすダービーマッチだが、ウチにとって松本は鬼門中の鬼門。
何しろ公式戦でウチが松本に勝ったのは、3年前の北信越リーグ最終節、PKで上げた1点を守りきって優勝を決めたアノ試合以来で、その後はHFL・県選手権・全社北信越大会・全社全国大会と、引き分けをいくつか挟んで、えーっと、ひぃ、ふぅ、みぃ・・・・・って一体何連敗してるんだっ?!?!

と、決してチーム力自体は大きく劣っている訳でもないのに、ナゼか本当に何度やっても勝てない相手ではあるが、こうして1年遅れて同じカテゴリーに追い着いたからには、是非とも敵地でこれまでの借りを一気に返したいところだったが、その結果は以下の通り。

松本山雅FC 2(1-1・1-0)1 AC長野パルセイロ
s-写真00076

今日は試合前から強風が吹き荒れる難しい天候だったが、コイントスに勝って選択したのか負けてそうさせられたのか、前半は長野が風上でコチラ側に攻めてくる優位な条件。
そんな“先手必勝”な条件で何としても先取点が欲しかったが、なんと前半4分に、早いパス回しからゴール前フリーで受けた#7土橋が冷静にゴールを決め、ビックリするくらいあっけなくウチに得点が入る。

おそらく長野の中で最もダービーに強い思いのあるヒロの見事な先制弾に、アウェイ観客用に唯一割り当てられたゴール裏のスタンドに入ったパルセイロ・サポは大興奮!

その後も概ねウチのペースでボールが回り、逆に松本の方は連携がうまくいかずイライラしてラフプレーが出るような場面もあったが、30分を過ぎた辺りから徐々に向こうも攻撃が噛み合い出し、3分という前半にしては長いロスタイムに入ってすぐ、現在の松本で信州ダービーを最もよく知る男、#6今村選手に手痛い同点弾を決められてしまい、何となくイヤな空気を残したまま後半へ。

そして、強風に雨も混じるようになり文字通り“風雲急を告げる”感じとなった後半は、前半最後の流れがそのままに、風上に立った松本がボールを支配し何度と無くシュートを打たれるが、ウチも守護神#1諏訪のファインセーブもあって何とか踏ん張り、両者無得点のままロスタイムへ。
何しろ劣勢だったので「このままドローでも御の字・・・」と願っていたが、その願いも虚しく、松本の二枚看板、木島ブラザーズの弟・#13徹也選手に決勝ゴールを決められ万事休す。

結局、今回も松本に土をつけることは出来なかったが、それにしても毎回思うのだが、ナゼかこのカードでのウチの“負けっぷり”は精神的に堪えるものばかりだ。
今日も前・後半のロスタイムに失点するという、あまりにもアチラにとって“出来過ぎ”のシナリオで、勝った松本サポや興味深く傍観していた第三者にとっては最高に面白い試合だったと思うが、負けた当事者としては、毎度毎度お約束のように正義のヒーローにミジメにやられてしまうドクロベエ一味(byヤッターマン)のようで何ともやりきれない。

ただ、ここでちょっと冷静になって考えてみると、今までのダービーは勝ち負けが『昇格』とか『天皇杯出場』という大事な目標に直結する試合ばかりだったが、今回は12月まで続く長丁場のリーグ戦の中の1試合にすぎず、ここで負けたからといって生きるの死ぬのの問題ではない。

そりゃ自分だって、テレビやラジオで全県に中継され全国のサッカー関係者から注目されるダービーにこんな劇的な結末で負けるのは本当に悔しいが、まだリーグ戦は2試合しか消化されていないし、もう3日後には次の試合がある訳だから、ここは『全33試合の中でいくつかある負け試合の中の一つ』と割り切り、気持ちを切り替えて前だけを向いていきましょう・・・ってそう思わなきゃ気持ちも体も12月までもちませんぜ。。。

それに、相手が松本だから悔しさも増幅されるけど、モノは考えようで、JFL新入生のウチが去年7位の強豪チームと互角に渡り合えたと思えば、今後に向けて希望も湧いてくるでしょう。
事実、これまでは松本の気迫に気圧されて攻守共に空回りしてしまうもどかしい試合ばかりだったが、今日は『がっぷり四つ』という言葉が相応しいくらい、内容的にも気持ち的にも決して相手に引けをとっていなかったと思う。

これから毎週どんどんやってくる試合の中で、様々なチームとのガチンコバトルでチーム力を上げていき、7月に行われるリターンマッチの時には、松本の皆さんにグッと大きく成長した姿を我等がホーム・南長野でお見せしようじゃありませんか!
s-写真00052

さて、次節・5月3日は南長野に栃木ウーヴァFCを迎えての第3戦。
ここまでの2戦は、開幕戦やダービーといった何となく“お祭り気分”の特別な試合ばかりだったが、ようやく次節からは選手もサポも腰を落ち着けて試合に臨めるんじゃないだろうか。

繰り返すけど、リーグは全33試合の長丁場だし、ウチはJFL1年生のヒヨッ子だ。
たかが一つくらい負けただけで大げさに落ち込んだりせず、『DO OUR BEST』の精神でひたすら前を向いていきましょう。

では最後に今日の締めの一言・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

あ"~、でもやっぱり悔しいっっ!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
雨は降ってくるし、帰りの車は渋滞するし、あんまりいいことなかったなあ。

まだ出番のない選手達も苦しいんでしょうね。
2011/04/30(土) 22:35:27 | URL | 某コテ #mQop/nM.[ 編集]
遠征、お疲れ様でした。
「この相手」に負けると本当に悔しいですが、まずは早く切り替えて次のホームでの試合に臨んでほしいですね。
2011/05/01(日) 08:33:32 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
某コテ様
全く、試合終了後の周辺道路の混雑ぶりは尋常じゃなかったですよね。
自分も駐車場に着いてから塩尻北ICに乗るまで2時間近くかかっちゃいました。
次の試合までは間が無いので、次節は今まで出番のなかった選手が出てきそうですね。・・・っていうか、今年はどの選手が出ても実力的に遜色ないので、是非ともそうして欲しいものです。

パオロロッシ様
全く、何で松本にはこうも勝てないんでしょうね~・・・
まぁ、同じチームに屈辱的に負け続けるのは、自分の場合は同じ色した冬の某チームで散々鍛えられていますが(苦笑)、必死になって応援している他のサポーターのためにも、後期のダービーではなんとか結果を出してほしいものです。
2011/05/01(日) 10:18:54 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.