ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
復興列車は行く!
今日は久し振りにスポーツ観戦記以外のネタを。

衝撃の東日本大震災の僅か半日後に発生した、長野県北部を襲った直下型大地震。
その被災の象徴的な映像として、飯山線の路盤が崩れてレールが宙ぶらりんになっているシーンが大きく取り上げられていたが、その区間が先月末に復旧して全線で運転を再開したというニュースを見て、仕事が休みでスポーツイベントも無い今日、気になる被災地の復旧の状況を見がてら、飯山線に乗っての小旅行に行ってきた。

そもそも飯山線は、ほぼ全線で千曲川(新潟県に入ったら信濃川)に沿って走る風光明媚なローカル線で、個人的にも何度乗っても飽きない大好きな路線だったので、今回の災害を機に存廃問題にまで発展しやしないかと非常に気になっていたが、そこはさすが天下のJR東日本、あれだけの状況から僅か1ヶ月そこそこで列車を走らせるまでにしたとは本当に恐れ入った。

さて、長野を10時15分に出発した2両編成の普通列車十日町行きは、豊野から飯山線に入ると、非電化ローカル線らしいノンビリした速度で黄砂に煙る千曲川沿いの“ニッポンの原風景”の中をトコトコと走っていき、戸狩野沢温泉駅で後ろの車両を切り離して1両きりの身軽な姿になると、いよいよ“問題”の奥信濃へ。

この駅から北は山と川の間の僅かな平地や崖沿いを行く急峻な地形だが、それでも飯山市域では沿線に目立った被災は無かったものの、西大滝駅を過ぎて栄村に入ると、民家の壁にブルーシートが張られていたり、新聞にも大きく載った土砂崩れで破壊されたスノーシェッドが遠くに確認できたりと、徐々に被災が目に見えるものになってきて、被害が大きかった横倉駅でほとんど平行四辺形にひしゃげた家を見た時は、おもわず「うわっ」と声を上げてしまった。
s-DSC_2325.jpg

そして、問題の“レール宙吊り”区間に入って車窓を注視してみると、新たな盛土で路盤もしっかりと甦っており、そこに敷かれた真新しいバラストが全線復旧を力強くアピールしているようで、こちらも安心して思わず顔がほころんでくる。
s-DSC_2328.jpg

そんなこんなで、栄村の中心駅・森宮野原に11時59分に着くと、対向列車との行き違いも兼ねて10分間の小休止となったので、自分も途中下車して構内を散策。
震災時はこの駅のホームも大きく崩れてしまったとの事だが、その痕跡がほとんど分からないくらいしっかりと復旧されていた。
s-DSC_2330.jpg

自分はこのまま終点まで乗り通してしまうが、栄村のために何かしなくてはと思い、駅舎に入っている物産館で『とちの実せんべい』320円ナリを購入し、本当に僅かではあるが地元の経済活動に貢献。(・・・したかな?)
このせんべい、帰宅してから早速食べてみたのだが、とても香ばしくて何だかクセになる美味さで、手軽なお土産としてオススメです。
s-DSC_2336.jpg

結局その後、“乗りテツ”の血が騒いで十日町から終点の越後川口まで行き、上越線で六日町へ出て、ほくほく線に乗って直江津経由で長野へ戻ってくるという、ちょうど『∞』形のルートで“鉄分”たっぷりのワンデートリップを満喫。(経路が分からない人は時刻表の路線図で確認しましょう。)

今回は飯山線に乗り通しだったので、ライフラインの状況や被災地の核心部がどうなっているかまでは分からなかったけど、少なくとも鉄道沿線に関しては、思ったよりも早く復旧してたようで一安心だった。
それに、今日乗った列車は戸狩以遠の乗客数が両手の指で足りるくらいで、タイトルの“復興列車”という呼び名はちょっと大げさだったかもしれないけど、こうやって列車が走るいつもの日常が戻った事は、地元の人達にとってもきっと心強い事だろう。

先の信州ダービーでも試合前に両チームのサポから『栄村』コールが起こったけど、長野県中の人達が栄村の一日も早い復興を願っているので、まだ不自由な生活を余儀なくされている方々も、どうか頑張って日々の生活を送ってもらいたいと思う。

それから、こうして飯山線も、そして国道117号線も、いくらか規制はあるけど問題なく通れるようになっているので、時間があったら栄村まで足を延ばして、ノンビリ観光したり買い物したりしてみませんか?
今の時期の飯山線は、桃やリンゴや菜の花が一斉に咲いていて華やかだし、線路脇の畔にはふきのとうやカタクリの花も咲いていて、本当に心が癒されますよ。
s-DSC_2331.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
東日本大震災の影に隠れてしまった感のある栄村の地震、地元の方々が早く普通の生活を取り戻されることを願っています。

しかし、飯山線、復旧していて良かったですね。ぼーさんの文を読んでなんだか乗ってみたくなりました。
2011/05/02(月) 23:42:09 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
自分が見たのはほんの僅かで表面的な部分だったけど、こうして実際に現地を見てみると、被災した方々への応援にもより力が入ります。
東北新幹線も飯山線と同じ時期に全線復旧したし、栄村や東北の皆さんには、これを励みにして頑張ってほしいですね。

そして、飯山線は本当にいいですよ~。
一番のハイライトである栄村を走る区間は運行本数が少なくなるけど、上越・長野新幹線と組み合わせてうまく計画を立てれば、東京から日帰りで手軽に本格的なローカル線の旅が楽しめます。
今の時期は『北国の春』が満喫できて最高だし、逆に雪深い冬に来るのもオススメです。
“ニッポンの原風景”に触れに、また栄村や鉄路復旧に尽力したJRを応援する意味でも、是非とも飯山線にお出かけくださいませ。
2011/05/03(火) 09:13:14 | URL | ぼー #-[ 編集]
おお、あの宙ぶらりんがヽ(゜∀゜)ノ綺麗に復旧しましたね!
県内ですら(´・ω・`)震災直後しか報道されなかったから、復旧のニュースはホントに嬉しかったっす。(・∀・)

で、トチの実|ω゜)気になります。
以前、群馬の上野村の道の駅でトチ餅を買って食べましたが(*´∀`*)あんなに美味いとは…
2011/05/03(火) 20:30:40 | URL | やむっち #-[ 編集]
やむっち様
飯山線大好きな鉄ヲタとして全線復旧のニュースを聞いた時は本当に嬉しくなり、その場で「何の予定も無い5/2に乗りに行こう!」と即断しちゃいました。
改めて、こんなに早く復旧してくれたJRに感謝です。

で、とちの実ですが、要はドングリなのでそれ自体は結構エグ味があるから、餅に練り込むとその味が残ってしまうかもしれないけど、煎餅は炒った実を細かくしたものが小麦粉の固焼き煎餅の中に入っているので、エグ味はほとんど無くて香ばしさが際立った感じです。
是非とも、栄村の道の駅あたりで買ってお試しくださいませ。
2011/05/03(火) 22:44:21 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.