ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
JFL2011第9戦(前期第16節) vsFC町田ゼルビア(+レディース試合雑感)
町田に行こうか? 宮城に行こうか? ・・・・

トップとレディースの試合が重なる今日は、どちらの応援に行こうか1週間ウダウダと悩んでいるうち、宮城のキックオフに間に合う東北新幹線の列車が満席となってしまい、必然的に町田行きが確定!・・・という何ともしまらない結果に。

レディースの選手達、応援に行けなくて本当に申し訳ない。
あぁ、こんな優柔不断なサポを許してください・・・(←うるさいストーカーがいなくて逆にせいせいしてたりして。。。)

という訳で、先週に引き続いての関東遠征は、新宿から小田急線に乗って約40分の鶴川駅から、青い衣装に身を包んだゼルビアサポと呉越同舟のバスに揺られ、最寄バス停から風情ある竹林の間の急坂をひーこら喘ぎながらやってきました、森に囲まれ東京とは思えないほど自然豊かな“野津田”こと町田市陸上競技場。
s-写真00003

個人的にJFLに上がっての対戦を待ち望んでいたクラブチームの雄・FC町田ゼルビアとの試合結果は以下の通り。

FC町田ゼルビア 2(1-1・1-1)2 AC長野パルセイロ

今回胸を貸していただく町田もウチと同じく攻撃的サッカーをウリにするチームだけに、キャラが似通った者どうし、お互いの意地とプライドが真っ正面からぶつかった、ノーガードの撃ち合いのような最高に面白い試合だった。

前半11分、町田の早いパス回しでウチのディフェンスラインがズルズルと下げられ、最後はセルビアからゼルビアに来た(ややこしい?)助っ人、#10ディミッチ選手に決められ町田が先制すると、ウチも40分、#10宇野沢がサイドからドリブルを仕掛けて自らゴール前へ斬り込んでいき、相手DFがたまらずエリア内でファールして得たPKを自ら決めて同点に。
s-写真00084
※この写真のプレーの直後に倒されてPKゲット! ウノ、グッジョブ!!

そして後半は22分、前半の失点シーンと同じような速攻で中央を崩され、45度からのミドルシュートが#21加藤の指先を僅かにかすめてファーサイドのネットに吸い込まれ、非常に悔しい追加点で再びリードを許すも、30分にパスカットからのカウンターでエリア内に切れ込んだ#3大島が倒されて二度目のPKをゲットし、またもや宇野沢が決めて再びの同点!!

結局このままタイムアップとなり引き分けに終わったが、今日のウチは失点を許しても気落ちする事なく積極果敢に攻め上がり、スコアリングチャンスも90分通しての運動量も相手を上回っており、青く染まったアウェイの地で、相手のお株を奪うような見事な攻撃力と、最後まで諦めず泥臭くゴールを狙う執念を見せてくれた。
s-写真00078

チャンスは多かったもののあと一歩決めきれなかったり、相手GKのファインセーブなどで本当に惜しい場面があったりで、勝てそうな試合だったのに・・・という悔しさもあるが、前節の“完敗”を払拭するように選手達が気持ちのこもったプレーを90分間やり遂げ、非常に価値ある“勝ち点1”をたぐり寄せたとポジティブに考えた方がいいだろう。

そして一方の町田も、ボールを持った時の攻撃力はさすが去年3位につけただけの事はあり、そのスピードやコンビネーションには敵ながら「上手いな~」と見入ってしまうほどのキレ味があった。

そんな感じで、両者がお互いの持ち味を惜しみなく出し合ったガチンコ勝負は、両チームのゴール裏の応援合戦と相まって、サッカーの醍醐味を存分に味あわせてくれたナイスゲームで、バックスタンドに陣取った長野サポも、挨拶に来たパルセイロの選手達に「よくやった!」と賞賛の声をかけていたし、同じくこちらサイドに挨拶に来たゼルビアのメンバーにも惜しみない拍手を送っていた。

このカードのリターンマッチは、我等がホーム・南長野で10月30日に開催される。

町田にとっては、ホームで新参者にPKを2本も献上して勝ち点2を失ったという悔しさや、自慢の攻撃サッカーを相手にやられたという思いからリベンジに燃えてくるだろうし、ウチもホームの試合で相手の攻撃に防戦一方なんて無様な試合を大勢の地元サポに見せられないという意地もあるだろうから、その時もまた、今日のような“力対力”の手に汗握る試合を展開し、今日来られなかったサポやまだサッカーに馴染みのない長野の人達に、サッカーの面白さを伝えてくれる事を大いに期待したい。
s-写真00070


そして、町田に先立って11時から行われた宮城でのレディースの試合結果は・・・

常盤木学園高校 4(2-0・2-0)0 AC長野パルセイロ・レディース

やっぱり・・・というと選手達に失礼だが、残念ながらこれが今のウチの実力。
HPの公式記録を見てみても、シュート数でも5本対21本と圧倒され、厳しい試合となってしまったようだ。
ただ、ここで悲観しても事が好転する訳じゃなし、前回の長野での対戦の時は1-9と惨敗していたのが、アウェイで4失点に“抑える事ができた”と、無理矢理こじつけてでも良い方に捉えて、気持ちを切り替えて前へ進んでいこう。

レディースの次節は、現在勝ち点1差の“直近のライバル”であるノルディーア北海道と、札幌での直接対決。
CLE残留を掛けた非常に大事な戦いだけに、こういう試合こそ飛んで行って直接応援してやらなければならないのに、長野と札幌の距離はいかんともしがたく、選手達には寂しい思いをさせて本当に申し訳ないが、遠く長野の地で勝利を祈っているサポがいる事をどうか忘れずに、今月いっぱい続いたアウェイ4連戦“死のロード”の最後を勝利で締めくくり、笑顔で長野に戻って来てほしいと切に願っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も野津田球技場に行ってきました。
野津田車庫前のバス停からの急な坂道&竹林はインパクトありました。
試合はぼーさんが詳しく触れているので感想は書きませんが、
点が入り観ていて面白い試合でした。
やはり、最後のシュートが決まっていたら劇的だったでしょうね。
2011/06/19(日) 23:48:55 | URL | 某コテ #H6hNXAII[ 編集]
なんか、審判のジャッジがアレだったとの噂を聞きましたが…
2011/06/20(月) 11:26:46 | URL | やむっち #-[ 編集]
某コテ様
自分も人の流れに沿ってあの道を歩いていったのですが、スタジアムに向かうとは思えない狭く急な裏路地と鬱蒼とした竹林には驚かされました。
でも、竹林なんて長野では滅多に見られないし、周辺の森と合わせて、来年は少し早く来てブラブラ散歩してみたいと思うほどいい環境でした。
そして試合も、本当にサッカーの面白さが濃縮された内容でしたね。
あの最後のノザのシュート、いったと思ったんだけどね~・・・
この試合を契機に、JFLで、そして将来はJリーグで、「長野vs町田の試合は超攻撃的で面白い!」と人気の出る名物カードに成長してほしいと感じました。

やむっち様
個人的には、とにかくスリリングでスピーディーな試合展開に見入ってしまい、ジャッジについてはあまり気に留めませんでした。
まぁ、全体的に見れば、とにかく去年までいたリーグがアレだったので、今年のソレについては、あまりナニだと感じませんね~・・・って、分かりました??
2011/06/20(月) 20:11:01 | URL | ぼー #-[ 編集]
遠征、お疲れ様でした。
夜の横浜でのジェフの試合とかけもちしたいと思ったのですが、やはり時間的に無理そうで、断念したのが残念です。

野津田は昨年、リザーブズの試合で行きました。昨年は鶴川駅からスタジアムまで直行シャトルバスがあったのですが、今年はなくなってしまったんですね。

秋のホームでの試合も良い試合になるといいですね。もちろんパルセイロの勝利で!
2011/06/20(月) 20:39:18 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
野津田と三ツ沢、かけもちできそうに思ったけどダメでしたか・・・
やっぱり、ちょっと野津田は駅から遠いですからね。
野津田のあの立地では、将来的にはシャトルバスがないとちょっと厳しいものがあるかもしれませんが、野津田車庫のバス停から会場までの小路は本当に雰囲気が良くて、急な上り坂である事以外は自分も大いに気に入りました。
もし将来直通シャトルバスができても、自分なら路線バスであの小路を通って会場入りするかも・・・
パオロロッシさんも、もし他に予定が無い週末など、贔屓チームのカードでなくても、ちょっと隣町までピクニック気分でゼルビアの試合をブラっと見に行かれてはいかがでしょう。
2011/06/21(火) 08:05:30 | URL | ぼー #-[ 編集]
今さらなんですが、私は三ツ沢とハシゴしましたよ。
町田で試合終了後、すぐに竹林を下ってバスで町田駅へ。
バスに乗っている時間が結構掛かったのですが、
横浜駅からバスに乗って三ツ沢グラウンドへ。
三ツ沢は試合開始15分前くらいには着きました。
2011/06/26(日) 21:23:46 | URL | 某コテ #mQop/nM.[ 編集]
某コテ様
三ツ沢とのハシゴ、やっぱりできましたか。
試合開始ギリギリの到着との事なので、野津田を出る時間やルート選択を誤ればダメだったかもしれないけど、掛け持ち可能な事が証明されましたね。

という訳でパオロロッシ様、来年もし同じような機会があったら、今度は掛け持ちにトライしてみてくださいね!
2011/06/26(日) 22:10:07 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.