ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
蔵出し写真展 6/26JFL前期第17節vsMIOびわこ草津
この前の町田戦はあまり良い写真が撮れなかったのでお休みしていたが、今回はやらせていただきます、蔵出し写真展。

s-写真00001
MIO側のゴール裏の片隅に、今年の選手のものと一緒に去年まで使っていた谷口浩平選手と浦島貴大選手のダンマクも張られており、MIOサポの両選手に対する「敵になったけどガンバレ!」という熱いエールが伝わってきて、敵味方関係なく愛する選手を応援するその心意気に静かに感動した。
谷口・浦島両選手とも、本当にMIOサポに愛されていたんですね。
この日後半開始から登場した浦島選手の活躍も、もしかしたらこのダンマクのおかげかも・・・
そして、今回は残念ながらベンチ入りできなかった谷口選手も、彼らのエールに応えて是非とも試合で輝いてほしいと願っている。

s-写真00112
そして、今回はやはりこの選手を取り上げない訳にはイカンでしょう。
改めて、移籍後初ベンチ・初出場からいきなりの攻守にわたる活躍で、後半のゴールラッシュを影で演出した、う・ら・しーまたか・ひ・ろっ!!
ところで今だから言う訳じゃないが、自分はオーセンユニにはサポーターズナンバーの12番を付けているが、今年もし選手の番号を付けるとしたら17番を選んでいたかも・・・というくらい、浦島選手に期待をかけていた。
やはり、当日の記事の冒頭で書いたように、どんな相手にも真っ向勝負のMIOで地域リーグ時代からプレーしていたという事で、その気持ちの強さに惹かれるものがあったのだ。
浦島選手の本職であるボランチは、各ポジションで競争のあるウチの中でも一番の激戦区で、この活躍で即レギュラーを取るのは難しいと思うが、MIOのダンマクに書かれている通りの“日々努力!”でチーム内のライバル達と切磋琢磨し、また出場の機会があったらチームの勝利のために活躍してほしいと願っている。

s-写真00142
浦島選手の活躍と共に、もう一つの嬉しい結果・#11富岡大吾選手の今季初ゴールの後で、#3大島・#14高野両選手に挟まれて満面の笑み。
ここではゴチャゴチャ能書きは申しません。
男達の最高に素敵な笑顔をじっくり堪能しましょう。

s-写真00174
試合終了後のピッチ内で旧交を温めあう、MIOの#15鑓田志郎選手、ご存知、元パルセイロの愛されキャラ。
去年のSC相模原を経て今年MIOに入団した鎗田選手は、残念ながら出番こそ無かったものの、メインスタンドのパルサポから「ヤリちゃ~ん、久し振り!」と声をかけられて、ニコッと人懐っこい笑顔を浮かべながら丁寧に挨拶する様は相変わらずで、とにかく元気そうで何より。
そして写真のシーンでは、かつての仲間達と楽しそうに話し込んでいる姿がとても印象的だった。
因みに、他の選手が去った後、最後までその場に残ってツーショットで話していたのはやっぱり、かつての恋人・・・も、もとい、一番の親友だった高野選手でした。(「やっと二人っきりになれたね」なんて話してたりして・・・)
MIOでも似顔絵入りのダンマクがあったし(ヤリのダンマクを中央の目立つ位置に張り出したMIOサポのお心遣いに感謝!)、滋賀でもきっと選手やサポ達に愛される存在になるだろう。
そして、ベンチなんかに甘んじていないで是非とも試合に出場し、その愛くるしい笑顔とは正反対の闘志溢れるプレーで大いに活躍してほしい。

・・・でもウチとやる時は、あんまりウチの選手削らないでね。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
チームを離れた選手も応援してあげたいという気持ちのMIOサポーターの方々の弾幕、いいですね。
Jリーグだととかく殺伐としがちですが、「こういうのはいいなあ・・・」と思いました。

谷口、浦島両選手も、鑓田選手も頑張ってほしいですね。
2011/06/28(火) 23:48:34 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
本当にあのダンマク掲出は素晴らしい光景でした。
自分の応援するチームに不利になる行為にもかかわらず、そんなちっちゃな損得勘定を抜きにして選手を思うMIOサポの心意気、我々も大切にしていかなければなりませんね。
2011/06/29(水) 12:24:41 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.