ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
JFL2011第14戦(後期第4節) vsソニー仙台FC
地上波アナログ放送が遂に停波となるメモリアルなこの日、メタリックグリーンが鮮やかな東北新幹線『はやぶさ』に乗って、やってきました杜の都・仙台。
まだ所々に震災の傷跡が残っているものの、復興に向けて力強く進んでいる現地に降り立つと、こちらも自然と気持ちが引き締まる思いだ。

そして、地下鉄の終点から徒歩数分というバツグンの立地にあるユアテックスタジアム仙台に入ると、全周を白い屋根で被われたスタンドは実に美しく、しかもピッチが非常に見やすく、立地・外観・機能と全てにおいて最高の環境で、コンコースからスタンドに入った瞬間はあまりの美しさに思わずうっとりと見とれてしまった。
s-写真00014

このスタンドが、ベガルタの試合では全面黄金色に染まるんだ。
ウチもいつかは、こんな素晴らしいスタジアムが持てるようになれたら・・・と夢は大きく膨らむが、今は目の前の試合が大事。
ここで勝つと負けるのとでは今後に向けて大きく流れが変わってくるし、是が非でも勝って帰るゾ!!と気合を入れて臨んだ試合の結果は以下の通り。

ソニー仙台FC 0(0-1・0-1)2 AC長野パルセイロ

前節で薩川監督に「質!質!質!質っ!!(怒)」と激しくダメ出しされて選手達も気持ちを引き締めか、ウチは立ち上がりから流れるようなパスワークが久々に決まり出して積極的にゴールに攻め上がり、対するソニーもウチに負けず劣らずきれいなパスをつないでウチのゴールを脅かすという、全体的に攻守の切り替えが早いスピーディーでスリリングな展開で、この素晴らしいスタジアムで繰り広げられる質の高い試合に、見ているこちらも思わず引き込まれてしまうようだ。

そんな中、先制したのはパルセイロ。
前半31分、コーナーキックが起点となって、ゴール前の混戦から最後は今日先発出場の#15寺田がゴール!・・・と思ったら、公式記録ではオウンゴールとの事。
s-写真00030

記録上は自らの得点とはならなかったが、しかし今までウチのコーナーキックからはあまり点が入る可能性を感じず、前節の“蔵出し”でもセットプレーからの得点を増やすよう注文を付けたところ、次の試合で早速結果を出してくれて喜びもひとしおだ。

その後もお互いが攻撃を仕掛け合うテンポの良い展開は変わらなかったが、後半に入ると少しずつウチに優勢な流れとなっていき、後半26分、途中出場の#24藤井のドリブル突破が起点となり、最後は#19向の放ったシュートが相手選手に当たってコースが変わりゴールに転がり込むオウンゴールで追加点!
s-写真00077

これで勝負は決定的となったが、なおも#23富所を投入するなど積極的な攻めの姿勢を見せ、終了間際のピンチも#21加藤のファインセーブで切り抜けて、ユアスタという最高の舞台で見事な完封勝利を成し遂げた。

ここ数試合は、ハッキリしないプレーで勝ち切れなかったり、勝ってもウチらしくない個人技に頼ってのものだったりと、イマイチ内容が伴わない試合が多かったが、今日は攻撃の連携もうまくいったし、守備もソニーの素早い攻撃に落ち着いて対応していたし、久々に出場した寺田と藤井が揃って活躍したし、それ以外の選手達もそれぞれ自分の持ち味を出して皆しっかり“仕事”をしたし、危ない場面やあと一歩決め切れない場面もあるにはあったが、自分が見た中では都田でのHonda FC戦と並ぶ今季ここまでのベストゲームといってもいいんじゃないだろうか。

そして対戦相手のソニー仙台も、小気味よい攻撃とクリーンなファイトの素晴らしいサッカーで、さすがは長年JFLで“門番”として君臨している名門企業チームと唸らされた。
今年は今日の1試合しか対戦できず残念だが、震災後の厳しい環境を乗り越えて勝利を重ね(←ウチとの対戦が終わったから言える事デス。。。)、是非ともJFLに残留して、来年も今日のような素晴らしい対戦ができるのを心待ちにしている。
s-写真00017

さて、来週は南長野にV・ファーレン長崎を迎えての試合となる。

前期のアウェイ戦では2-0と今日と同じスコアで勝たせていただいたが、勝ち点もウチと同じで得失点差もほとんど互角など実力的には決して侮れないし、向こうも前期の借りを返そうとフルアタックで向かってくるだろう。

そしてウチも、せっかく良い内容で快勝してもその流れが持続しないところが連勝できない一番の要因であり、その意味でも来週はウチの真価が問われる試合になると思う。

今日の結果でウチは勝ち点を25にして一気に2位に浮上したが、10位の金沢が勝ち点22、もう少し範囲を広げて13位の栃木が勝ち点18と、まさに“ダンゴ状態”の大混戦であり、一つの結果で激しく上下する現状の中では今現在の順位なんてあって無いような物だから、まだリーグも半ばのこの時期は順位の事なんて二の次で、それよりも一戦一戦の試合内容を充実させ勝ち点を着実に積み重ねていく事が重要だろう。

そういった意味も含めて、今日の快勝を無駄にしないためにも、来週も今日と同じような素晴らしい試合で、今度こそ今季初の連勝を飾りましょう!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
仙台遠征、お疲れ様でした。
JFLの公式サイトでは、寺田、向のゴールとなっているようです(^-^)/
自分は試合を見れませんでしたが、
競った良い試合だったようですね。
普段はベンチを温めていた選手が活躍したのも嬉しいです。

ぼーさんのおっしゃる通り、次節がとても大事です。ホームで今度こそ連勝し、波にのっていってほしいですね!
2011/07/24(日) 21:49:15 | URL | NNMRN #-[ 編集]
快勝、おめでとうございます。
そして遠征お疲れ様でした。「はやぶさ」乗られたんですね♪

私は今日は西が丘に行っていましたが、ハーフタイムの「他会場の結果」でパルセイロの勝ちを聞いて喜んでいました。
次節も良い流れを維持して勝って下さいね!
2011/07/25(月) 00:20:58 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
NNMRN様
コメントありがとうございます。
わざわざ新幹線に乗って行った甲斐がありました。
肉眼で見た限り、特に2点目は相手DFに当って入ったのがハッキリ見えたのでオウンゴールでも仕方ないと思っていましたが、“疑わしきは選手のゴール”と記録するのは、ゴールしたに側もされた側にも良い判断だと思うので、公式記録員はグッジョブでしたね。
とにかく、控えだった選手がノビノビ活躍するのは嬉しいですよね。
この調子で、今度こそ(何回目の正直だ?)連勝して波に乗ってほしいものです。

パオロロッシ様
いや~、『はやぶさ』はよかったですよ。
実物は写真で見るより迫力があってカッコよかったし、乗り心地も最高だったし。
まぁ、当然『グランクラス』ではありませんでしたが。。。
ジェフリザも、苦しい戦いが続いていますね。
同じ“犬好き”として、またかつてウチ(長野エルザ)を踏み越えてJFLに上がったチームとして、ジェフリザにも是非とも頑張ってほしいものです。
2011/07/25(月) 12:27:28 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.