ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
JFL2011第24戦(後期第12節) vsMIOびわこ草津
先週のアウェイ戦は、カマタマーレ讃岐に破れ昇格後初の連敗。
絶対に勝ちたかった同期対決だっただけに、この敗戦はある意味松本に負けたより悔しいが、今までが順風満帆に行き過ぎていただけに、連敗した事自体は仕方のない部分もある。
しかし、新聞記事によると消極的な戦いで“負け方”が良くなかったようだし、それに加えて#3大島が黄紙2枚で退場し今節出場停止、#2籾谷が負傷で戦線離脱と人的損失もあり、怪我の治療で長期離脱の#22小川と共に、安定感ある守備を支えるCBが3人もいなくなるという非常事態に陥ったパルセイロ。

そんな、昇格以来最大のピンチを乗り切るためにも、残った選手達は気持ちを奮い立たせ、是が非でも勝利を掴み取ってほしいと祈るような気持ちで向かった、滋賀県は東近江市の布引グリーンスタジアム。
心配していた雨も朝方には止み、日も射してこの時期にしては若干の蒸し暑さも感じる気候の中で行われた試合の結果は以下の通り。

MIOびわこ草津 3(1-0・2-1)1 AC長野パルセイロ
s-写真00003

見事なまでの完敗。。。
正直、こんなに大差で負けるとは思っても見なかった。

この悲惨な結果をもたらしたものは、ズバリ“気持ち”の差だと自分は見た。

元々MIOは気持ちの強いチームではあるが、引き分けを挟んで6連敗と7月から勝ちに恵まれず、遂には監督解任という辛い出来事を経験した中で、「2位がナンボのもんじゃ!今日こそは絶対に勝ってやる!!」という更に強い気持ちが全ての選手から強く伝わってきて、風上にエンドを取ると「先手必勝!」とばかりに激しくプレスをかけ、ゴールに向かってグイグイ積極的に攻めていく。
s-写真00042

それに対してウチは完全に受け身になってしまい、ほとんどウチのサイドでボールが回る予想外なハーフコートゲームの展開に。
そして早くも前半8分、中途半端な守備の対応からボールを高い位置で奪われると、フリーの状態からあっけなく先制点を取られる。

この失点でウチの選手達も目を覚ますかと思いきや、元気が出てきたのはMIOの方で、ヒヤッとするシュートを何本も撃たれ、その勢いにウチの煮え切らないプレーが一層際立って見えてくる。
s-写真00054

この流れはハーフタイムを過ぎても変わらず、後半開始早々の5分、またしても守備陣の連携ミスでボールを取られると、まさかこんなところで奪われるとは思わずに前へ出ていた#21加藤の頭上を越えるループシュートが無人のゴールに吸い込まれ、反撃の出鼻を折られる2失点目。

それでも、ここからウチもようやくエンジンがかかり出し(←遅せぇーよ!)、後半23分、相手のクリアが途中出場の#11富岡の足に当たり、そのボールが前に出ていたGKの脇をすり抜けてコロコロコロコロと力無く転がりながらガラ空きのゴールに転がり込む、超ラッキーにして何とも不細工な“ミドルシュート”(?)で1点返すと、前半は全く打てなかったシュートもぼちぼち出てきてMIOのゴールを攻め立てるが、相手GKのファインセーブに阻まれてなかなか追い付く事ができず、逆に後半40分にカウンターから結果的な3失点目を喫し万事休す・・・・

ところで、今日も長野から沢山のサポーターが遠く近江の地まで駆けつけていたが、こんな無様な試合を見せられて「骨折り損だった」と思いながら、ガックリ肩を落として帰路についた人が大半じゃないだろうか。

でも自分は、決して強がりでも嫌味でもなく、とてもいいものを見せてもらった有意義な遠征だと感じた。

とてもいいもの・・・
それは、スタジアムの売店で買った近江牛カルビ串焼き・・・って、確かにアレはメッチャ柔らかくて美味だったけどそーじゃなくて、それより心に残ったのは、MIOの選手やスタッフやサポーターの「絶対に勝ちたい、勝たせたい」という強い気持ちと純粋さ。

前記のように、MIOの選手達は成績低迷と監督解任という挫折の中で、ホームでの新監督のデビュー戦を何としてでも白星で飾りたいという思いがプレーの端々に見られたし、そんな頑張りを肌で感じたちびっこサポも、「みーおー、びわこっ!」と一生懸命コールを送っていた。

それにスタジアムDJのおねーさんも、“お仕事”という感覚ではなく心の底から好きなチームを勝たせてあげたいという思いが伝わってきて、試合前は明るく大きな声でスタンドを盛り上げていたし、勝利が決まった後は感極まって泣き出しちゃうんじゃないかと思うくらい喜びながらヒーローインタビューをしている姿が深く印象に残った。

対してウチの方は、連敗に発奮するどころか逆に相手の勢いに気圧されて、シュートも撃たずにコチョコチョとボールを回すだけの、いつまで経っても治らない悪いクセが顔を出して気持ちが全然見えなかったし、また自分自身に関しても、春先は「勝っても負けても一戦一戦が全て勉強」なんて殊勝な事を書いておきながら、無敗記録を重ねていくうちにだんだんと調子コイてしまい、やれ単独2位だ♪、優勝もねらえるゾ!・・・と少々浮かれ過ぎていたと反省させられた。

ウチも、3年前の“本城の悲劇”や信州ダービー連戦連敗など結構挫折を経験してきたと思ってたけど、まだまだ修行が足りませんな。
次節対戦する町田ゼルビアはもっと強い相手だし、こうなりゃ“毒食らわば皿まで”で、ホームでコテンパンにやられてとことん挫折と屈辱を味わっちゃいましょうか・・・なんて悪い冗談も、このままの状態では現実に起こってしまいそうなくらい、今のウチは重症だ。

今のこの停滞感や閉塞感を打破するには、泥臭くゴールを狙い、体を張って相手の攻撃を止める“我武者羅さ”が必要だと思う。
s-写真00018

もちろん、今日の相手も気持ちだけではなく、ウチの戦術を研究するなど事前の準備もしっかりやってきた成果もあるとは思うし、ウチも持ち味の魅力的なパスサッカーを捨ててただ闇雲にシュートを撃てばいいという訳ではないが、こういった追い込まれた状況を打破するには、どんな戦術や戦力よりも最後は“気持ち”だという事を今日のMIOの選手達は教えてくれたし、スタンドもウチのサポの方が多いんじゃないかという状況の中、それでもホームの素晴らしい雰囲気を作り上げ、ホームタウンの優位性は決して“数の力”だけではないんだと痛感させられた。

今日はこの事が分かっただけでも滋賀まで来てよかったと思えたし、そんなMIOに敬意を表し、豪華4名の選手へのヒーローインタビューとその後の締めのMCが終わるまで自席に残ってしっかり拝聴し、最後は清々しい気持ちでスタジアムを後にした。

9月までの好調ぶりで勘違いしがちだけど、ウチらはあくまでもチャレンジャーであり、ちょっと上位にいるからって変な皮算用なんかせず、『DO OUR BEST』のスローガンを胸に、謙虚な気持ちで相手にぶつかっていかなければならない。

選手達も、今日の敗戦を無駄にしないためにもMIOの戦い振りをしっかり見習って、MIOの選手に負けないくらいの強い気持ちでこの難局を切り抜けてほしい。
まだまだ厳しい戦いは続くけど、これを乗り越える事ができれば、一皮剥けて更に魅力的なチームに成長できるハズだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
遠征お疲れ様でした。
「勝ちよりも負けから多く学べることもある。」というのは、私がかつて大好きだったボストンブルーインズのキャム・ニーリー選手(現在はクラブ社長)の言葉ですが、この試合からチームがしっかり学んでくれれば敗戦も無駄ではないですね。

厳しい時もあるでしょうが、なんとか乗り越えてほしいです。
2011/10/23(日) 00:24:32 | URL | #-[ 編集]
おっと、コメントいただいた方、お名前が書いてないけど、ボストンブルーインズの話が出たという事は、いつも応援してくださるアノ方でしょうか?
それにしても、「勝ちよりも負けから多く学べる」とは、何とも含蓄ある深い言葉ですね。
今のウチにとって、選手もサポもしっかり心に刻み込むべき大切な言葉だと思います。
思えば我々も、今までちょっとうまく行き過ぎて、MIOが昇格してから経験したような苦労にあっていなかったところもありました。
でも、自分は北信越でレベルの違い過ぎる相手に大勝して“お山の大将”みたいにヘラヘラ喜んでいるより、時にはこうして高いレベルの中で打ちのめされる方が気持ちははるかに充実しています。
やっぱり、JFLって本当に楽しいリーグですね!
2011/10/23(日) 10:26:09 | URL | ぼー #-[ 編集]
長野も負けたし、長崎も負けたし、金沢も負けたし。想像以上にJFLは混戦リーグなんですね。
そしてメンタリティーも大きく左右するってことなんですね。
ベンチにDFの選手が誰もいないという状況でしたから、それだけ選手間の連携も上手くいかなかったのかもしれません。
でも、やっぱりそんなにレベルに差がある訳じゃないのいで、最後は気持ちの問題なんでしょうね。
遠征お疲れ様でした。
2011/10/23(日) 14:11:49 | URL | 某コテ #mQop/nM.[ 編集]
某コテ様
それにしてもグッチャグチャですねぇ~。
こんなに混戦になるとは、本当にJFLって面白いリーグですね。
そして、その混戦の輪の中にウチも入っているなんて光栄だし、はじき出されないように何とか喰らいついていってほしいものです。
この試合に関しては、まさかCBが同じタイミングで3人もいなくなるなんて思ってもみなかったし、そういう意味では最終ラインの連携ミスも仕方ない部分もあったでしょう。
でも、だからこそ気持ちを強く持って、足りない部分を補っていかなければならないですよね。
まぁ、これをいい勉強と捉えて、ウチらも少しずつでも強くなっていきましょう!
2011/10/23(日) 16:30:54 | URL | ぼー #-[ 編集]
あ、名前抜けてましたか。
スミマセン。失礼しましたm(_ _)m

これから日程がけっこうハードそうですが、頑張って下さいね!
(11/5以外は・・・(笑))
2011/10/23(日) 23:57:32 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
あー、やっぱりアレはそうでしたか。
まだまだ先は長いですが、チームも自分も頑張りますよ!!
もちろん11/5も!!!(笑)
2011/10/24(月) 19:49:07 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.