ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
アイスホッケーアジアリーグ2011-2012 ヨコハマゲームズ
今日は、土曜日の記事の最後に触れた“別件”について書きたいと思います。

その“別件”とは、新横浜スケートセンターで行われた、アイスホッケーアジアリーグの国内4チーム集結戦、その名も『ヨコハマゲームズ』。

夏に今シーズンのアジアリーグの日程が発表になった時、この日にパルセイロの千葉遠征とヨコハマゲームズが重なり、市原臨海での試合が終わった後にすぐ横浜に向かえば、パルセイロと同じくらい愛して止まない日光アイスバックスが出る第2試合の途中から観戦できる事を知ると、「これはもう行くっきゃない!」と、東京湾を又に架けた壮大なハシゴ観戦を決意。

で、土曜日の当日は、遠征用リュックにパルセイロとバックス両方のオレンジ・ユニをしのばせ、パルセイロの試合が終わると、勝利の余韻に浸る間も市原臨海競技場との別れを惜しむ間もなくシャトルバスに乗り込み五井駅へ。
そこから東京湾アクアライン経由横浜駅行きの高速バスに乗り継ぎ、更に横浜駅から地下鉄で新横浜に向かい、駅から徒歩5分の会場に入ったのが17時頃と順調に移動でき、16時半開始の第2試合の第1ピリオド開始5分過ぎ頃から合流できた。

ハイそこ、あきれない!引かない!笑わない!(でも、その反応をする方は正常です。)

という訳で、夢にも思わなかったパルセイロとバックスの超・豪華ダブルヘッダーが実現した土曜日と、タップリ2試合楽しめた日曜日の試合を、ざっと振り返ってみたいと思う。

土曜日第2試合
栃木日光アイスバックス 2(1-4・0-0・1-1)5 王子イーグルス
s-写真00157
今季のバックスはかつてないほどの大胆な補強が実って首位を走っており、この試合も大いに期待しつつ会場入りしたが、その時には既に0-2でリードを許しており、更にリュックを置いてバックスのジャージをまといカメラを構えたところで3失点目を喫する。
その失点の2分後に攻撃的DF#7深澤のゴールで反撃に出るが、1P終了間際に守備陣や元NHLゴーリー#44福藤の体勢を完全に崩されての技ありゴールを許してしまい、1Pだけで痛恨の4失点。
その後の2つのピリオドはほぼ互角に戦えていたが、1Pの動きの悪さが後々まで響いた形になった。
バックスは再三巡ってきたパワープレーのチャンスをことごとく得点できず、逆に王子の攻守にわたる“巧さ”が際立った、非常に悔しい敗戦だった。
なお後日談だが、4チームの中でバックスだけ当日移動で、しかも途中で渋滞にハマり会場入りが遅くなったので、1Pは体も気持ちも全く試合に入れていなかったのだとか・・・
ただ、周りのバックスサポは「ダメだ、全然動けていない」と不満顔だったが、今季初観戦の自分としては、去年とは比べ物にならないほど“まとも”な戦いぶりで、敗戦のショックよりも今後に希望を持たせる試合だった。


日曜日第1試合
東北フリーブレイズ 2(1-0・1-1・0-2)3 王子イーグルス
s-写真00074
この試合は指定席に座っての観戦だった。
席がたまたま東北の応援エリアの隣だったので、どちらかというと東北寄りの目線で見ていたが、1Pの7分と2Pの3分に東北がワンチャンスをものにして効果的に得点し、守っても王子のシュートを守護神#31橋本を中心に若い選手達が体を張って防ぎ1失点に押さえていたが、1点リードで迎えた3Pは王子が8分にキャプテン#7百目木(どめき)のゴールで同点に追いつくと、そこから1分も経たず王子#44キャラーの逆転弾が決まり、結局そのままタイムアップ。
東北も持ち前の気迫とスピードで最後まで頑張っていたが、王子は東北の倍近くシュートを打っており、そこに土曜日の日光戦でも見せた巧さとしたたかかさを加えて、若い東北をうっちゃった感じだった。
そして、隣のエリアの東北サポの2Pまでの勢いと逆転された時の落胆ぶり、それでも最後まで必至に応援していた姿が印象的だった。

日曜日第2試合
栃木日光アイスバックス 6(1-2・3-0・2-3)5 日本製紙クレインズ
s-写真00124
首位堅持に連敗は許されないバックスだったが、1Pは2分と12分に失点し嫌なムード。
しかし、16分に日本代表キャプテンも務める#18鈴木のゴールから、流れは一気にバックスに向かった。
2P開始早々1分にチーム内得点王の#67コゼック、3分に#18鈴木の2点目、6分に長野市出身#48上野と立て続けにゴールを決めると、守っても絶対的守護神#44福藤を中心にバックスと互角のシュート数だったクレインズのゴールを許さず、更に3Pには1分に#18鈴木のハットトリックと6分に#48上野のダメ押し弾で、この試合イタダキ!・・・と勝利を確信したが、そこはさすが実力派のクレインズ、ただでは転ばない。
11分の失点で3点差に詰められたまではまだ余裕だったが、終盤になってバックスが連続してペナルティをとられ人数が少ないキルプレーの状態が続くと、17分に新外国人#8モジエンコに決められ、その30秒後にはベテラン#3伊藤にもパワープレーゴールを許し、遂に1点差まで追い詰められる。
しかし、その後のクレインズの6人攻撃も集中力を取り戻したバックスが守りきり、何とか逃げ切り勝ち!
この試合は、乱闘あり、ハードチェックによるガラスフェンスの脱落あり、レフリーの誤審あり・・・と“イベント”てんこ盛りの少々荒れた内容だったが、とにもかくにも勝ててよかった。
s-写真00222

因みに自分がバックスの勝ち試合に立ち会えたのは、2009年9月26日の日光開幕戦での東北戦以来。
でも、この時の東北はアジアリーグ参戦初年度3試合目の“赤ん坊”状態という事で、ある意味“勝って当然”な試合だったから(もっとも、翌日は完敗で東北にアジアリーグ初勝利を献上してしまうのだが・・・)、それを除けばおそらく2007年2月に日光で行われたプレーオフで王子に勝って以来、実に3年9ヶ月ぶりに“まとも”な勝利に立ち会えたという事になる。

あ~、ここまで本当に長かった。
コレを思えば、パルセイロの3連敗なんてスズメの涙にもなりゃしないですな。

そして、アイスホッケー観戦ってこんなに面白いものだったんですね!!!(←実感こもってます)

この結果を受け、バックスは全36試合中17試合を終えて勝ち点34で、他チームより頭一つ抜け出して堂々首位をキープ。
ただ、バックスは他のチームより2~7試合も早く消化しているので、今の勝ち点差を単純に比較する事はできないが、去年までとは全く違う戦いぶりに、プレーオフ進出への確かな手応えを感じた。
後は一つでも多くの白星を積み重ねてレギュラーシーズンを2位以内で終え、3月から始まるプレーオフを地元・日光霧降アリーナで戦える事を強く願っている。
s-写真00211

という訳で、最高に濃ゆい週末を大満喫し、東海道と長野の新幹線を乗り継いで自宅に戻ったのが23時過ぎ。

さすがに次の日は、疲れが抜けず体が重かった。。。

でもまたできたらいいな、こんな夢のダブルヘッダー♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
土日の遠征、お疲れ様でした。

アクアラインの高速バスでショートカットされたとは知りませんでした(笑)

長野県出身の上野選手と大町選手は活躍してますね
2011/11/10(木) 23:04:45 | URL | オッチー #-[ 編集]
「大遠征」お疲れ様でした。
充実したスポーツ観戦の週末だったんですね。

アイスホッケー、今年はまだ観戦していないので、写真を見ていると「ああ、行きたいなあ・・・」と思いました。
私が行けるのはおそらく12月の東伏見での日韓シリーズです。
ぼーさんもいらっしゃいますか?
2011/11/10(木) 23:12:48 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
大変お疲れ様でした!

行けるとすれば日曜日になってしまいますが、自分もまた行きたいなぁ。

前回は腹痛で死にそうになったので防寒対策バッチリで。
2011/11/11(金) 12:24:40 | URL | 二度寝 #-[ 編集]
オッチー様
2日間の応援お疲れ様でした。
市原から横浜まで電車で行こうとすると、“三角形の二辺”どころか“四角形の三辺”くらい遠回りになるので、あの時間には会場入りできませんでした。
今回はそれぞれの試合開始時間が絶妙だったし、五井駅発がちょうどよいバスの便もあったし、ハシゴ観戦の成功はまさに“奇跡”でしたね。
上野選手と大町選手の活躍は、信州の鹿狂として本当に嬉しいです。
そしてチームの好調も。
来年の3月には、是非霧降で喜び合いましょう!!

パオロロッシ様
やっぱり、アイスホッケーって最高ですね!
東京近郊での試合は本当に少なくなったけど、是非霧降にも行ってみてください。
試合前のセレモニーやスタンドの雰囲気など、少し足を伸ばして行く価値は大いにありますよ。
12月の日韓戦は、バックスの試合時間が遅すぎたりで残念ながら行かれませんが、レギュラーリーグ最後の集結戦は絶対に行こうと思っています。

二度寝様
12月17~18日と、東伏見で去年一緒に見たのと同じ日韓4チーム集結戦があります。
自分は前記の通りよほどの奇跡が起こらない限り見に行けませんが、よかったらお連れ様と一緒に足を運んでみては?
今年はバックスも好調だし、韓国の2チームも強いので、きっと面白い試合が見られると思いますよ。
2011/11/11(金) 12:32:27 | URL | ぼー #-[ 編集]
質問
はじめまして、サッカーのパルセイロのサポをしておりますらふと申します。

実はパルセイロを通してアイスホッケーにも興味が出てきたのです。
そこで質問ですが、長野市にプロクラブはあるのですか?

お返事お待ちしております。
2011/12/22(木) 21:33:37 | URL | らふ #-[ 編集]
らふ様
コメントありがとうございます。
そして、アイスホッケーに興味を持っていただきありがとうございます!
さて、ご質問のお答えですが、残念ながら現在は長野市にプロのアイスホッケークラブはありません。
パルセイロのアイホチームも小・中学生対象ですし、アジアリーグのようにお客さんを呼んで試合を見せるようなチームやリーグは長野にはありません。
ただ、今シーズンはビッグハットでアジアリーグの試合が行われます。
2月2日(木)19時から、対戦カードは東北フリーブレイズvsチャイナ・ドラゴン(中国のチーム)です。
チケットはコンビニなどでも販売されると思うし、当日券も余裕で手に入るハズです。
カード的には微妙(笑)ながら、チャイナには長野市出身の酒井大輔選手(GK)が所属しているので、勝敗とは別の見所もあります。

また、身障者スポーツのアイススレッジホッケーは、国際大会が1月16日(月)~22日(日)まで開催されます。
参加国は日本・カナダ・ノルウェー・韓国です。
スレッジホッケーも健常者のホッケーに負けない迫力があるし、日本代表は先のバンクーバーパラリンピックで銀メダルに輝いただけあって、面白い試合になると思います。
この大会の詳細は以下にアクセスしてみてください。

http://www.sledgejapan.org/

この2つについては、このブログでも追って情報発信する予定です。

アイスホッケーは、実際に生で見るとルールなんか分からなくても掛け値なしに面白いスポーツです。
是非ともこの機会に、ホッケーの生の迫力を
体感してみてください!
2011/12/24(土) 14:53:14 | URL | ぼー #-[ 編集]
ありがとうございます!
お礼が遅れてしまい申し訳ありませんでした。質問していたことをすっかり忘れてしまっていて…。

長野市にはないのですか。将来はパルセイロがプロのチームを持ってくれることを期待します!!

様々な大会が開催されるんですね♪私もぜひ行ってみようかと思います!!

丁寧に教えてくださって本当にありがとうございます。長野にも様々なスポーツの根が広がっていければいいですね(^^)
2011/12/29(木) 00:00:58 | URL | らふ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.