ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
JFL2011第29戦(後期第16節) vsSAGAW SHIGA FC
先ずおことわりとして、明日は朝一から愛知県で仕事があるため、夕方発の『しなの』で現地移動し、この記事もホテルから携帯電話で書いているので、今日の記事に写真のアップはありません。

さて、いよいよやって来たSAGAWA SHIGA FCとの直接対決。

自分が“日本アマチュアサッカー界最強王者”と畏敬の念を抱き、JFLに上がったら最も対戦してみたかった憧れのチームとの初顔合わせが、まさか首位攻防戦という形になるなんて夢にも思わなかった。

全国のJFLファンや関係者全てが注目する運命の一戦。
その試合結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 0(0-1・0-0)1 SAGAWA SHIGA FC

とにかくこのSAGAWAというチーム、ボール回しが今まで対戦した他のチームより数段早い。

キックオフ直前に急に風が強くなり気温が下がり、慌ててカバンからニット帽やマフラーを取り出して身に付けている間に、SAGAWAが早いテンポでクルクルとボールを繋いで攻め立て、ようやく落ち着いてカメラを構えたものの、ファインダー越しにボールを追いかけるのにしばらく苦労してしまった。

そして、ウチの守備陣もそんなSAGAWAの早い攻撃に翻弄され、前半10分にゴール前を鮮やかなパス回しで完全に崩されてのゴールで失点。

この見事な連携には、ただただ「強ぇ~・・・」と感心するしかなかったが、しかし今日のウチは早い時間の失点にもメゲる事は無かった。

好調な攻撃陣を中心に積極的に攻め上がり、#9大典がドリブルで斬れ込んであとちょっとでゴールという惜しい場面もあったりで、点が動いてから特にSAGAWAが守りに入ったという訳ではなく、あの失点以降は徐々にウチの優勢な時間が長くなってきた。

そして、SAGAWAが守りに入った後半は、ほとんど敵陣でのハーフコートゲームとなった時間帯も長かったが、ただ、攻めども攻めどもSAGAWAのゴールをこじ開ける事ができない。

これは別に、ゴール前でパスをこねくり回すようなウチの悪いクセが出た訳ではなく、どの選手も積極的に前に出てシュートを打ちにいっているのだが、そのほとんどがSAGAWAのボールを恐れぬ果敢なボディブロックに跳ね返されたり、相手の鋭い読みやしつこいマークでパスをうまく回させてもらえなかったりで、とにかくゴールまでが非常に遠く感じられた。

そんなこんなで時間はあっという間に過ぎ去り、痛恨のタイムアップで今季7敗目を喫し、自力優勝の可能性も消滅した。

結局、スコアは0-1の“惜敗”だったが、得点シーンまでの見事な攻撃力やウチが攻勢に出てからの落ち着いた守備力など、とにかくSAGAWAの高いチーム力が目立ち、“完敗”とまではいかなくとも点差以上の実力差を感じた試合だった。

初めて生でじっくり見たSAGAWA SHIGA FCは、強豪としての早さ・強さ・巧さ・冷静さと、アマチュア企業クラブとしての統制力やひたむきさを高い次元で兼ね備えた、噂に違わぬ素晴らしいチームだった。

元Jリーガーをズラッと揃えて派手に点を取りまくるチームよりも、SAGAWAのようなチームが本当の意味で“強いチーム”というのだろうと思う。

しかし、自分は今日の結果を嘆いたり選手達を責めたりはしない。

確かに、久々に3000人を超えた観客の前で結果を出せなかったのは残念だったが、今日の負けは、これまでの敗戦とは全く異質なものだ。

これまでの負け試合(特に先月の3連敗)では、なかなかシュートを打たずボールを回してばかりだったり、相手の気迫に押されて受け身になってしまったりと、消極的な姿勢でウチらしいサッカーができなかった悔いの残るものばかりだったが、今日は失点の後も全員がゴールに向かって精力的に走り回り、シュートも積極的に打ちにいき、最後の最後まで攻めの姿勢を見せ続けてくれた。

それでも勝てなかったんだから、これは相手が一枚上手だっただけの事で、それよりも『DO OUR BEST』をしっかり体現して戦い抜いた選手達には心から労いの言葉をかけてやりたい。

残念ながら優勝からは遠ざかってしまったが、王者・SAGAWAにあそこまで食い下がれた事は大きな自信になるだろうし、目先の結果よりもっと大きなものを得られたんじゃないかと思う。

さぁさぁ、負け試合の話はこれくらいにして、気持ちを切り替えて次に臨もう。

次節からはアウェイ戦が続き、中2日で秋田戦の後、中3日で琉球戦となる。
いわば、JFL最北端から最南端への連続遠征となる訳で、ただでさえ試合間隔が短いうえに、移動距離も長く気温差も激しく、体調管理が非常に難しくなると思う。

しかし、当初の目標である『4位以内』の達成はもちろん、まだ優勝の可能性が完全に消えた訳じゃないんだから、選手達は今日の経験を生かし、高いモチベーションを持って厳しい条件を克服し、秋田と琉球の難敵に立ち向かってほしい。

自分は両方とも現地には行かれないが、朗報が届く事を固く信じている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
観戦、お疲れ様でした。ご出張先からの観戦記upもありがとうございます。

勝てなかったのは残念ですが、JFL一年生のパルセイロにとって学ぶことの多い試合だったのではないでしょうか。
次のアウェー2試合、朗報待ってます。


(いつもジェフに結び付けてしまって恐縮ですが)SAGAWAには元ジェフリザの鳥養がいます。元気だといいのですが。
2011/11/21(月) 20:41:33 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
パルセイロというクラブや選手達も他所に自慢できるだけのものはあると思っていますが、やっぱり上には上がいますね。
その“上”のチームがJリーグを目指さないアマチュア企業チームというところがまた凄く、つくづくJFLとは奥が深いと感じます。
鳥養選手も、後半途中から出場して頑張っていましたよ。
やっぱり、自分が応援しているチームに所属していた選手って、移籍しても気になりますよね。
自分も元パルセイロの選手が移籍先で頑張っているのを見聞きすると、本当に嬉しくなります。
2011/11/21(月) 22:00:29 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.