ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
今年は色々あり過ぎました・・・
本当に色々な事があり過ぎた2011年も、ようやく明日でおしまい。
ちょっと1日ばかり早いけど、今日は激動の20111年を個人的に振り返って、今年のこのブログの締めとしたいと思う。

今年はJFL開幕直前の3月11日に発生した東日本大震災と、それに伴う福島第一原発の原子炉損傷事故に一年中振り回され、またその震災の翌日未明に発生した栄村の大地震、6月に松本を襲った直下型の大地震、7月の新潟・福島大水害、9月の紀伊半島大水害、オマケに海の向こうのタイでも信じられないような大洪水と、“何百年に一度”という天災(原発事故は人災だが)が次々に襲ってきた。

改めて、被災された皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

自分も5月に全線復旧して間もない飯山線に乗ったり、7月はソニー仙台戦遠征の折りに多賀城市を訪れたりして、ほんの僅かながら被災地の一端に触れる機会があったが、自分でも何か出来る事を・・・との思いから、金額的には恥ずかしいくらい少ないけど、最近“復興国債”を購入した。
元々はこういった投資モノには知識も興味も全くなかったが、日本政府が破綻しなければ(←この点ちょっと心配だけど。。)満期には元本+αが戻ってくるし、投資したお金が被災地復興に使われるとの事で、今の政府は全くヘタレでダメダメながら、思い切って自分の思いを託してみた。

また今年は、8月に松本の松田直樹選手が急逝したのを筆頭に、芸能界やスポーツ界や文化界の大物有名人が次々に他界した不思議な年でもあった。
間を置かず大物の訃報が流れる度に、「えっ、あの人が・・・!?」、「今度はあの人が・・・!?」と驚き寂しくなったものだ。
毎年この時期になると、ニュース等で今年亡くなった有名人をズラッと並べ回顧する企画があるが、今年の顔ぶれはいつにも増して豪華なものだった。(←表現が不適切で申し訳ないです。)

そんな暗い話題が多かった2011年だが、スポーツでは女子サッカー“なでしこJAPAN”の女子ワールドカップ優勝というビッグニュースがあったし、何といってもパルセイロのJFLでの堂々とした戦い振りと、初年度にして準優勝という素晴らしい成績に酔いしれた。

また、今年は回顧を書く機会を逃してしまったBCL信濃グランセローズとCLEパルセイロレディースを簡単に振り返ってみると、まずグランセローズは、今年は前期も後期も勝ち越して長年定位置だった最下位を脱出したし、年間通算の勝率では1位の新潟に僅か4厘差(勝ち星1つ差)の.565という好成績を残した。

ちなみに、今年BCL総合チャンピオンとなり四国アイランドリーグ覇者との独立リーグチャンピオンシップも制した石川は、6球団全体の年間勝率は.468と負け越しており、この事からもセローズの今年の好成績が窺い知れる。

セローズというと、今年の後期に優勝まであと1勝というところまでいきながら、最後の3試合を全敗という大コケを演じてしまったり、去年までの全く不甲斐ない戦い振りから、世間的にはどうしても“弱っちいポンコツチーム”のイメージが付きまとってしまうが、そんな方はこの記事を読んで認識を改めるように!

来年は佐野監督体制3年目という事で、悲願の初優勝に向けて勝負の年となるだろう。
本当に強いチームになるためにはまだまだ課題も多いが、来年は今まで辛い思いをしながらも辛抱強く応援してきた我々ファンが報われるような年になってほしい。

そしてパルセイロレディースは、今年も2勝2分11敗と厳しい結果で、上位4強からの勝ち点はac福島から1つ取っただけだったが、チャレンジリーグ残留という最低限の目標は果たせたし、苦しみながらも徐々にチームとしての戦い方が見えてきたように思えた。

来年は東西に分かれていたチャレンジリーグが統合されるという事で、遠征が増えて財政面や体力面で大変な事もあるが、今年まではシーズン終盤にようやくチームとして形になってきたか・・・と思った頃にリーグ戦が終わってしまっていたのが、来年からはチームも倍増し試合数もグッと増えるので、実戦の中でチーム力を高めていける機会も増えるので、このレギュレーション変更はウチにとって良い方向に働くものと期待している。

この他、今年から“マイ・チーム”の仲間入りを果たしたバスケbjリーグの信州ブレイブウォリアーズは、サッカーとは正反対なバスケの魅力と、サッカーや野球のオフシーズンも地元チームを応援できる機会を与えてくれているし、もう一つのマイ・チームであるアイスホッケーの栃木日光アイスバックスも、今シーズンは素晴らしい戦績でプレーオフ進出を当確とするなど、冬の間も例年以上に楽しめそうだし、とにかく今年は自分にとって、とても充実したスポーツ観戦ライフが過ごせた年だった。

そして何より、こうして自分の好きな事が何不自由なくできるという事が、とてもありがたいと痛感した年だった。

来年は、まずは春先に向けて日光バックスのプレーオフ進出(できればホーム・日光で試合ができるように)とブレイブウォリアーズの躍進、そしてパルセイロとグランセローズの優勝とパルセイロレディースの更なる成長・・・と、かなえてほしい願いが多すぎて欲張りではあるが、何より一番にお願いしたいのは、日本中の全ての人が、平穏無事な“当り前の生活”を過ごせるようになってほしいという事。

東北地方や栄村など被災地の復興や、原発事故の収束には、まだまだ長い時間がかかるとは思うが、来年はとりあえず何事もなく笑って年を越せるような、そんな1年であってほしいと切に願っている。

今年も1年間、弊ブログにお付き合いくださりありがとうございました。
来年もよかったら冷やかしに来てください。

それでは皆さん、よいお年を!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今年もぼーさんのブログを楽しく読ませていただきました。
応援するチームたちにとって来年が良い年になってほしいですね。
来年もよろしくお願いいたします。
2011/12/31(土) 10:43:42 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
よいお年を。
2011/12/31(土) 12:28:51 | URL | 二度寝 #-[ 編集]
パオロロッシ様
二度寝様
今年も県外から熱い応援ありがとうございました。
来年もパルセイロを思いっきり楽しみましょう!

良いお年を!!
2011/12/31(土) 16:43:48 | URL | ぼー #-[ 編集]
そういえば、震災の直前に坂上二郎さんが亡くなられてたんすよね‥‥

今年は良い一年になりますように
2012/01/02(月) 08:09:52 | URL | やむっち #-[ 編集]
やむっち様
お返事遅くなりました。
今年もよろしくお願いします。
この話題でいけ、年末も『家族ゲーム』の森田芳光氏に『マムシ』の杉原輝雄氏に『ハードボイルドだど』の内藤陳氏と、最後まで“大物”が逝ってしまう年でしたね。
本当に、今年は良い年でありますように・・・
2012/01/04(水) 09:22:47 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.