ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
アイスホッケーアジアリーグ2011-2012 クライマックスゲームズ
アイスホッケーアジアリーグは、昨日・今日がレギュラーリーグ最終節。
そして日本の4チームは、東京・東伏見のダイドードリンコ・アイスアリーナに集結して、『クライマックスゲームズ』と銘打ち最後の2試合を戦った。

その対戦カードは土・日ともに、王子イーグルスvs日本製紙クレインズ、栃木日光アイスバックスvs東北フリーブレイズという組み合わせ。

特に王子とクレインズは前節の時点で順位が確定しておらず、既にクラブ創設以来最高順位の3位を確定させている日光バックスの戦い振りも含めて、とても注目し楽しみにしていたイベントだったが、その2日間・4試合の模様をざっとおさらいしてみる。

土曜日第1試合
日本製紙クレインズ 3(1-3・0-1・2-1)5 王子イーグルス
s-写真00005

先の全日本選手権決勝の再現となったこのカードは、王子の“巧さ”とクレインズの“爆笑力”という、両者の魅力が詰まった見応えのあるナイスゲームだったが、今シーズン好調な王子が2Pまでに着実に得点を重ねていき、3Pになってようやく動きが良くなって猛攻を仕掛け追いすがるクレインズを“寄り切った”形となった。
この結果、王子のレギュラーリーグ1位と、韓国・アニャンハルラの2位が確定。
一方のクレインズは、日曜日に負けるとレギュラーリーグ敗退という“崖っぷち”に追い込まれてしまった。

土曜日第2試合
東北フリーブレイズ 3(2-1・0-1・1-0)2 栃木日光アイスバックス
s-写真00041

前記の通りバックスは3位でプレーオフ進出を決めており、一方の東北は6位でレギュラーリーグ敗退が決まっているため、このカードは言わば“消化試合”ではあるのだが、それにしてもバックスの拙攻が目立った残念な試合だった。
1P開始早々にバックスの不用意なパスをターンオーバーされ東北に先制を許すと、その後再三巡ってきたパワープレーチャンスを決め切れず、逆に同点で迎えた3Pにバックスの連続ペナルティによる3人対5人のキルプレーにアッサリ決勝点を決められ万事休すで、一言で表せばばバックスの“自滅”と言ったところ。
「ウチは来週からのプレーオフで勝ちゃいーんだから・・・」と強がってはみたものの、その肝心のプレーオフに向けて不安と不満の募る内容となってしまった。

日曜日第1試合
王子イーグルス 1(1-1・0-0・0-1)2 日本製紙クレインズ
s-写真00003

ここで負ければアジアリーグ発足以来初となるレギュラーリーグ敗退の屈辱を喫してしまうクレインズ。
一方の王子も、勝てばプレーオフセミファイナルの相手にクレインズより与し易い(と思われる)High-1を引っ張り出す事ができるし、いずれにしても両者の意地がぶつかる注目の試合は、攻守の切り替えがいつも以上に目まぐるしく、早くも1Pから乱闘が勃発するほど激しい火花が飛び散る。
しかし、そんな展開とは裏腹に1P半ば以降なかなか点が動かず、緊迫した中で迎えた3P、序盤に遂にクレインズが1点を勝ち越すと、最後は残り1分半からの自軍ペナルティに王子GKを上げた6人対4人の猛攻を気迫で守り切り、ギリギリのところでプレーオフの切符を掴み取った。
試合終了のホーンが鳴った瞬間、まるで優勝したかのようにベンチを飛び出しGKに駆け寄るクレインズの選手達。
そして、敗れたとはいえ王子も最後までゴールを狙って攻め続け、昨日も今日も第1試合は本当に素晴らしいものを見せてもらった。

日曜日第2試合
栃木日光アイスバックス 6(1-3・1-0・3-2・OT0-0・GWS1-0)5東北フリーブレイズ
s-写真00064

昨日は全く収穫の無い試合を演じたバックスは、今日はプレーオフに向けてキャプテン#18鈴木貴人とGK#44福藤豊という絶対的存在の“二枚看板”を休ませる“調整試合”モード。
そして、試合が始まっても全くピリッとせず東北に立て続けに3失点を喫してしまうが、1P終了1秒前に“長野の至宝”こと#48上野拓紀がゴールをあげると、だいぶ動きが良くなってきた2Pにも1点返して追い上げ、見違えるように元気になった3Pに連続ゴールで遂に逆転!
しかし東北も意地を見せて追いすがり、取って取られてまた取って・・・で5-5の同点のまま5分間のオーバータイムでも決着が付かず、サッカーで言えばPK戦に当たる3人ずつのゲームウイニングショットへ。
ここで、普段はサブゴーリーの#38小野航平が奮起して東北のショットを全て止め、最後は“長野の至宝”(←何度でも言うよ!)#48上野がサドンデスとなった4人目に決めて、バックスが劇的な形で死闘をモノにした。

これで今季のアジアリーグはレギュラーリーグの全日程が終了し、来週から始まるプレーオフセミファイナルの組み合わせは、王子イーグルスvs日本製紙クレインズ、アニャンハルラvs栃木日光アイスバックスとなった。

3勝勝ち抜けのセミファイナルは、まずは上位チームのホームで3戦の後に下位チームのホームで2戦の日程だが、4位以上がプレーオフに進めるレギュレーションとなってからは初めてポストシーズンを戦うバックスとしては、今日の試合のように最後まで諦めない強い気持ちで、石にかじりついてでも韓国で3連敗を阻止し、熱烈なファンが待つ地元・日光霧降アリーナで試合を開催してほしい。

そして、そうなれば自分ももちろん応援に駆けつける。
もしセミファイナルが最終第5戦までもつれ込めば、その日は3月11日とパルセイロの開幕戦と重なってしまうが、たとえそうなっても日光に残り、最後までバックスに声援を送る覚悟はできている。

だからバックスの選手の皆さん、何が何でもハルラに勝って、自分を霧降アリーナに導いてください!!
(まぁ、アニャンで3連勝して3/11は南長野でパルセイロに集中。霧降行きはファイナルラウンドで・・・ってのが理想的だけどネ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はるばるお疲れ様でした。
観戦記もありがとうございます。

私は土曜日の2試合を見ました。会場でお見かけしたのですが、やや離れていて声をかけられず、失礼いたしました。

今シーズンが始まる前に、アマチュアホッケーをやっている知人から「東伏見も閉鎖になるかもしれない。」と聞いて、心配していたのですが、どうやらそんなことはなかったようで、本当によかったです。

クレインズにはプレーオフでの巻き返しを、バックスにはレギュラーリーグ戦の良い流れを続けて、セミファイナルを突破してほしいです。

ファイナルがバックスvsクレインズの対決になるといいですね!
2012/02/27(月) 22:23:18 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
土曜日はお会いできず残念でした。
自分は第2試合のサイドの関係で、ずっと王子側で見ていたので、席が反対側になっちゃったんでしょうね。

おかげさまで(前節の釧路で勝たせていただいたおかげ様で・・・笑)バックスもクラブ史上最高位でプレーオフに進出できました。
そしてクレインズも、シーズン序盤の新横浜で見た時はどうなる事かと思ったけど、最後は見事に“復活”しましたね。
日曜日の試合もクレらしい思い切りのよい内容で、本当に素晴らしかったです。

お互いセミファイナルで上位を叩いて、ファイナルで是非とも対戦しましょう!
そしてその時には、是非とも霧降でお会いしましょう!!
2012/02/27(月) 22:51:55 | URL | ぼー #-[ 編集]
お疲れ様でした。
バックス勝ちましたか!

さて土曜にも話したパルセイロのあるべき方向性ですが、今日まとまり記事をあげました。

色々と参考になりました。心から感謝します!

後はバックスと開幕戦が被らないことを祈ります。
2012/02/28(火) 20:27:30 | URL | 二度寝 #-[ 編集]
二度寝様
先日はありがとうございました。
自分も、ホッケーを満喫できたのもさることながら、久々にパルセイロの話が思いっきりできてとてもよかったです。

バックスは、土曜日の試合&日曜日の1Pまでとその後とでは、まるで別のチームのようでした。(苦笑)
あのように勝ち慣れていない若いチームは、好不調の波も大きく、自分としてもたまに観戦する試合がどちらの波か毎回ヤキモキしますが、プレーオフでは韓国でサクッと3連勝して、3/11は南長野に行けたら・・・と願っています。(サクッと3連敗して霧降行きが無くなるのだけは勘弁。。。)

そしてパルセイロも、今年は色々と厳しいシーズンになると思いますが、クラブはドッシリ腰が据わり夢に向けて確実に前進しているので、我々も余計な詮索はナシにして真っ直ぐ純粋に応援していきましょう!
2012/02/29(水) 22:25:00 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.