ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
アイスホッケーアジアリーグ2011-2012 プレーオフセミファイナル第4戦
まず始めに、JFL開幕前夜で盛り上がっているところ、全く場違いでKY(←もう死語かな?)な記事でゴメンなさい・・・

さて、アイスホッケーアジアリーグのプレーオフセミファイナルが先週から始まり、レギュラーリーグ3位の栃木日光アイスバックスはアウェイで韓国のアニャンハルラと対戦。
第1戦を2-6、第2戦を1-4と連敗したが、火曜日に行なわれた第3戦で3-2と勝利し、悲願の日光でのプレーオフ開催にこぎ着けた。

という訳で、以前の記事で公言した通り、自分ももちろん日光霧降アイスアリーナに出動。

ただ、今日負ければ3敗目でプレーオフ敗退となるので、明日のJFL開幕戦のためにカバンの中にはパルセイロの応援グッズ一式を忍ばせての日光入り。
今日勝てば、明日はバックスのファイナル進出のために日光に残るが、負けたら明朝の新幹線で南長野へ直行する予定。

パルセイロとアイスバックス、どちらも同じくらい強い思い入れがある自分としては、この勝負がどちらに転んでも、嬉しいような残念なような、そんな複雑な心境ではあるが、ともあれ明日の自分の身の振り方が決まる重要な試合・・・って、いやいや自分の事は二の次として、バックス史上初となるプレーオフファイナル進出に望みを繋ぐ大事な試合の結果は以下の通り。

栃木日光アイスバックス 3(2-0・0-0・1-0)0 アニャンハルラ

今日のバックスの選手達は、試合前の練習時から気合いの入り方がいつもと全く違っており、「こりゃ、ひょっとしたら勝っちゃうかも・・・」という予感があったが、本当にその通りになった。

立ち上がりから動きのいいバックスは、ノドから手が出るほど欲しかった先取点を早くも1Pの2分にゲットして流れを掴むと、15分にもパワープレーゴールでリードを広げる。

しかし、そこから先はハルラが攻め込む時間が多く、実際にシュート数も試合全体を通してバックス22本に対しハルラ39本と相手の方が上回っていたが、それでも今日は不思議と失点される気が全く起こらず、安心してプレーを見ていられたし、時計が進むのが本当に早く感じられた。

とにかく選手達の集中力が物凄く、積極的なボディーチェックや体を張ったシュートブロックや冷静なリバウンド処理で相手に決定的なチャンスをほとんど与えず、また絶対的守護神#44福藤も、まるでパックが止まって見えてるんじゃないかと思うほどスーパーセーブを連発していた。

また、霧降アリーナに詰めかけたファンの後押しも物凄く、インターバルの音楽や声出しサポのドラムに合わせての割れんばかりのメガホン叩きや手拍子は、確実にハルラの選手達の脅威となった事だろう。

そして迎えた3P、立ち上がりから何とか追い付こうとするハルラの猛攻に耐えたバックスは、8分に決定的な3点目を叩き込み、この勢いのままハルラの反撃を許さずタイムアップ。
地元・日光の熱烈な声援を追い風に、見事な完封勝利でファイナル進出に“逆王手”をかけた。

・・・えー、そんな訳でございまして、この記事を読んでいただいているパルサポの皆様には甚だ申し上げにくいですが、不肖ワタクシめ、明日は公言通り日光居残り決定でゴザイマス。。。

今年はホーム全試合3000人越えを目標にしているところ、来るハズの人間が来ずに動員数を1人分減らしてしまうのは心苦しいし、こうしてブログという公の場で欠席を表明してしまうのは開幕の盛り上がりに水を差してしまうようで、本当に申し訳なく思っています。

ただ冒頭でも書いたように、バックスはパルセイロと同じくらい、自分にとってかけがえのないクラブです。

自分が長野エルザと出会うずっと前、前身の古河電工時代から足掛け16年近くこの弱小クラブを応援し続け、その間に古河電工アイスホッケー部の廃部と、紆余曲折を経て翌年のチーム登録期限ギリギリになってのHC日光アイスバックス誕生に立ち会い、そしてその後、毎年のように襲ってくる財政難によるクラブ解散の危機に心を痛め、それらを乗り越えて苦しみながらもようやく掴んだファイナル進出のチャンスに、頑張っている選手達や、どんなに弱い時も必死にサポートし続けてきた応援仲間に背を向けて長野に戻るなんて、自分にはとてもできません。

明日、自分は南長野に思いを馳せつつ、そのキックオフから1時間遅れて始まる運命の試合には、もう一つの“マイクラブ”のファイナル進出のために、全身全霊で応援して参ります。

そして、こんな事を書くのは非常におこがましいですが、南長野に行かれる皆様には、ワタクシめの分まで、パルセイロの勝利のために力強い応援をよろしくお願いいたします。

遠く世界遺産の街・日光の地で、バックスと同じオレンジ色の愛するクラブの勝利の報が届くのを待っております。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
勝利おめでとうございます。
今日も頑張って絶対勝って下さいね!

京都市のどこかから日光と南長野に念を送ります。
2012/03/11(日) 08:15:24 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
本当にありがとうございます。
今までどんなに弱い時も応援し続けてきたのが報われた思いです。
とはいえ、今日負けてしまえば元も子も無いので、絶対に勝って王子への挑戦権を掴み、クレインズの仇を打ちたいと思います。
そちらも、今年こそのJ1返り咲きのためにも、応援頑張ってください!
2012/03/11(日) 09:10:41 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.