ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
countdown
JFL2012第5節 vs横河武蔵野FC(+レディース試合雑感)
3月は土・日狙い撃ちで天気が悪く、昨日も午前中は小雪混じりで気が重い週末が続いたが、今日は久し振りに朝から雲ひとつ無い快晴で、気温も予想より暖かく、ようやく春らしい陽光になった。
来週は2年振りに長野マラソンが行われるが、例年この大会の頃に長野の桜が満開になる事だし、今年もここまで寒さがしつこく居座っていたけど、このまま一気に本格的な春の気候になってほしいものだ。

さて、前の試合ではソニー仙台の堅い守りを攻めあぐね引き分けに終わったパルセイロ。

この結果自体は、相手も実力あるチームだった事だし、ウチのチーム力もまだまだ熟成途中のシーズン序盤なので別段心配はしていないが、今日の対戦相手の横河武蔵野FCはソニーと同じような堅守速攻型のチームだし、去年の対戦では黒星を喫しているので、2つの意味で前回と同じ轍を踏んでしまう事だけは避けなければならない。

タイミング良く先週は試合が無かったので、前節の反省を踏まえてじっくり腰を据えて練習できたハズだし、この2週間でどこまで連携が深まりチーム力が上がったかが注目のこの試合、結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 5(2-0・3-0)0 横河武蔵野FC
s-写真00002

今日は、これまでなかなか結果が出せていなかった#7佐藤と#17松尾、そして怪我の#15寺田に代わって、#14高野・#16栗原・#20野澤が先発と開幕からの布陣を少しいじってきた。

期待の新加入選手が外されてしまったのはちょっと残念だが、地域リーグ時代からの気心知れたメンバーが揃った事が功を奏したか、今日は前回に比べて序盤から選手の動きもボール回りもイイ感じ。
一方の横河も、前節に準加盟クラブの長崎を1-0で破った固い守備と速攻という持ち味を発揮して応戦し、なかなか締まった好ゲームを展開していた。

そんな中、前半28分に#10宇野沢が高い位置でのパスカットからゴール前に攻め込むと、追ってくる相手守備陣を冷静に見極めて逆サイドに走りこんできた#19向にパスし、それを向が丁寧に決めてパルセイロが先制!

横河のような堅守速攻のチームには、主導権を握るためにもとにかく先制点が欲しかったが、いい時間帯に最高の形で掴み取ると、前半終了間際の42分には今季初先発の#16栗原が嬉しいJFL初ゴールをゲット!!
s-写真00084

この勢いは後半になって更に加速し、早くも後半10分、中央突破の#10宇野沢から絶妙なパスを受けた#24藤井がサイドを駆け上がり、これまた絶妙のセンタリングをゴール前に詰めていた宇野沢が頭でドンピシャ合わせて3点目を取ると、終盤の39分には、途中出場の#17松尾の仕掛けからのルーズボールを、これまた途中出場の#8田中恵太が走り込んでゴールに流し込み4点目。

期待の新加入選手2人の競演に2700人以上が詰め掛けたスタンドの盛り上がりもピークに達すると、最後はエース宇野沢の2点目で締め。
前の試合のフラストレーションを吹き飛ばすような大量得点での快勝と相成った。
s-写真00079

今日の得点は、どれも前へ向かう強い意識と見事な連携から産まれたビューティフルゴールばかりで、自分も大いに満足だった。

ただ、ここで敢えて問題提起させてもらうと、今日の先発のうち新加入組は#4川邊と#6佐田の守備的選手だけで、攻撃に関わるメンツは全て去年からのメンバーだったから、動きや連携が良く大量得点を奪えたのはある意味“当たり前”とも言える。
今日ゴールとアシストの結果を出した恵太と松尾は自分から勝負できるタイプだから別にして、前回までスタメンだった#7佐藤や今日初出場を果たした#9保戸田を始め、攻撃を組み立てる役目の新加入選手が噛み合わないと、本当の意味でパルセイロがもう一段階強いチームにはならないと思う。

今日の大勝でチームに勢いが付いたとは思うが、更なる高みを目指すためにも、この結果に満足せずに全ての選手がもっともっと練習して連携を深め、誰が出てきても今日のような試合ができるようになってほしい。

それから、この大勝で忘れてしまいがちだけど、横河だって決してヤラれ放しではなく結構果敢に攻めてきたし、シュートも思いのほか沢山打たれていたが、それでも無失点で勝てた事を大きく評価したい。
そして、その無失点に大きく貢献した“影のMVP”が#4川邊だろう。
s-写真00114
(↑ オヤ? この写真で川邊とマッチアップしている横河の選手って、ひょっとして・・・)

もちろんもう一人のCB・#22小川や守護神#1諏訪もよかったが、今日の川邊はこれまでにも増して高い集中力を発揮し、鋭いスピードで攻めてくる相手攻撃陣にしつこく喰らい付き、また危険なエリアでのカバーリングがとても素晴らしかった。
今日の川邊の活躍無しにして薩川監督がこだわる無失点勝利はあり得なかったと思う。

次節はアウェイでの秋田戦。
今日は長崎に0-1で破れ今季初黒星を喫してしまったものの開幕から好調の秋田は、去年見た印象では“個の力”が強いチームだけに、アウェイの雰囲気という要素も含めて守備陣の働きが重要になってくると思うが、今日のような高い集中力と冷静な判断力を更に研ぎ澄まし、無失点勝利の報を長野にもたらしてほしい。


そして・・・

プレナスチャレンジリーグもいよいよ今日が開幕戦。
今年から東西のリーグが統一して全国リーグとなり、パルセイロ・レディースも新監督を迎え心機一転の船出となるが、その記念すべき初戦の結果は以下の通り。

スフィーダ世田谷FC 3(0-1・0-2)0 AC長野パルセイロ・レディース

準加盟登録も果たして今年のなでしこリーグ昇格最右翼候補となった強豪・スフィーダ世田谷相手に、残念ながら完封負けでのスタートとなってしまった。
試合内容が分からないので何ともコメントできないが、勝又新監督の下、新生レディースの戦いぶりにも今後大いに注目したい。
次節は今度の土曜日、JFAアカデミー福島を南長野に迎えてのホーム開幕戦となる。
監督が代わって戦いぶりにどんな変化があるか? そして新加入選手のプレーぶりは?
トップに比べて情報が少ない分、レディースに対する興味もひとしおで、今から試合を見るのが本当に楽しみだ。
そして選手達は、今日に引き続き強豪相手ではあるが、ホームの声援をバックに元気で思い切りのよいプレーを見せてレディースを大いにアピールしてほしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
快勝、おめでとうございます。
昨日は水戸遠征からの帰宅後、JFLのサイトで試合結果を見て一人で喜んでいました。

秋田というとストライカーの松田選手が思い浮かびますが、しっかり抑えて連勝して下さい。

レディースも頑張ってほしいですね!
2012/04/09(月) 20:23:37 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
そちらも勝利おめでとうございます!
ウチの方は、まだ課題が多いとはいえホームでスカッと快勝できてよかったです。
次節、好調の秋田は松田選手を初め手強い選手が多く大変だと思いますが、しっかり連勝して波に乗ってほしいものです。
そしてレディースは、今年もかなり厳しいシーズンになると思うけど、彼女達らしく決して諦めない心で思い切りぶつかっていってほしいです。
2012/04/09(月) 21:16:22 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2012/04/11(水) 16:14:20 |
2012/04/12(木) 13:34:01 |
2012/04/14(土) 16:11:55 |
2012/05/13(日) 23:56:13 |
2012/06/01(金) 04:23:00 |
2012/06/01(金) 22:57:04 |
2012/06/03(日) 15:45:51 |
2012/06/07(木) 16:39:11 |
2012/06/14(木) 18:21:02 |
2012/08/16(木) 23:02:08 | 60
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.