ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
JFL2012第13節 vsツエーゲン金沢
ゴールデンウィークの2連敗という悪い流れを2連続無失点勝利でチャラにして、今日はいよいよホーム3連戦の3試合目。

その対戦相手のツエーゲン金沢は、ここまで3勝3分5敗で12位と予想外の出遅れとなっているが、元々は自力のあるチームだし、特にウチとの対戦では北信越時代からしのぎを削ってきたライバルという事で力の入り方も違ってくるだろう。
現に去年のホームでは、その後の3連敗の引き金となる0-3という屈辱的な大敗を喫しており、決して順位だけでは量れない怖さがある。

ただ、ここまでいい流れで来ているだけに、そんなホーム3連戦の最後に土が付いては“画竜点睛を欠く”という事になるし、日程が発表になった天皇杯のJFLシード獲得への布石のためにも、ここはビシッと結果を出さなければならない。

悩めるライバルを撃破し更に勢いを付けたい今日の試合、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 2(1-1・1-1)2 ツエーゲン金沢
s-写真00020

やはりこのカードは両者が『長野エルザ』と『金沢SC』と呼ばれていた頃からの因縁の対決という事もあってか、お互いが激しくボールを奪い合うスリリングでスピーディーな展開。
特に金沢の気合の入り方がスゴく、前半はどちらかというとウチが押され気味な感じ。
しかし、ウチの守備陣は今日も安定しており、相手のスピード感ある攻撃にも冷静に対応して、決定的なチャンスを作らせず、スコアレスのまま時間が過ぎていく。
s-写真00013

今日も南長野はアウェイ側からホーム側へ強い風が吹いており、前半をゼロで切り抜ける事ができれば、風上側に立つ後半はウチが俄然有利になるから、とりあえずあと少し踏ん張れ!・・・と思った矢先の前半42分、相手がフリーで斬れ込んできたところを#20野澤が止めに入り、ペナルティエリア内で両者がもつれて転倒し、これをウチのファールに取られる不運なPKで先取点を取られてしまう。

正直、この時間での失点は堪えた。
あ~あ、このままビハインドで折り返しか・・・と思っていたが、選手達の意識は違っていた。
この失点で逆に火が点いたが、ここからウチが猛攻を仕掛け、2分という前半としては長めなロスタイム中に相手ゴール前の混戦から#7佐藤が押し込み試合を振り出しに戻す。
s-写真00091

この劇的な同点ゴールにスタンドも大盛り上がり。
そして選手達もノッてきたようで、イケイケな雰囲気の中で始まった後半は圧倒的にウチが押す流れとなり、後半22分、コーナーキックから#15寺田がきれいに合わせて遂に逆転に成功!!
s-写真00085

前々節のヒーロー・佐藤が同点とし、前節のヒーロー・寺田で逆転。
両者のゴールのパターンもそれぞれ前回と似ていたし、ホーム3連戦の最後を飾るには出来過ぎな展開。
後は自慢の守備陣がしっかり相手の反撃を防いで逃げ切るだけ。

しかし、何とか追い付こうとする金沢の気迫からか、次第にプレーが荒れ出して試合が落ち着かなくなり、それに影響されたか何となくウチの守備の対応も雑になってきた。
しかも、今日のレフリーはよっぽど几帳面なのか、まるでプレーが止まっている時間を1分1秒漏らさず盛り込んだかのような異常に長いロスタイムとなり、なかなか終わらない試合の中で金沢の猛攻に晒されて完全にディフェンスが翻弄されてしまい、遂にゴール前でフリーとなった#24大槻にミドルシュートを決められ、土壇場で勝ち星を取り逃がしてしまった。

これでホーム3連戦の最後を勝利で締める事ができず、ライバルの金沢には北信越時代から3戦連続ホーム未勝利・・・
んー、しかしウチは本当にこういった肝心なところでツメが甘いですな~~
英語で言うと、いわゆるひとつの『スウィート・ネイル』ですか。(←懐かしのミスター口調で)

・・・なんてしょーもない冗談でも言わなければやってられないくらい、今日の引き分けは負けに等しいダメージだった。
こういう試合を勝ち切る事ができなければ、とてもじゃないが優勝なんて狙えないだろう。

ただ、試合の内容自体は決して悪くはなかったと思う。
PKを与えてしまったノザのプレーは“不可抗力”で仕方なかったと思うし、そんな不運だった1失点目で落胆する事なく、ガンガン攻めて前半のうちに同点に持ち込んだのは立派だった。
また、逆転の後も追加点を取ろうと積極的に攻撃を仕掛け、ロスタイムの猛攻を受けるまで決して守りに入らなかった姿勢は評価したい。(まぁ、このあたりも“勝利に持っていくための戦略としてどうなのか?”というところで賛否が分かれると思うが・・・)

いずれにしても、『詰めの甘さ』という代々続く悪い癖が治っていないんだから、まだまだウチは修行が足りないという事なんでしょう。
選手もサポも、“リーグ優勝”や“天皇杯のJFLシード”なんて先の事に気を取られないで、地道に目の前の試合1戦1戦を大事に戦っていきましょうや。
s-写真00125

次節は久々のアウェイとなる、浜松市都田でのHonda FC戦。
ここまでずっとホームで戦ってきたから、この遠征は選手達にとっていい気分転換になるんじゃないだろうか。
今日の課題は課題としてしっかりと修正しつつ、向こうで名産のウナギでも食べて気持ちをリセットして、また1から勝ち星を積み上げていきましょう。

そして、自分も“アマチュアサッカーの聖地”であるHonda都田サッカー場へ1年ぶりに再訪予定。
あの独特な雰囲気を持つ素敵なスタジアムと、Honda FCの骨太なサッカーと、そんな相手とのガチンコ勝負に挑むパルセイロの勇姿を満喫し、うなぎパイと勝ち点3をお土産に持ち帰りたいと思います。

待ってろよ、パッサーロ君!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
星野、初勝利!
テレビで試合を見ていましたが、パーフェクトリリーフ。安心して見ていられました。
サイドハンドに変更して、コントロールが良くなり、スピードガンは、140キロ超えてました。
これからは、厳しい場面の登板が増えると思いますが、勝星を、積み重ねていってほしいです。
今日は、スポーツニュース全部見ます。
2012/05/27(日) 17:13:22 | URL | みんなで、南長野へ #-[ 編集]
みんなで、南長野へ様
星野投手のプロ初勝利、本当に嬉しいニュースですね!
特に、人気も財力もあり12球団の中で最も競争が激しいと思われるジャイアンツで、育成選手から這い上がってきたのだから凄い事です。
なかなか波に乗れないセローズの選手達も、このニュースで発奮してほしいものです。
こりゃ明日の信毎が楽しみだ!
2012/05/27(日) 20:20:46 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ゴールデンウィークの2連敗という悪い流れを2連続無失点勝利でチャラにして、今日はいよいよホーム3連戦の3試合目。その対戦相手のツエーゲン金沢は、ここまで3勝3分5敗で12位と予想外...
2012/05/27(日) 01:35:10 | まとめwoネタ速neo
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.