ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
JFL2012第15節 vsV・ファーレン長崎
今日の長野市は昨夜からの雨が降ったり止んだりで、梅雨の走りを思わせるどんより肌寒い天候は、まるで今のパルセイロのチーム状態を象徴しているようだが、しかし、天候の良し悪しはお天道様に任せるよりないが、チーム状況は自分達の力で雲を晴らす事ができるし、ここは踏ん張りどころだ。

前節の大惨敗の後を受けて臨む今日の試合の相手は、ここ3試合無失点勝利をおさめ、現在リーグ最少失点で首位に立つV・ファーレン長崎。
チームの状態が芳しくない今のウチにとってはかなり大きなハードルに感じてしまうが、しかし、「負けてもともと」と思い切ってチャレンジしていくにはこれ以上ない相手だ・・・という考え方もできる。
思えば、去年の苦しかった3連敗のトンネルを脱出した試合も、下位チームとの対戦ではなく強豪の町田ゼルビア戦だった。

今後のウチの浮沈の鍵を握る重要な試合、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 1(1-0・0-0)0 V・ファーレン長崎
s-写真00048

もともと個の力が高く攻撃的な長崎は、かつてガンバ大阪で“浪速のゴン”と異名をとり五輪代表候補にもなった#9中山悟志を中心にパワーとスピードある攻撃で攻め立て、序盤のウチは防戦一方の展開。
しかし、キャンプ中の大怪我から復帰した守備の要・#3大島や、開始早々相手との接触で頭に怪我を負いながらも出血止めの包帯を巻いて頑張る#4川邊を中心に、全員が体を張って必死に相手に喰らい付いていく。
s-写真00052

そうこうしている間にウチも徐々に攻撃の形ができてきて敵陣に攻め入るようになり、前半28分、相手ゴール前での混戦から最後は#20野澤が押し込み、大事な先取点をパルセイロがゲット!
s-写真00045

ここまで13試合で僅か6失点という固い長崎のゴールをこじ開けての先取点は実に大きい!
これでスタンドも俄然盛り上がってきたし、選手達の動きにもリズムが出てきたし、その後の一進一退の攻防の中でも追加点への機運がグッと高まってきたが、後半18分、相手が自陣ゴールエリアへ斬れ込んできたところを#3大島が倒してしまい、判定は無情にもPK。

これで3試合連続のPK献上という事になり、「あ~あ、これでまた振り出しか・・・」とため息が漏れたが、そのPKをナンと相手が外してしまう。
自分の席からは選手の陰でキックする場面が見えなかったので詳細は分からなかったが、雨で濡れた芝に軸足が滑ったか、フェイントをかけてやろうと変な“色気”を出してミスキックでもやらかしたか、#1諏訪が飛んだ方向とは反対側にフワッと浮き上がる力の無いボールがゴールの枠外に転がり、幸運にも九死に一生を得た。

この後も両者共に何度かチャンスを作り、こちらもウチの惜しいシュートに歓声を上げたり相手のヒヤッとするシュートに悲鳴を上げたりとドキドキ・ハラハラの攻防が続いたが、今日のウチは全員が最後まで集中力と運動量を持続して攻守に奮闘し、4分という長いロスタイムも乗り切って、タフな試合を見事勝利で飾る事ができた。
s-写真00021

今日は、CBの大島をあまり実戦練習もできないまま“ぶっつけ本番”で起用したり、#13藤田を1トップにして#10宇野沢を2列目に下げたりと、強豪相手に大きな賭けともいえる布陣で臨んだパルセイロ。
これについて、特に攻撃面でこのフォーメーションの変更がうまくハマったのかどうかは自分の素人目では分からないが、少なくともこれで選手達が危機感や緊張感を持ち、ここ2試合動きがバラバラで精彩を欠いていたチームに一体感が生まれ“全員攻撃・全員守備”のハードワークを取り戻せた事は確かだと思う。
s-写真00031

もっとも、今日は相手のシュートミスに助けられた場面も少なからずあったし、逆にウチも絶好のチャンスに決め切れないところも多かったし、“快勝”というより“辛勝”という表現の方が適当かとは思うが、こういった厳しい試合を全員の力で乗り越えられる試合運びができれば、チームの歯車も噛み合い去年終盤に見せたような快進撃の再来も期待できるだろう。

次節はホームに現在暫定14位のHOYO大分を迎えての試合。
相手は今季昇格しJFLの壁に苦しんでいるようだが、それでもハイレベルな九州リーグや過酷な地域決勝を勝ち上がってきたチームだし、初顔合わせという事であまり情報も無く不気味な存在ではある。
しかも、ウチにとって鬼門ともいえる地元地上波テレビの中継もあるし、地方都市の3部リーグには場違いじゃないかというような超有名アイドルも来るらしく、普段の南長野とは違って少々浮ついた雰囲気になるんじゃないかという懸念もある。(彼女達が来てくれる事自体は大歓迎デス♪)

いずれにしても、どこが相手だろうが決して油断する事なく、スーパーアイドルに気を取られる事なく、今日のようなチーム全体でのハードワークを肝に銘じて、テレビ中継試合連敗記録に終止符を打つ快勝といきましょう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日の長野市は昨夜からの雨が降ったり止んだりで、梅雨の走りを思わせるどんより肌寒い天候は、まるで今のパルセイロのチーム状態を象徴しているようだが、しかし、天候の良し悪し...
2012/06/10(日) 14:49:05 | まとめwoネタ速neo
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.