ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
countdown
JFL2012第18節 vs佐川印刷SC
“梅雨の晴れ間”といえば聞こえはいいが、晴れたうえにこの時期特有の高湿度で非常にムシ暑かった今日の南長野。
そんなダルい天候の中で行われる後半戦最初の試合は、ウチがこれまで1点も取る事ができないでいる“大苦手”の佐川印刷SCが相手とあって、またドン引きの守備に攻めあぐねる姿を想像すると、気持ちも余計ダルくなる。

今日は0-0のスコアレスドローの場合、勝ち点は1つ積み上がるけど完全に相手のゲームプラン通りとなり、実質的にはウチの“負け”である。
どんなに不恰好でもいいから、何が何でも点を取って勝たねばならない。

先々週、3100人の大観衆プラス東京からの“客人”の前で大恥をさらしてから、先週は苦しみながらも何とか2連勝して帰ってきた南長野で、今後のリーグ戦浮沈の鍵を握る重要な試合、その結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 2(0-0・2-1)1 佐川印刷SC

携帯のJFL公式サイトでこの試合の速報を見ると、【前半開始】の後に何のトピックも立たずに【前半終了】と出てくるが、前半はまさにこの速報の通り、ほとんど起伏のない試合運び。
印刷は前線から最終ラインまでを非常にコンパクトに保ち、ウチがボールを持つと全員が自陣にこもって守りを固めほとんどスコアリングチャンスを作れず、逆に相手の正確なフィードとスピード感あるカウンターに苦しめられる。

ウチも何とか相手の固い守備を崩そうと、これまでの3試合よりは「前へ攻めよう」という努力は見られたものの、結果的にはこれまでと同じく相手の術中にハマってしまったような展開に、前半終了時には「またしても相手の思うツボか・・・」と地団駄を踏みたくなるような気分だった。
s-写真00053

そして、それまでほとんど無風だったのがウチが風上側となる北風が吹いてきて気温も湿度も幾分和らいだ後半、ウチは9分に#8田中恵太・18分に#17松尾と、これまでより早い時間帯に掻き回せる選手を投入すると、徐々にウチの攻撃にリズムが出てくる。
s-写真00091

そんな中、“珍事件”は起こった。
後半31分、#10宇野沢の放った鋭いミドルシュートが横っ飛びの相手GKの手をかすめてゴール右隅の外へ。
「あ~、惜しい・・・」と思ったが、選手達は大喜びでウノに抱きつき、主審も何となくセンターサークルを指差してゴールの判定。
シュートスピードが早くて自分の目では見えなかったが、どうやらボールはゴールの枠を捉え、そのままネットの継ぎ目から外へ出たらしい。(あるいはウノのシュートの威力にネットが破けたか?)

「ん~、ちょっと喜ぶタイミングを逃しちゃったけど、まぁ記念すべき印刷からの初ゴールだし・・・」と、とりあえずこちらも立ち上がってガッツポーズを作ったが、その直後、副審から“物言い”がつき、それでアッサリと判定が覆りノーゴールとなってしまう。

これにはウチの選手やベンチが血相を変えて猛抗議。
普通、あれだけ詰め寄って抗議すると主審がイエローを出して事態を収拾させるものだが、選手達のあまりに真剣な表情に気圧されて(あと、主審も判定に自信がなかったんでしょうな・・・)問題のゴールネットを“現場検証”し、その結果再び判定が覆りゴールと認定!
s-写真00103

ふぅ~、手こずらせやがって・・・
でも、ドン引きの相手に先制したらコッチのもの。
向こうは追い付こうとラインを上げてこざるを得なくなるから、そうすればウチにも追加点のチャンスが増えるぞ・・・と期待していたが、そこはさすが百戦錬磨の佐川印刷、そう易々と崩れてはくれない。
後半42分、追加点を取ろうと手薄になったサイドを突かれ、クロスをドンピシャ頭で合わされ痛恨の失点。

またしても終了間際の失点で勝ち星を逃してしまうのか・・・と重苦しい空気がスタンドに漂ったが、しかしそれも一瞬で、「まだ時間はあるゾ!!」と檄が飛び、選手を鼓舞する大きな手拍子が湧き上がった。
自分も必死で声を飛ばしていたが、周囲の観客の勝利を欲するアツさにちょっとビックリしてしまった。

そして、そんな最高の雰囲気が選手達を後押しし、ロスタイム突入直前、#19向からのクロスを#8田中恵太が合わせ、GKが弾いたこぼれ球を#17松尾が押し込み、あれだけ固かった印刷の守備陣から2点目を奪って土壇場で再び勝ち越し!!
s-写真00109

このゴールの直後、1点目のゴタゴタの影響もあり5分という長いロスタイムが表示されたが、最後の反撃も何とか凌ぎ切り、大の苦手だった佐川印刷から嬉しい嬉しい初勝利をゲットした。

この試合のMVPはもちろん決勝弾を叩き込んだ松尾昇悟選手だが、土壇場で同点にされる苦しい展開の中、これまでのように下を向かずに最後まで必死にゴールに向かっていった選手全員の強い気持ちと、選手をそういう気持ちにさせたスタンドの後押しで掴んだ勝利で、まさに今年のスローガン『Run All』を具現化したものだろう。

冷静に試合を分析すればまだまだ課題も多く、決して満足できるような内容ではないのかもしれないが、大苦手のチーム相手に苦しみながらも全員で勝利を掴み取った事は非常に大きい。
ここまでチームの雰囲気も少々停滞気味だったけど、この勝利で再びグッと流れがウチに来そうな予感もする。
シーズン終了後に、今年のウチのターニングポイントとして採り上げられそうな、そんな素晴らしい試合だった。

試合後、選手達はよっぽど嬉しかったのか、ゴール裏で“シャナナ”のチャントに合わせ、サポと同じく肩組み合ってラインダンスを披露。
s-写真00121

これから、この光景が勝ち試合の後の“お約束”になるのかな?
だとすれば、これからこのシーンがいっぱい見られたらいいな~~♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
後半戦 白星スタート!
珍事件、私はアウェー側からの観戦で、相手GKが、弾いたのかと思いました。
サッカー観戦で、『2度とないだろう』という位のシーン。
同点の後、勝越点が入って良かった。
ゴール裏の声も、今日は気合が入ってたのでは!?
次節からも、全開で、白星街道で行きましょう。

まるいたろう さんのサイトに、
スタジアム改修案が。
良い『スタジアム改修計画』だと思います。
2012/07/01(日) 01:36:37 | URL | みんなで南長野へ #-[ 編集]
ドン引きな戦法だけど個々が見事に自分の役目を確信して戦う印刷のサッカーは敵ながら感心し同時に何か崩す方法は無いものかと観ていたところ、ありました。
印刷はうるさいほど皆声を出し連携をとっている!同点後のATで今までになく南長野全体がコールと手拍子に共鳴し印刷は声が消され右往左往していたようでした。
松尾の決勝点と12番が決めた勝利ではなかったでしょうか。
2012/07/01(日) 09:31:34 | URL | tiarakoba #-[ 編集]
現地でみていましたけど、一瞬GKの手をかすめて、わずかに外れたのかと思いましたが、
HINCHADAさんの映像をよくみたら、やっぱりネットを突き抜けた瞬間がわかりますね。

以前NW北九州対TDK秋田の試合での小野信義選手のPKでこういう場面がありました。
「審判入ったと?」で有名です。
2012/07/01(日) 13:26:28 | URL | 某コテ #mQop/nM.[ 編集]
みんなで南長野へ様
あの場面は本当に珍しいシーンでしたが、とにかく最終的には正当な判定が下ってよかったですね。
まるいさんのサイトの改修案、なかなかリアリティがあっていいですね。
ただ、スタジアムはスタンドの増設だけでなく、トイレや売店などの付帯設備の充実も不可欠なので、あの限られたスペースにこれらの設備(特にトイレ!)をどれだけ入れられるかが課題だと思います。

tiarakoba様
自分も、ただ守備を固めるだけではなく攻撃でもスピードや正確性が高い次元で保たれている印刷のサッカーには非常に好感を持っています。
そんな印刷に苦しみながらも勝つ事ができたのは、おっしゃる通り“12番”の力が大きかったのでしょうね。
ウチも色々と遠回りさせられているけど、そのおかげでサポの応援に対する意識もかなり鍛えられているようです。
3000人という数的目標にはあと一歩だけど、観客の質については、チームのサッカーの質と同じく全国に誇れるだけのものになりつつあると感じています。

某コテ様
確かに、あの映像を見ると一目瞭然ですね。
きっとあの審判は、ウチの選手達の殺気立った猛抗議やスタンドの異様な雰囲気に生きた心地がしなかったでしょうね。(笑)
それにつけても、かえすがえすも判定が正当なものになって本当によかったです。
2012/07/01(日) 14:42:29 | URL | ぼー #-[ 編集]
勝利おめでとうございます。
JFLのサイトで結果を見て喜んでいたのですが、1点目のゴールにはそんなドラマがあったとは。

ホームで応援する人たちが一体になっての選手の後押し、すばらしいですね。
2012/07/01(日) 18:02:31 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
いや~、長く試合を見ていると色々な事が起こるモンですね。
それにしても、南長野のスタンドは試合を重ねる度にいい雰囲気になっていますよ。
また機会があれば、この雰囲気を感じに是非南長野においでくださいませ!
2012/07/02(月) 08:05:47 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
“梅雨の晴れ間”といえば聞こえはいいが、晴れたうえにこの時期特有の高湿度で非常にムシ暑かった今日の南長野。そんなダルい天候の中で行われる後半戦最初の試合は、ウチがこれま...
2012/07/02(月) 11:07:36 | まとめwoネタ速neo
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.