ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
JFL2012第24節 vs Honda FC
先月の栃木ウーヴァ戦以来3週間ぶりのホームゲームとなった今日の試合の対戦相手は、6月のアウェイ戦で0-4という屈辱的惨敗を喫したHonda FC。

実は自分は、JFLの中では“マイクラブ”以外ではHondaが一番好きで、Jリーグ・バブルに浮かれる事なくアマチュアリズムを貫き、輝かしい伝統に裏打ちされた確固たるポリシーのもとで骨太な攻撃サッカーを展開するHondaをリスペクトしており、アウェイでのクラブ史上に残る惨敗劇も、「あのHonda相手ならむしろ光栄」とサバサバした気持ちで都田を後にしたものだった。

しかし、だからといってホームでもヤラれる訳にはいかない。
ウチだって、どんなJリーグクラブにも負けない素晴らしいポリシーを持ち、サッカー不毛の長野市で安易な補強に頼らず“叩き上げ”でここまで成長してきた全国に誇れるクラブだし、同じ攻撃的サッカーを標榜するチームとして、何としてでも都田のリベンジを果たさなければならない。

リーグ後半の一つの“山”ともいえる重要な試合の結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 5(2-0・3-0)0 Honda FC
s-写真00033

試合の立ち上がりはHondaペースで、持ち前のスピードとパワー溢れる攻撃に押される場面が多かったが、徐々にウチにボールが収まり出してペースを掴むと、通り雨が降ってきた前半15分、積極的に前へとチャレンジする姿勢を見せていた#19向がサイドをえぐり見事にゴールを決め先制!
s-写真00045

その後もウチがテンポよくボールを回して優位に試合を進めていき、前半37分に#10宇野沢のゴールで2点目!!
s-写真00071

これで完全に波に乗ったパルセイロは後半になっても試合の主導権を握り、早くも後半7分、#19向のパスに鋭く反応した#24藤井が3点目を決め、ゴール裏で雄叫びを上げスタンドのムードも最高潮!!!
s-写真00038

今日はここのところ失点続きだった守備面でも非常に高い集中力で対処できており、このゴールで試合の勝敗は決した感があったが、都田で実際に0-4の惨敗劇を体験した者としては、「あと1点取って得失点差で追い付き、あの時の悪夢を晴らしてほしい」という思いが強く、「あと1点、あと1点・・・」と心の中で念じていた。

そして、その「あと1点」にかける思いは選手も同じだったようで、この後もウチは全く攻撃の手を緩めず、後半25分に途中出場の#22小川が得意の頭で合わせてゴールし、遂に欲しかった4点目をゲット!!!!
s-写真00075

よっしゃ~、これで都田の借りは返した! 後は失点しないようにしっかり守って・・・と自分は大喜びし溜飲を下げたが、しかし、選手達の考えはそんな自分の更に上を行っていた。
こちらのラッシュに足が止まってきたHondaを横目に、守りに入るどころか尚も前へ向かう姿勢を見せ続け、後半43分、#19向が高い位置でボールを奪うとそのままGkもかわし、無人のゴールに流し込んでこのカード“勝ち越し”となる5点目を取っちゃった!!!!!
s-写真00074

そしてこの歓喜の直後にやって来た3分間のロスタイムも、Hondaの最後の抵抗を落ち着いて切り抜けタイムアップ。

そんな訳で、“都田の屈辱”のリベンジ、今日ここに完遂☆☆☆☆☆

これはリーグ戦だから何点取ろうが1勝は1勝だが、もしこれがカップ戦だったら、1stレグの4点差を2ndレグで大逆転した事になり、そう考えるとこんなにスゴい事はない。
とにかく選手達は、あの惨敗がよっぽど悔しかったんだろう。今日は前節の金沢戦のような中途半端なプレーは全くといっていいほど見られず貪欲にゴールへ向かう姿勢を見せていた。

そして5得点のお祭り騒ぎに忘れがちだが、最近失点が続いていた守備面でも、今日は全員が非常に集中して“攻撃的”なディフェンスでHondaの猛攻をしっかり食い止めてくれた。
どんなに大量得点を取っても1つでも失点してしまえば“画竜点睛を欠く”といったところだっただけに、Honda相手に無失点での勝利は、ある意味5得点以上に価値のあるものだ。

とにかく、今日は久し振りに気分がスカッとした試合を見せてもらった。
これでパルセイロは天皇杯も挟みつつ長期ロードとなり、今度のホームゲームは10月14日までおあずけとなってしまうが、そんな“お留守番”中の2ヶ月間も今日の5ゴールをオカズに美味いメシが食えるんじゃないかと思う。

さぁ、この勢いを次につなげよう!
次節は宮城県七ヶ浜サッカースタジアムでのソニー仙台戦だ。
今季のソニーは長崎と並んで現在リーグ最少失点の堅守を誇っており、3月に行われたホームゲームでもそんな堅守を攻めあぐね1-1のドローに終わっている。
ウチはHondaのように攻撃的で向かってくるチームには相性がいいのだが、しっかり引いて守ってくるチームにはなかなか結果を残せず、そういった意味では次節はウチが優勝争いに残っていく上での大きなポイントとなる試合だと思う。

そんなウチの“真価”と“進化”が問われるこの試合を、今日のように貪欲にゴールを狙う攻撃的サッカーで何としてでもモノにしよう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いさいさか遅くなりましたが、ホームでの快勝、おめでとうございます。
ホームで良い試合をすると、お客さんも増えそうですね。
残りの試合も一つ一つ勝って、絶対優勝!
2012/08/14(火) 07:21:34 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
コメントありがとうございます。
特に今回は、アウェイでボコボコにされた強敵に大勝したのでなおさら嬉しいです。
観客も、目標の3000人には達しなかったけど、去年の平均よりは確実に増えているし、スタジアムの雰囲気も試合を重ねるたびによくなってきています。
あとはこのまま突っ走って、優勝あるのみ!ですね。
2012/08/14(火) 17:26:11 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.