ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
JFL2012第28節 vsソニー仙台FC
先週のブログ記事では特に宣言していなかったが、今日はワタクシ、はるばる宮城県は七ヶ浜サッカースタジアムまで来ちゃいました!

今月はアルウィンで県選手権決勝の試合もあるけど、これから突入する天皇杯などによる中断を前に、リーグ戦を戦うパルセイロを是非とも生で見たかったのだ。

さて今日は、他カードは10月に行なわれる28節を、会場確保の都合から1試合だけ前倒しで行う事になった訳だが、という事はウチだけ他チームより1試合分、優勝を争う最大のライバルである長崎とは2試合分、早く日程を消化する事になるため、ここは是が非でも勝って勝ち点3を上積みし、ライバル達にプレッシャーをかけておきたいところ。

しかし、そんな大事な試合の相手は、ここまでリーグ最少失点を誇るソニー仙台FC。
ウチはこのような堅守のチームは苦手にしているので、今日は非常に厳しい戦いになる事が予想されるが、そんな難敵を撃破する事ができたか、その結果は以下の通り。

ソニー仙台FC 1(1-1・0-1)2 AC長野パルセイロ

今日の試合会場である七ヶ浜サッカースタジアムは、海に近く潮風による塩害があるためか芝が生え揃っておらず、芝が枯れてベージュになっている箇所が多く、また砂を入れて応急処置している箇所もあり、パスを繋いでいくウチにとっては不利なピッチコンディション。
オマケに、曇り空で気温はそんなに高くなかったが、湿度が高く猛烈に蒸し暑い気候。

そんな悪条件が重なったためか、ウチは立ち上がりからなんとなく動きが重く、ボールの収まりが悪いように感じられた。

そして前半26分、そんな動きの悪さからディフェンスに隙ができたところを相手に斬り込まれ、痛恨の先取点を許してしまう。

会場で配られたソニ仙のマッチデープログラムのプレビュー記事には、堅守速攻の自チームを評して『0-0の状態をできるだけ維持しながら、終盤に得点を狙う勝ちパターンの「1-0」での勝利を狙いたいところ。』と書いてあったが、終盤どころか早くも前半に1-0になってしまい、自分も内心「これはちょっとヤバイかも・・・」とイヤ~な予感が頭をよぎった。

しかし、ウチもそんな悪条件に慣れてきたか徐々にチャンスが増えてくると、前半終了間際の42分、相手ゴール前の混戦から最後は#14高野が押し込んで同点に!

この得点はチームに元気を取り戻し、現地に駆け付けたサポ達にも勇気を与えたが、そこはさすが試合巧者のソニ仙、後半になってウチにもリズムが出てきたものの、なかなかビッグチャンスを作らせてくれない。

そんな状況を打破しようと、ウチは後半20分に#24藤井に変えて#13藤田を投入するも、その後も状況はほとんど変わらず時間だけが刻々と進み、ようやく後半36分に#7佐藤に変えて#17松尾を投入。

個人的には、松尾はもっと早い時間に入れてリズムを変えてほしいと思っていたので、「昇悟出すの遅いよ!」と内心グチってみたが、その直後の後半37分、敵陣のゴール前で大きく跳ねたボールを松尾が相手ディフェンダーを背にしてヘッドで後ろに擦らせると、そのボールがそのままゴールに転がり込んでナンと勝ち越し!!

プレー時間は短くとも、ファーストタッチを勝ち越しゴールという結果に結び付けてしまうあたり、やっぱり昇悟は何か“持ってる”んでしょうな。

いや、“持ってる”なんて偶然性をはらんだ神がかりなものではなく、どんな状況でも常に前向きにガムシャラにプレーする昇悟の姿勢がなせるワザであり、言わばこのゴールは“必然”的産物だよね、昇悟!

そんな訳で、非常にいい時間帯に勝ち越したウチはいつもの落ち着きを取り戻し、ロスタイムのソニ仙の最後の猛攻も凌ぎ切り、アウェイの難しい試合を見事逆転で制した。

それにしても、今日は内容的には本当に厳しいものがあったし、勝ち越し点も決してウチらしい相手を崩してのビューティフルゴールではなかった。

でも、そんな厳しい試合こそ、キレイなゴールよりも今日のような泥臭いゴールの方がよく似合うと思うし、そうやって苦手なタイプのチームにも最後まで諦めず執念で勝ち点3を掴み取る事ができたのは、今後に向けて非常に大きい。

この価値ある勝利を勢いに変えて、まずは来週の県選手権決勝を確実にモノにして天皇杯本戦でJFL発の“オレンジ旋風”を吹かせ、10月から再開するリーグ戦では優勝街道を真っ直ぐ走り抜けましょう!!

なお、今日は仙台のホテルからケータイ(まだスマフォではない)でアップのため写真はナシ。
ただ、当然今日もカメラを持っていっているので、試合の写真は帰宅後に最近ご無沙汰の“蔵出し”ででもご披露したいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.