ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
countdown
JFL2013第1節 vsSC相模原 【 追記あり 】
皆様、新シーズン明けましておめでとうございます!
待ちに待ったJFL2013シーズンの開幕。
美濃部新体制の下、記念すべきパルセイロ新時代のスタートです!!

・・・と、ウキウキした気持ちで自宅を出たまでは良かったが、南長野に到着した10時前後から強風が吹き荒れ、雨も降り出し、お昼頃には気温がグッと下がってアラレまで降ってくる有様で、昨日のポカポカ陽気を思うと何とも恨めしい。
これはウチの今シーズンの厳しい戦いを暗示しているのか、それともお天道様が開幕に浮かれすぎてチョイとハメを外し過ぎてしまったか・・・

JFL初試合にワクワクしながら長野入りした相模原サポも、この天候にはド肝を抜かれた事だろう。
相模原サポの諸君、コレが一つ上のカテゴリー・JFLにおける“アウェイの洗礼”であるゾ!
・・・って、アウェイサポだけじゃなくホームのウチらも洗礼受けてるし。。。

なんてアホな話はどーでもいーとして、こんな最悪な天候にも関わらず、2300人超の観客(この状況でこの数字なら上出来の入りでしょう)が詰め掛けた南長野で、新生パルセイロは幸先のよいスタートを切る事ができるか? その注目の結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 1(0-0・1-0)0 SC相模原
s-写真00015

まず驚いたのがスターティングメンバー。
去年は“攻撃の切り札”としてリザーブにいた#8田中恵太と#17松尾が揃ってスタメンに名を連ねており、美濃部体制のウチはこれまで以上の超・攻撃的布陣でいくんだ!という姿勢を強く打ち出している。

そして試合は、相変わらず猛烈な北風の吹く中、前半風下側のウチはJFL初試合に意気上がる相模原の積極的な縦の動きに押され気味で、自陣で守備に追われる時間が長くなる。

この相模原というチーム、選手個々の体格もよく、けっこうフィジカルにガツガツとぶつかってくるし、ボールへの寄せも素早いし、どんどんと縦に攻めてくるし、自分の印象としてはHFLで戦っていた頃の松本山雅に少し似ているかな・・・という感じ(チームカラーも緑だし)で、荒削りなところもあるが前評判に違わぬ厄介なチームだ。
s-写真00108

そんなこんなで相手の攻撃と強い風に苦しめられてはいたが、ウチも前半の折り返しを過ぎたあたりから徐々にペースを掴み出して終盤には何度かチャンスを作るも、お互い決定打が出ず無得点のまま前半終了。

そして迎えた後半、風上側に立ったウチは、苦しめられてきた強風を逆に味方につけて反転攻勢、敵陣での攻撃時間が長くなり、徐々に“ゴールの匂い”が強くなってくるが、まだまだ連携不足なのか攻め込むものの決定的なシュートがなかなか打てず、また相手も体を張った守備とGKのファインセーブに阻まれてあと一歩のところでゴールを奪えない。
s-写真00144

そうこうしているうちにロスタイムを迎えたところで、美濃部監督は2人目の選手交代として、FWの#17松尾に変えてMFの#7佐藤を投入。
松尾はここまで持ち味の積極果敢さで攻守にわたり最も目立つ活躍をしていただけに、「どうしても点が欲しいこの時間に点取り屋の昇悟を変えるか?」と首をひねったが、その直後に待望のゴールを決めたのは他ならぬ佐藤悠希!
s-写真00162

この美濃部采配ズバリ的中の劇的ゴールに、それまで強い風雨と寒さの中で祈るように戦況を見守っていた観客が一斉に立ち上がって喜びを爆発させ、興奮冷めやらぬ中でリスタートした直後に試合終了を告げる笛が吹かれ、今年最初の試合を苦しみながらも見事に勝利で飾った。

今日は、試合中に監督が何度も大声で選手に指示を飛ばしたり、首を振りながら「違うだろ・・・」と大きなゼスチャーを見せたりしていたので、チームの完成度としては不満が残るところもあっただろう。
実際、特に前半はなかなかパスが繋がらなかったり、選手同士で動きが重なってしまったところもあったりで、まだまだ発展途上という印象があった。

でも、そんな中で時間を追うごとに連携もよくなってきたし、#8恵太から#20野澤に変えた最初の選手交代とロスタイムの#7悠希の投入の意図を選手達が汲んで実際に結果に結びつけたのは非常に大きい。

いずれにしても、今年のJFLも始まったばかり。
これから先、個性豊かな強豪チームや曲者チームが次々と襲い掛かってくるが、百戦錬磨の熱血漢・美濃部監督の下、試合ごとに少しずつチーム力を高めていきながら、この厳しくも素晴らしいリーグの頂点に立てるよう頑張っていきましょう!!
s-写真00176

【 WBCテレビ観戦後追記 】
WBCの試合中継が思いのほか早く終わったので(祝、侍JAPAN準決勝進出!)、追記としてJFL開幕節の他会場の結果を受けての感想を。
今日の結果を見てみると、町田が昇格組の福島に0-1で破れ、金沢が佐川印刷に0-3・秋田もMIO滋賀に0-3と、新たにJ準加盟に承認された2チームが共に破れ、更に薩川監督の琉球もソニー仙台に1-1のドローと、来年J3(仮称)に行くと思われるライバルチームが軒並み勝ち点を落としている。
これは優勝を狙うウチとしては願ったりの展開だが、それと同時に“明日は我が身”の思いもあり背筋がゾッとする。
やっぱり今年もJFLは混戦模様のようで、ウチも気持ちを引き締めてかからないと痛い目にあうだろう。

次節の相手である去年最下位の栃木も、今日は負けはしたものの準加盟組の讃岐相手に大善戦したようだし、過去4戦全勝の相手とはいえ、来週のアウェイ戦は全力で勝ちにいきましょう!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
寒かったですね。相模原はメンバーをみると佐野選手や曽我部選手、御給選手などかなり
いい選手が揃っていますね。こういう接戦になるのはある程度予想はできました。
やっぱり屋根のあるスタジアムが必要だということを感じました。車の後ろドア開けてチケット販売ってなかなかないよ(笑)
2013/03/10(日) 18:26:04 | URL | 某コテ #mQop/nM.[ 編集]
いいゴールでしたなぁ(^^
2013/03/10(日) 18:56:42 | URL | まるいたろう #-[ 編集]
開幕戦勝利おめでとうございます。
幸先良いスタート、よかったですね。
もとジェフ・リザの佐藤悠希君が決めてくれて嬉しいです。
次節も頑張って下さいね!
2013/03/10(日) 20:33:38 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
おひさです
今日は心臓発作で死ぬかと思いました。
ところで今日のスタメン、数えたら千葉県出身者が5人、そのうち松戸市出身者が3人もいました。
年を追う毎に増えているような気がします。
スタメンだけでもこれだけいて、他にも流経とか弟の婿入り先の潮来とか、縁のある地名のオンパレードな状況ですよ。
今年は余計に楽しみです。
2013/03/10(日) 23:36:51 | URL | 二度寝 #-[ 編集]
某コテ様
いや~、本当に寒かったですね。
チケット売り場は自分が年チケ買ってすぐにヤラれてしまったけど、ワゴンの荷室に移したのはナイスな判断でした。
できれば自分もあの“荷室売店”でチケット買ってみたかったな~・・・って言ったらスタッフに怒られるか。。。
それにしても、相模原は予想通り侮れないチームでした。
去年も開幕戦で快勝した藤枝が秋のアウェイ戦では大きく力を付けて敗れてしまったけど、後期はラス前の11月に対戦する相模原も、その頃には今より更に強くなっていると思うので要注意ですね。

まるいたろう様
本当にシビれましたね~
あれは悠希を始め、選手全員の勝利への執念と、そんな中でも冷静に周りを見渡す判断力のなせる業でしょう。
とにかく、あの状況の中で結果を出した選手達を誉めてやりたいですね。
2013/03/11(月) 07:53:53 | URL | ぼー #-[ 編集]
パオロロッシ様
悠希も新戦術への対応に苦労したり新戦力の台頭などでスタメンは外れてしまったけど、ここぞの時には頼りになる貴重な戦力です。
やはり途中出場から好機を演出した野澤と共に、ジェフリザの流れを汲む2人には今後も頑張ってほしいですね。

二度寝様
お久し振りでございます。
マニアックな情報ありがとうございます。(笑)
それにしてもよく調べましたね~。これも“地元愛”のなせる業でしょうか?
前のコメントにあるように悠希とノザもジェフリザ出身だし、これだけ千葉勢が揃うと、おっしゃる通り応援する気持ちにも余計に力が入りますよね。
そんな千葉勢の活躍で、今年こそ優勝してほしいものです。
2013/03/11(月) 08:03:09 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.