ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
アイススレッジホッケー世界選手権2日目
昨日はポーランドに大勝して幸先のよいスタートを切った日本代表の次なる相手は、パラリンピック出場経験もあるイギリス。
この国が世界ランキングで何位なのかは情報が無いので分からないが、参考までに日本とイギリスが共に出場した7年前のトリノ・パラでは、組み分けが違ったので直接対決は無かったものの、最終順位は日本が5位でイギリスが7位という結果で、日本が格上である事は確かだろう。

しかし、いざ試合となれば世界ランクはあまり役に立たず、何事もやってみなければ分からない。
日本としては、ここでしっかり2連勝してスンナリと準決勝に駒を進めたいところだが、その結果は以下の通り。

日本 3(0-0・2-0・1-1)1 イギリス
s-写真00072

今日は会社を出るのが少し遅かったので、会場に着いたのは1Pの残り1分半くらいのところだったが、スコアボードを見るとまだ両チーム無得点。
そして戦況はというと、どちらかというとイギリスが押しているようで日本はアイシングの連続でなんとかしのいでいるようだったし、1Pを終わってのシュート数も日本5本にイギリス4本とほぼ互角という、昨日とは打って変わって緊迫した展開のようだ。

「さすがに今日は厳しい試合になりそうだな・・・」と気持ちを引き締めて席に着いたが、選手達はインターミッションの間にリフレッシュしたか、2Pは出だしから動きもよく敵陣に攻め込むと、2分44秒にパワープレーのチャンスからキャプテン#24須藤がゴールして日本が待望の先取点をゲット!
s-写真00138

これで日本の動きが俄然良くなり、6分21秒には長野パラからずっと第一線で活躍している大ベテラン#25三澤が追加点を上げて試合の流れをグッと掴むと、8分過ぎに同時に2名がペナルティを取られ3人対5人のショートハンドという大ピンチも危なげなく切り抜け、2-0のまま勝負の3Pへ。

そして迎えた最終3P、さすがにイギリスも「負けてはならじ」と反撃に出てくるが、日本も相手に負けないスピードとスタミナで踏ん張り、集中したディフェンスで簡単には相手に流れを渡さない。
s-写真00104

しかし3P6分40秒、日本が1人少ないペナルティキディングに、パックを持った相手選手がゴールめがけて突っ込んできてGKと交錯したはずみで入ったゴールが認められて、遂に今大会初失点を喫する。

このゴールは、遠目には相手がクリーズ(ゴール前に青く塗られた半円のエリア)に突っ込みスレッジでゴールに押し込んだように見えて、インクリーズ(攻撃側の選手がクリーズ内に入ってプレーした反則)でノーゴールじゃないかと思えたし、日本ベンチからも同じように見えたようで中北監督も両手を大きく広げて抗議したが、残念ながら判定は覆らず1点差に詰め寄られる。

これで少し流れが相手に傾いたかに見えたが、その2分後に上手いパスワークから#29丸尾が再び2点差に突き放す貴重なゴールを上げて流れを引き戻し、残りの時間も最後まで集中力を切らさず豊富な運動量でゲームを支配した日本が快勝して、予選リーグ全勝で見事に準決勝進出を果たした。

その準決勝の日程は、15日(金)の14時から日本(A1位)vsエストニアorスロバキア(B2位)、17時半からドイツ(B1位)vsイギリスorポーランド(A2位)という組み合わせになる。(両プールの2位は明日の試合により確定)

プールBは試合を見ていないので3つの国のレベルはよく分からないが、日本の相手は多分エストニアになるんじゃないかと予想している。
エストニアは去年の世界選手権Aプールで最下位となり、ブービーだった日本と共にBに陥落したものの、パラリンピックを始めとして国際大会の経験も豊富な実力あるチームだ。
しかし、日本は今日のように3P45分間集中して戦い抜く事ができれば、間違いなく決勝に駒を進める事ができるだろうと確信している。

この準決勝で勝てば、2位以上が確定してソチ・パラ最終予選の出場権を得る事ができるので、明日・明後日の休養日にしっかり疲れを取り、それと同時に再度チームとしての戦い方をじっくりと確認して、金曜日は是が非でも勝利を掴み取ってほしい。
s-写真00193

【 追記 】
このように、『氷上の格闘技』と呼ばれるだけあり試合中は激しい肉弾戦が見られるスレッジホッケーではあるが、試合後にはこんな心温まる光景も見られる。
s-写真00189

これは、両チームの選手達が一列縦隊で試合後の握手を交わした後、その隊列のまま本部席前のレフリーに挨拶に向かった時のもので、選手がソリに乗って座位でプレーするスレッジホッケーならではのものだが、レフリーも選手達に敬意を表してきちんとひざまずき選手と同じ目線で応えているこのシーンが自分は大好きだ。
もしこれから観戦に行かれる方がいたら、試合後もすぐには帰らないで、選手やレフリーがお互いの健闘を讃えあうこれらのシーンにも立ち会って、心からの大きな拍手を贈ってやってください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
観戦お疲れ様でした。
観戦記もありがとうございます。ぼーさんの観戦記を読むと、いつも「ああ、試合会場にいきたいなあ・・・」という気持ちになります。
日本代表、頑張ってほしいですね!

そして、ザンボニのフクロウの絵、可愛いですね。(フクロ、大好きです。)
2013/03/14(木) 01:32:55 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
どうもお褒めいただきありがとうございます。(照)
なんだったら、土曜日にコッチ来ちゃいます?・・・なんちゃって。
ザンボに描いてあるフクロウ4兄弟は、長野五輪のマスコットだった『スノーレッツ』です。
もうあれから15年も経ってしまうけど、未だにあの愛らしいキャラが生きているのは嬉しい限りですね。
2013/03/14(木) 07:56:27 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.