ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
countdown
JFL2013第5節 vsツエーゲン金沢
去年も春先は週末狙い撃ちで天気が悪かったが、今年もナゼか同じ傾向のようで、開幕戦の暴風雨に引き続き、今日も天気予報では台風並みの“爆弾低気圧”襲来を伝え、予報通り2時過ぎからポツポツ降り出してキックオフの笛を合図に本降りになり、つくづくお天道様を恨めしく思ってしまうが、一番心配していた風の方は穏やかだったのが不幸中の幸いか・・・

そんな憂鬱な天候の中で迎える今日の相手・ツエーゲン金沢は、去年は14位という予想外の下位に沈み、今年もここまで1勝1分2敗の14位と低迷しているが、ウチとの対戦は過去2年で1勝2分1敗と全くのイーブンであり、北信越時代からしのぎを削ってきたライバルとして、向こうもより強い気持ちで来るだろうから、現在の順位とは関係無く苦戦が予想される。

そんな難敵・金沢を相手に、破竹の開幕5連勝&『地上波テレビ中継のある試合に勝てない』というアホらしくもチームやサポの心に重くのしかかるジンクスの打破なるか? その注目の結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ 2(1-0・1-1)1 ツエーゲン金沢
s-写真00017

秋口~春先の南長野名物の北風と違い、今日はホーム側から緩い南風が吹く中、その風向きに合わせるように前半はウチがアウェイ側にエンドを取ったこの試合は、立ち上がりから両者中盤でのボールの奪い合いでシュート数も少なく比較的静かな展開ではあったが、ウチはパスミスなどでなかなか敵陣深くまで攻め込めないのに対し、金沢は縦パスが#7清原や#8菅原といった点取り屋に渡ってヒヤッとする場面もあるなど、どちらかといえば金沢に押され気味な展開。
s-写真00039

そんな中、前半39分に#11畑田からの絶妙なスルーパスが#10宇野沢に通ってディフェンスラインの裏に抜け、キーパーと1対1を落ち着いてかわしてゴールに流し込み、テレビ中継の呪縛を振りほどくような見事な先制点をゲット!
s-写真00055

このゴールでウチの動きもようやく良くなってきて相手ゴールに迫るプレーも少しは出るようになったが、それでも連携の悪さは相変わらずで、なかなかフィニッシュまで持っていく事ができない。

この流れは後半になってもずっと続いていたが、後半27分、中央の#10宇野沢からパスを受けた左サイドの#14高野からのクロスを逆サイドに詰めていた#17松尾がドンピシャ頭で合わせて待望の追加点!!
s-写真00028

このゴールで勝利に向けて大きく前進したパルセイロだったが、ここから何とか追い付こうと攻勢をかける金沢に守備陣がちょっとバタバタし出し、2点目のゴールから僅か5分後、相手のフリーキックが#17松尾の頭の上をかすめてそのままゴールに吸い込まれ、嫌な時間帯に1点差に追い上げられてしまう。

それでも、ここからどうにか立ち直った守備陣の頑張りや相手の焦りから来るミスにも助けられ、4分間という長いロスタイムも凌いで何とか逃げ切り、見事開幕5連勝達成と北信越時代から続いていたリーグ戦テレビ中継無勝のジンクス打破で気分もサイコー!
s-写真00045

・・・といきたいところだが、まるで怨念のような長年のジンクスをようやく振りほどいた記念すべき勝利だったにもかかわらず、自分の中では勝った喜びよりも「何とか勝てた・・・」という疲労感にも似た安堵感の方が強い。

今日の試合も、2つのゴールシーン以外は攻撃面で特に見るべきものが無く、どちらかといえば相手のチーム状況の悪さに助けられての勝利と言った方がいいだろう。
現にスタッツを見ても、シュート数では金沢6本に対してウチは僅か3本と異常に少なく、「シュート3本で2得点だから効率がいい」という見方もあるが、それにしても“攻撃的サッカー”を標榜するチームとしては何ともお寒い数字だ。

また、これまで前節の大分戦以外の自分が観戦してきた4試合に共通しているのは、ゴールした時のプレーはどれも素晴らしい連携から生まれたウチらしいシーンだったが、それ以外は攻撃面で連携がうまくいかず、試合終了後も何となく心の中にモヤモヤが残って素直に勝利を喜べないゲームばかりだ。

ただ、まだまだシーズンは始まったばかりだし、美濃部監督が要求するハイレベルなサッカーがそんなに簡単にチームに浸透するハズはないのだから、このような内容も自分的には想定の範囲内ではある。
確かに去年までの事を思うとイライラするシーンも結構見受けられるが、そんな中でもしっかり結果は出しているし、それに内容が伴うようになるまで、我々サポもしっかり腰を据えながら長い目で見守っていく必要があると思う。

次節からは、現在2位と絶好調のブラウブリッツ秋田~ここまで4試合で僅か1失点のソニー仙台~2連敗のあと3連勝と調子を上げてきた藤枝MYFCと、いずれも難敵相手の厳しいアウェイ3連戦が待ち構えているが、当然3連勝を狙いつつもただ目先の結果だけを追い求めるのではなく、積極的にトライ&エラーを繰り返しながらチームとして成長の手応えを掴み取れるような有意義な遠征になる事を期待している。

【 追記 】
今日は試合前に、前座として北信U-15サッカーリーグのパルセイロジュニアユースvs裾花中学校の試合が行われた。
結果は1-5でJr.Yが敗れてしまいパルサポ的には少し残念だったが、同じパルセイロ・ファミリーとしてJr.Yの公式戦が見られたのは嬉しかったし、対戦相手の裾花中にとっても、普段より大勢の観客の前でプレーできたのは有意義な事だっただろう。
個人的には、トップチーム以外のパルセイロの活動を大勢の方々に知ってもらうためにも、今後もこのようなJr.Y絡みの前座試合をもっと増やしてほしいし、8月以降佐久で試合をするようになったら、東信地方のジュニアチームの前座試合をやれば、もっともっと東信の人達がパルセイロに関心を持ってくれるようになると思う。
s-写真00007
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
雨の中での応援、お疲れ様でした。風邪など引かれませんように。
5連勝、首位堅守おめでとうございます。

昨日は「どうなったんだろう?」と思いながら、1時間に1回しか更新されないJFLのPCサイトを見ていました。
ケチせずに携帯サイトを契約しようかな?(笑)

2013/04/07(日) 06:21:45 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
パオロロッシ様
5連勝というと聞こえはいいですが、本文にもあるように内容的にはイマイチで、あまり手放しで喜べず、逆に「こんなんで勝っちゃっていいんだろうか?」という戸惑いの方が大きいのが正直なところです。
ただ、こうして勝たせてもらっている事は素直に喜び、試合を重ねていく毎に成長して内容が伴ってくるのを期待して見守っていきたいと思ってます。
2013/04/07(日) 20:12:11 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.