ぼちぼちいこか
AC長野パルセイロ・信濃グランセローズを中心に、スポーツいろいろ見聞録
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
countdown
PCL2013第12節 vsHOYOスカラブFC(+トップ試合雑感)
前々節のホームゲームでは格上の福岡相手に素晴らしい内容で快勝したものの、前節のアウェイ・セレッソ大阪堺レディース戦では#18田中菜実が一発レッドの退場で、数的不利が災いして1-1のドローに終わってしまったレディース。

福岡戦の勝利後に抱いた「あわよくば3連勝も・・・」の夢が潰えてしまったのも残念だったが、それ以上にウチのディフェンスの大黒柱である田中選手が今節出場停止となってしまった事が一番痛く、今日はそんな田中選手不在の守備陣がどこまで頑張れるかを自分の中の最大のテーマとして会場に向かった。

すっかり夏の空となった南長野に、今年昇格してきた大分のHOYOスカラブFCを迎えて行われた試合。
相手は未だ勝ち点ゼロの最下位チームだけに、ホームでの取りこぼしは絶対に許されないが、その試合結果は以下の通り。

AC長野パルセイロ・レディース 3(1-1・2-0)1 HOYOスカラブFC
s-P6230033.jpg

今日のレディースは、前のホームゲームの福岡戦を見た後だから余計そう感じたのかもしれないが、どうも立ち上がりから全体的に動きが重く、パスもうまく繋がらないしボールを持ってからの判断が遅く相手にすぐに詰められてしまう。(動きの重さと球離れの悪さは、試合前のピッチ内練習の時から感じていた。)

またディフェンスラインも、懸念していた通り田中選手という“芯”が無いせいか何となく落ち着きがなくフワフワと“軽い”感じで、たまに襲ってくるHOYOの縦のロングパスを簡単に裏に通させてしまうなど、どうにも危なっかしい印象を受けた。

そして、早くも前半5分にそんな嫌な印象が失点という現実となってしまう。
コーナーキックからのこぼれ球を中央フリーで拾ったHOYOの選手が打ったミドルシュートがゴールポストに当って、ボールはそのままコロコロとゴールの中に吸い込まれる痛恨の失点。

その見事なミドルシュートを打ったのは、去年ウチに在籍していた#2・・・じゃない、#8英美佐!

試合前のスタメン発表の際は、英選手の名前が呼ばれるとスタンドから大きな拍手が沸き起こり、移籍先で頑張る彼女にエールを贈っていたが、まさかトップだけでなくレディースの元在籍選手からも“ご恩返し”の一発を喰らうとは・・・

その後も、ボールの支配率としてはウチの方が高いものの、ディフェンスラインをかなり高く上げてコンパクトに守るHOYOの守備陣に手こずってオフサイドを連発してなかなか攻撃のリズムが作れなかったが、前半20分にゴール前の混戦から最後は#14濱垣香菜がヘッドで押し込んで同点に追いつくと、ようやく少しだけウチの選手も落ち着いてプレーできるようになり、後半に期待を持たせる。

そして後半は、それまでも決して悪くなかった#10浦崎優香を開始早々の9分に交代させて「何でだろう?」と首をひねったが、その2分後、代わりに入った#22青島雅が本田采配ズバリ的中の勝ち越しゴールを上げる。
右サイドから#6吉田葵が放ったフリーキックを中央で#24内山朋香が頭で擦らせて後ろへ送り、そのボールを詰めてきた#22青島がタイミングどんぴしゃのボレーでゴールネットへ突き刺す、見事な連携から生まれたナイスゴール!

これで気持ちが楽になったか、その後はウチがボールを回して攻め込む時間が圧倒的に多くなり、相変わらずボールを持ってからのプレーが遅くてスコアリングチャンスはなかなか作れなかったものの相手にもほとんどチャンスを与えず、後半31分には#11橋浦さつきの突破から打ったシュートを相手GKが弾いたリバウンドを中央に詰めていた#14濱垣香菜が落ち着いてゴールして安全圏の3点目を取り、逆転~追加点~逃げ切りの理想的な流れでこの試合を制した。

今日は色々な意味でチームの要である田中選手が出られない中、代役を務めたベテラン#25篠原志穂子も後半32分に交代するまでサイドバックをソツなくこなして2年のブランクを感じさせない働きをしてくれたし、ゴールシーンはいずれも見事なものだったし、何より取りこぼしが許されない試合でしっかり結果を残す事ができてホッとしているが、その反面、田中選手を欠いたディフェンスラインは不安定で相手の攻撃バリエーションの少なさに助けられた感じだったし、攻撃面でも連携が合わなかったり球離れの悪さなどのもたつきが目立ったりで、HOYOさんには大変失礼ながら、対戦相手が他のチームだったら多分結果は真逆になっていただろう。

そういった意味も含めて、今日の試合を採点するとしたら100点満点中65点といったところかな?
まぁ、ちょっと辛口かもしれないけど、福岡戦のほぼ完璧な試合運びを見ているだけに採点も辛くなるし、勝った試合でこれだけ辛い採点を付けられるくらいまで、チームとして成長したという見方もできるだろう。

レディースの次節はバニーズ京都とのアウェイ戦。
5月のホームゲームでは0-2と手痛い負けを喫しているが、あの頃から比べればチームの完成度も高くなっているし、十分に勝機はあると思うので、チャレンジリーグ1年目に昇格プレーオフを戦った思い出の地・園部で躍動し、引き分けを挟んでの3連勝を是非とも達成してほしい。

それから、先取点をあげたHOYOの英選手、去年ウチではプレー時間も短く不完全燃焼の1年だったと思うが、その時に腐らず一生懸命練習に取り組んでいた成果か、今日の試合では最後までフル出場して90分間ピッチを所狭しと走り回って攻撃の基点となり、ウチ的には非常にやっかいな存在だったし、裏を返せば新天地で主力として元気に活躍する姿が見られて本当に嬉しかった。
HOYOは未だ勝ち点が取れず最下位に苦しんでいるが、JFLを戦っている“兄貴分”のHOYO大分も気持ちを前面に出して戦う好チームだし、それにあやかってスカラブも最後まで諦めず戦い抜いてほしいし、英選手はそんなチームを持ち前のガッツでグイグイ引っ張っていく存在になってほしいと願っている。


そして・・・

JFL2013第17節@町田市立陸上競技場
FC町田ゼルビア 0(0-0・0-4)4 AC長野パルセイロ

わーい、祭りだ祭りだ! 野津田の地で信州長野の大花火大会だ!!!

・・・と、思わずはしゃいでしまいたくなるほど予想外の大差での“爆勝”の知らせにびっくりしてしまった。
携帯速報で試合を追っていたが、前半は両者にイエローカードが2枚ずつ出る展開に「やっぱり今日は息詰まるような厳しい試合になるな・・・」と固唾を呑んでいたが、後半9分と11分の#10宇野沢の連続ゴールに小躍りし、更に後半30分という相手の戦意を折るには最高の時間帯に#4川邊の古巣への“恩返し”ゴール、更に更にロスタイムには復活なった“獅子王”#13藤田のサポ全員が待ち望んでいた“マコ・ゴール”でトドメを刺すという、これ以上望めないような最高の勝ち方でリーグを折り返す事ができて本当に嬉しい。

今日は首位の讃岐も勝ち、勝ち点は37で同点ながら得失点差2つの差で首位ターンは叶わなかったものの、3位の町田とは勝ち点6差・得失点差でも8点差と少なくない差を付ける事ができた。
とはいえ、「これで今年のリーグはウチと讃岐のマッチレースになった」と判断するのは早計で、元々地力のある町田は1年での再昇格を目指して必ず巻き返してくるハズだし、後期は今までの成績はリセットしてゼロからスタートするくらいの心持ちで、更なるチームの熟成と悲願のJFL初優勝目指して頑張ってほしい。

あ~、何はともあれ明日の信毎朝刊が楽しみだ♪♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ダブル勝利おめでたい。
今日は南長野に行きたかったなぁ。

そして後半の赤字行でウケました!!
そして、マコもゴールおめでとう!
2013/06/23(日) 22:11:03 | URL | まるいたろう #-[ 編集]
今日はレディースの選手は動きが重かったですね。
スーパームーンと関係あるかも…
トップチームと試合日程が重ならなければいいのにな。
今の会場の牧歌的な雰囲気も好きですけどね。
2013/06/23(日) 22:24:19 | URL | 某コテ #-[ 編集]
レディースの応援お疲れ様でした。勝利おめでとうございます。

トップは本当に楽しい試合でした。
4ゴールも、もとジェフリザの野澤と佐藤が頑張っていたのも嬉しかったです。

これからも「兄妹」ともに勝ち続けてほしいですね。
2013/06/23(日) 22:33:58 | URL | パオロロッシ #-[ 編集]
まるいたろう様
『ダブル勝利』・・・なんて素晴らしい響きでしょう!!(笑)
レディースはウチの勝利だけでなく、OG英選手の活躍も見られてよかったです。
そしてトップは、“パルセイロモバイル”のマコのコメント見て泣けました!

某コテ様
あ~、女性の場合はそういった事も関係あるんですかね?
まぁ、いずれにしても3つともいいゴールで勝ててよかったです。
トップとレディースの日程重複は本当に悩ましい問題ですが、これもウチの他には千葉や新潟など一部のサポしか持てない贅沢な悩みと受け止めましょうか。

パオロロッシ様
自分の代わりにトップの応援ありがとうございました。
最高に楽しい試合が見られてよかったですね。
自分は今回ほど「体が2つあったら」と思った事はありません。
ノザも悠希も今や長野には欠かせない戦力で、今回も2人とも得点に絡む活躍をしたようで何よりです。
そして、今年はトップもレディースも大きな成長を目の当たりに実感する事ができており、サポとしてとても充実しています。
後半戦も“兄妹”共にワクワクする試合を見せてほしいですね。
2013/06/24(月) 07:58:42 | URL | ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.